FC2ブログ

少年は騙されて檻の中

2013.08.10.Sat.02:27
「ところで、十万手に入れたらどうすんの?」
「そっすねー…とりあえずスマホ新しくしたいっすねー」

尋ねられ、笑って答える少年。服は着ておらず全裸で、男達に縄で手足を縛られている。
だが、慌てる様子などは全く無く、むしろ余裕たっぷりの表情をしている少年は、手首と足首を縛り終えた男達が離れるのを見て首をかしげた。

「あれ? これだけっすか? これから脱出したら十万?」

『ゲームに挑戦する男子募集! 成功すれば報酬十万円』
少年は、街で手に入れたチラシを見て、今ここにいる。そして言われたゲーム内容は、一時間以内に拘束された状態から脱出する。という物だった。

「まだだよ。もう少し追加するつもり」

男の一人が笑って言う。男達のその朗らかな雰囲気に、少年は騙されていた。
それに気付いていない少年は、何の警戒も無く返事をする為に口を開いた。

「そっすよねー。これで終わりな訳…んぐっ!?」

少年の言葉を遮ったのは、突然口に詰め込まれた布。驚いた少年は布を取り出そうと口に手を伸ばしたが、その手は男達に抑え付けられてしまった。

「んぅ! んーっ!」
「大人しくしろ!」

豹変した男達に対して少年は必死に抵抗するが、手と足を縛られている上に相手は複数。少年は抵抗むなしく、口の布を吐き出せないようにとガムテープで栓をされてしまった。

「次はこれだ」
「ふぐっ…んぅーっ!」

じたばたと暴れる少年の身体を簡単に制して、男達は拘束を追加した。それは、手錠と足枷。そして、少年の手を握り込んだまま開けなくする、特殊な手袋。手袋には南京錠が付けられており、自力では脱げない仕組みになっていた。

「ふぅ、ふぅ…」

裸のまま言葉も自由も奪われ、床に転がる少年。呼吸を制限された状態で暴れてぐったりとしていたが、男達は休ませはせずにその身体を持ち上げて運ぶ。
何も出来ない以上、されるがままに運ばれるしかない少年。隣の部屋に運ばれる最中に、少年はやっと騙された事に気が付いた。

後悔する少年。その目に、恐ろしい物が入り、耳に恐ろしい言葉が入った。

「ほら、脱出すんのは、あの檻の中からだよ」
「うぅんっ!」

隣の部屋に用意されていたのは、金属で出来た檻。縦に長くて、天井と床の部分には枷が付いていた。

「うーっ! んぅぅぅっ!」

くぐもった叫びを上げて嫌がる少年。そんな反応に構わず男達は少年を檻に入れ、手を天井の枷、足を床の枷に繋げてしまった。

「うぅ、ぐ…」

立ったまま拘束され、苦しげに呻く。高さは何とか届くギリギリにされていて、少年はつま先立ちをしたまま腰を曲げる事も許されない。
手首と足首をそれぞれ縄と二つの鍵付きの枷で封じられ、もはや少年は好き放題をされるしかない。

少年は観念をして脱力をするが、男達は白々しく残酷な事を言い放った。

「これだけじゃ楽に脱出出来るから、ちょっと邪魔をさせてもらうな」
「んっ!?」

まだ、何かをされる?

あまりの恐怖に、少年の身体はカタカタと震えた。それを満足そうに見つめて、男達は新たな器具を取り出す。
実物は初めて見たが、少年はその器具の使い方を知っている。故に、更なる恐怖に襲われた。

その器具の名は、ローター。細かく振動して敏感な場所に性刺激を与える、大人の玩具だ。

「まず、ここな」
「んぅ! うふぅ…」

柔らかいペニスを掴まれ、少年はビクッと跳ねた。そのまま手で扱かれ、少年は流れ込む快感にピクピクと反応する。
拒みたいのに身体は気持ち良さを覚えて、ペニスを勝手に膨らませていく。完全にペニスが勃起したところで、男は亀頭の部分にまだ動いていないローターをくっつけた。

「うぅっ!」

ローターが、ペニスごとコンドームに包まれる。ペニスの先端に淫具を固定するようにゴムを被せて、男が手を離す。
薄紫のゴムの下で桃色の亀頭とローターがクチュクチュと絡み合う。ろくに身動きも取れない状態ではむしり取る事は叶わずに、少年はいつスイッチが入れられるのかと怯えていた。

しかし、それより先に別の刺激が訪れる。
少年が性器に気を取られ、全然見ていなかった背後にいた男が、少年のアナルに異物を差し込んだのだ。

「んぅっ!?」
「そんな不安そうな顔すんなよ。淫乱になって余計な事考えなくて済む薬入れてんだから」
「ふぐぅぅ…!」

後ろの男が指に力を入れた事によって、少年のアナルに薬剤が注がれる。ゆっくり、じっくりと、心を淫らな欲望に叩き落とす催淫剤が、アナルを満たしていく。
それと同時に顔に布が増やされ、鼻と口を覆われた。息苦しさが加速して、アナルには薬を仕込まれ、少年は涙を零した。許しを請う為に自然と落ちた涙は、逆に男達の加虐心を駆り立てる。アナルに薬を入れ終えた男が立ち上がり、ポケットから鍵束を取り出す。他の男も出して、合計三種の鍵束が現れた。

「これは、それぞれ手の鍵と足の鍵と檻の鍵だから。サービスとして、君の近くに置いてあげるよ」

言って、男は鍵束を少年の乳首に近付けた。近付いて少年は束に見慣れない器具が付いている事を知り、それが自分の乳首を狙っているのも知った。その直後。

「っ…! うむぁぁぁっ!」

胸の突起を思いきり挟み込まれ、少年が悶絶する。器具は少年の左乳首を強く挟んで、鍵がぶら下がる状態を作った。

「うぅ、んうぅぅぅっ!」

少年の悲鳴は途切れない。右の乳首にも、同じ事をされたから。
だが、鍵束はあと一つ残っている。その動向を霞んだ目で追っていると、それには短い紐が付いていて。

その紐はきゅっ、と少年のペニスに結び付けられた。

「うぅ、うぅぅ…!」

男の感じる場所は、もうほとんど蹂躙された。プライドも、ボロボロだ。
それでも終わった訳でなく、むしろこれからが始まりだ。

「じゃあ、ローターのスイッチ入れるよ」

非情な声、ワイヤレスローターのスイッチが、カチッと入る音。
途端発生する、理性を削り取る快感。腰をくねらせるくらいしか出来ない少年だが、憐れに悶えて腰を振っている。
それを見て、男は檻から出て鍵をかけ、少年を檻に閉じ込めた。

「それじゃ、今から一時間、そこから脱出出来たら十万だから。頑張ってね」
「うぉ…うぅぅっ!」

もう、お金なんていいから。
お願い、このまま放置して行かないでぇ…っ!

心で叫んでも男達には届かず、部屋は少年一人となった。
当然一時間での脱出など不可能で、罰ゲームと称して弄ばれたのは…言うまでもない事かも知れない。






↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村
blogramで人気ブログを分析


























関連記事
スポンサーサイト
[PR]

コメント

管理者のみに表示