fc2ブログ

追い詰められながら青年は淫らに悦び喘ぐ

2022.06.20.Mon.21:00
太く頑丈な梁と左右の手首を縄で遊び無く結合された青年は、まるで万歳をしているかのように両腕を頭上に伸ばした状態を強要されている。左右の足首と四角い柱を手首と同様に縄で繋がれた青年の足は、恥部を見せ付けるように開かされた形から抜け出せないよう動きを制限されてしまっている。
両手両足を縄に縛められた身体は、畳に敷かれた布団に尻肉のみを預けた体勢から離れられない。言葉を封じる為にと施された白布による猿轡を毟り取ることも、帯を解かれ前をはだけさせられた浴衣を直すことも許されない。
手足を使えず、しゃべることも認められず、外気に晒された乳首や男根や尻穴を隠すことも叶わない。そんな青年を作り出した意地悪な男は、青年に尻肉を預けさせた布団に帯をしっかりと締めた浴衣姿で自らも乗りその上であぐらをかくと、逃れられぬ痴態を晒すことしか出来なくなった青年の観察を開始した。それが青年にとって一番の苦痛だと把握している男は、火照る一方の肉体を持て余す青年を無言で堪能する生殺しの鑑賞に何の躊躇いも無く踏み切ってしまったのだ。

「んんっ、んむぅ……ふむぅぅんっ」

口内を埋め尽くす布を唾液に塗れさせ、その布を吐き出せないようにと蓋をしている布に歯を立て、追い打ちとばかりに装着された鼻と口をきつく圧迫する白布越しにくぐもった唸りを零しながら、青年は正面であぐらをかいている男に向かって哀願の意思表示を一生懸命に飛ばす。
両手首と足首を縛める縄を軋ませながら三重の猿轡を通して許しを請い、大きく動かせぬ身体をくねくねと悶えさせつつ、青年は涙に濡れた瞳で男に救いを望む。だが、男はいつまで経っても青年に慈悲を与えない。硬く張り詰めた男根を揺らめかせ、無防備に露出させられた尻穴をヒクヒクと開閉させている青年を目にしても、男は青年が欲する快楽の情けをもたらさない。
絶対的な主として君臨した男は、表情を彩る笑みの醜悪さを際限無く深めつつ、己の内側に渦巻く発情の火照りに悶絶する青年を目と耳と鼻で味わうだけだ。こんなにも淫猥な欲望を膨らませているのに、何も与えてもらえず焦らしに焦らされている。そんな惨めな事実にすら興奮を加速させていく青年の飼い主である男は、淫乱な青年ペットが勝手に淫欲に狂わされ理性を蝕まれ悦びを募らせていく様を、絶対の主として手を一切出さずに愉しむだけなのだ。

「んぐっ、むうぅ! ふぅ、んふぅぅんっ!」

気持ち良くしてくださいとねだりながらもっといたぶってくださいと被虐の願望を抱き、頭がおかしくなる程の快楽を希求しながら思考を破壊する生殺しを同時に希求する青年の悲痛な叫びを耳にする男は、相反する欲望のせめぎ合いに喘ぐ滑稽で可愛いペットを愛でる慈愛と加虐が入り混じった視線で青年を貫き、何もかもを掌握されている現実を改めて思い知らせることで青年を更に悦ばせていくのだった。






↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村

B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓





















関連記事
コメント

管理者のみに表示