fc2ブログ

男は崩壊に気付けぬまま反抗を示す

2022.06.09.Thu.21:00
裸体全体をほぼ隙間無く覆い尽くす黒色をしたラバースーツは、男がなりふり構わずに身を悶えさせようとも引き剥がせはしない。
手足の指の使用を禁じる機構を有し視覚と聴覚と言葉を取り上げる仕組みを持ったラバースーツは、仮に男を大の字の体勢を強要する形で仰向けに台の上へと縫い付けている金属製の拘束具達を施されていなかったとしても、専用の溶剤無しではどうやってもその効果を無効化出来ない強力な接着剤によってファスナー部分を無慈悲なまでにしっかりと補強されてしまっているが故に脱ぐことは叶わない。
ありとあらゆる方向から自由を没収され、台へと固定された哀れな男。そんな男を作り出し内部の音が一切外部に漏れ出ぬ地下室へと置き去りにした非道な男は、一切の抵抗を不可能にされた滑稽な男に対しその気高き心と強靱な精神を跡形も無く打ち砕く為の苦悶を嬉々として加えた。
それは、ラバースーツのマスク部分と一体化している輪状の金属を噛ませることで開きっぱなしにさせた口に接続した透明なチューブを用いた苦悶と、ラバースーツの内側に敷き詰めた残酷な装置を用いた苦悶。抗いの術を没収された口に絶え間無く流し込む濃度の薄い媚薬混じりの水分と空気を使った発情の苦悶と、小刻みな振動を不規則に行って何処にも逃れられぬ男の裸体を断続的にくすぐり回すこそばゆさの苦悶だ。

「はっ、はほっ、ふぅ、おほっ、ははおぉ!」

脇の下や太ももの内側、足の裏やうなじといった刺激に弱い場所を延々とくすぐり回されている男はもはや、呼吸を荒げれば媚薬を余計に体内へと取り込んでしまう事実を考慮する余裕さえ残されてはいない。唯一の呼吸孔へと変えられた口を媚薬に支配された男は、少量ずつ送られる水分を為す術無く嚥下させられながら、堪えきれぬ笑いに合わせて新たな媚薬をただただ吸入させられるしか無い。
加速する一方の発情によってラバーに閉じ込められた裸体の感度をじょじょに引き上げられ、感度を増幅させられた裸体を休み無くくすぐる装置に嬲られるだけの存在に堕とされた無様な男は、身体中を駆け巡るくすぐったさと意に染まぬ微弱な快楽に翻弄させられながら、じわじわと正気を溶かし尽くされること以外何も出来はしないのだ。

「はっ、ひほっ! ははっ、ほほぁっ!」

甘さと苦痛と笑いが混ざり合った悲鳴を放ちながら、男が台の上でラバースーツ入りの裸体を惨めによじらせる。
思考に浮かび上がる気持ち良いの感情を否定し、ラバーの中で硬く張り詰めさせられてしまった男根が発するイきたいの叫びを押さえ付けながら、男が絶頂には辿り着けぬ生殺しの地獄に苛まれつつ笑い狂う。
そうして一人きりの空間で笑いながら喘ぎ鳴く残酷な拷問が何時間続いた頃だろう。不意に、男の耳に憎むべき男の声が聞こえた。

「随分とみっともなくよがっているな? そろそろ許して欲しいか? 情報を提供する気にはなったか? ん?」
「だ、あえ……ほほっ、ひぃぃ! ひゃべあ、あい……ひひゃまに、ひゃえり、あおぉっ!!」

男は聞こえてきた声に反抗を示し、陥落を遠ざける。絶対にこんな悪趣味な男の思い通りになどならない。ましてや、仲間を売りなどしない。責めに決して屈しないという決意を新たに、男は強気な返事を間抜けに開かされた口で紡ぐ。
ラバースーツの機構によって今の自分は聴覚を取り上げられている為、自らが零す鳴き声しか聞こえない状態にある。その事実を忘れて幻聴に怒りを燃やす滑稽な男は、堕ちないと宣言すること自体が二度と戻れぬ崩壊に己が迫っていることを証明しているという現実にも当然気付けぬまま笑いと喘ぎを含んだ声で自分にしか聞こえない幻の嘲りに言葉を返し、自分を捕らえた男の意に沿った屈服へと順調に転げ堕ちていくのだった。






↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村

B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓





















関連記事
スポンサーサイト
【初回20本1980→980pt】みやび(20歳) 赤羽店 色白スレンダーの圧倒的身体美。偶然撮れてしまったハプニング映像でまさかの本番が発覚。
[PR]

コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理者のみに表示