fc2ブログ

放心した正義達は淫猥な暗闇を贈られる

2022.05.08.Sun.21:00
二の腕を胸部へと括り付け左右の手首を背中で縛る上半身の縄と、足首と太ももを短く繋ぎ足に伸ばすことを禁じる下半身の縄をなりふり構わずに軋ませながら辱めからの脱出を試みていた捜査員達の姿は、跡形も無く失われてしまった。
指の使用を不可能にさせる為にと被せられた鍵付きの黒革手袋を握り拳に固定された手で絶えず変形させ、自由を残された口で反抗の言葉を叫びつつ必死に暴れていた気高き二人の捜査員達の光景は、ほんの数時間前の様子が嘘のように消え失せてしまった。
今いるのは、容赦の無い責め苦に心を打ちのめされ抗えぬ身体を疲弊へと追い込まれた惨めな男達だけ。今悪の眼前にいるのは助けの望めぬ寂れた港の倉庫にみっともなく横たわり、縄と汗と淫らな凌辱の証拠である大量の精液に塗れた裸体を小刻みに痙攣させている誰の目にも明らかな敗北に至った無様な捜査員達だけだ。

「あ……うぁ、あぅ……」
「は、ひあぁ……うっ、あぁ」

涙に濡れた瞳で虚空を見つめながら、淫猥に嬲られた捜査員達は飲み込みきれなかった唾液と口内を蹂躙した悪の男根が吐き出した精液に汚れた口から意味など一切存在しない呻きを漏らしている。悪に属する男達の手で何も吐き出せなくなるまでいたぶられ続けた男根を隠す気力も無くした捜査員達は、強力な淫薬をまぶした非道な指で丹念に解され閉じきる暇も認められぬまま男根達に奥深くまでを掘削された尻穴からもはや誰の物かも分からなくなった精液を溢れさせている。
自分達を罠に嵌めて生け捕りにした悪達に対する怒りを紡いでいた態度を砕かれ、自分達を雌として扱い淫らに責め嬲る悪達に向かって憎しみを膨らませていた矜持を潰され、正義の自覚と男としての尊厳を感じさせぬ哀願を放つ余裕すらも削ぎ落とされた捜査員達は、見た目の無残さも相まってこれ以上無く惨めだ。
しかし、残酷な悪達は惨め極まりない痴態を晒す捜査員達に更なる無慈悲をもたらしていく。無意味な足掻きを試みることも叶わない無抵抗な裸体へと無遠慮に触れた悪達は、怯えと恐怖の反応さえも示せなくなった二人に追い打ちの拘束を付け足し、自分達の支配下に堕ちた捜査員達をより滑稽な格好へと追いやっていく。

「んも、あむぅ……」
「んっ、ふ、むぁ」

仲間の股間に顔面を押し付けさせられ、無理矢理に開かされた口で仲間の男根を飲み込まされた捜査員達は、自分の身に起こっている容赦の無い追撃を理解出来ぬまま男根を襲った刺激に力無く身を悶えさせる。その身悶えを容易く制しながら、悪達は捜査員達が仮に正気に戻っても仲間の男根が自身の口を貫いている状況から離れられないよう、二人の裸体全体に縄を這わせすでに無に等しい選択肢を限界まで奪い取っていく。
そうして出来上がったのは、恥を捨ててじたばたともがくこともままならなくなった捜査員達。口内を満たす仲間の男根の熱を舌や頬肉で感じながら、嫌でも主な呼吸孔とならざるを得なくなった鼻を淫臭に蝕まれる捜査員達。最後の仕上げだと遠回しに告げながら何枚もの麻袋で自分達をくるみ出した悪達の行動を拒むことすら出来はしない最高に愉快な捜査員達だ。

「素敵な格好になったねぇ、捜査員さん達。それじゃ拠点に行く前に、この袋でもっと素敵な格好にしてやるよ」
「何枚も何枚も使って、捜査員さん達に精液の匂いが充満した暗闇をプレゼントだ。拠点に運ぶ最中もしっかりいたぶって、早く壊れられるよう手伝ってやるからな」
「んぐ、もっ、むおぉ……」
「あぶ、んっ……むぶあぁ」

慣れた手付きで次々と被せられ口を丁寧に閉じられていく麻袋の圧迫に声を漏らしながら、二人の捜査員は自分達が地獄の日々が待ち受けている悪の拠点へと運ばれようとしている事実を把握する能力も無くした脳を呼吸に合わせて鼻腔を殴り付ける淫蕩な香りにじわじわと破壊され、悪の視界が届かなくなった麻袋の中で早くも悪が望む崩壊に相応しい仕草を、仲間の男根に無意識で舌を絡めさせる行動を取り始めていた。






↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村

B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓





















関連記事
スポンサーサイト
覆面講師のメンズエステテクニック集vol.52 個人撮影 ゆき「ヌードまでの個撮、経験豊富なOLさんと初ハメ撮り。ヤってみたらエロエロ娘でした」
コメント

管理者のみに表示