fc2ブログ

無慈悲な右手は淫具を容赦無く暴れさせる

2022.04.02.Sat.21:00
二の腕を胸部へと括り付け左右の手首を胴体の後ろで交差させた状態に固定する縄を上半身に与えられ、足首と太ももを短く結合する縄を加えられ足に伸ばすことを禁じられた捜査員さんの裸体が、視界を閉ざす黒革の目隠しと言葉を奪う穴の空いた黒いギャグボールを装着された頭部をめちゃくちゃに振り乱しつつ痙攣の勢いを激しくさせていく。
自力では解きたくても解けない縄で自由を奪われ、その縄と地下室の天井に打ち付けられたフックを結ぶ縄を後から付け足された無様な捜査員さんが、勝手に抜け落ちないよう腰回りに這わされた縄で位置を維持させられた極太のバイブに奥深くまでを貫かれた尻穴と尻穴の刺激のみでパンパンに張り詰めさせられた男根を無防備にさらけ出す開脚姿で宙吊りにされた裸体を無駄にもがかせながら、俺が地下室に帰ってきたことに気付くことすら出来ぬまま新たな絶頂へと為す術無く上り詰めさせられていく。
決して逃れられぬ縛めから逃れようと、諦め悪い試行錯誤を繰り返す捜査員さん。俺の調教によって異物の侵入を難無くこなせるようみっともなく緩まされ、直接触られてもいない男根を絶頂に導く情けない性器へと貶められた尻穴を絶えず襲う雌の快楽に抗おうと必死に、無意味に耐える捜査員さん。そんな捜査員さんの悶絶の様を存在を悟られないよう気を付けつつ、俺はあらゆる角度から眺めに眺めた。情けない腰振りに合わせて限界まで体積を増した乳首と男根が跳ね回り、尻穴を満たすバイブが踊り狂う光景に思わず噴き出しそうになるのを堪えながら、俺は自覚出来るくらいに醜悪な笑みを浮かべつつ捜査員さんの往生際の悪い我慢の様子を堪能し続けた。
そんな時間がおよそ一分程経過した頃、捜査員さんはとうとう忍耐の糸を努力も虚しく断ち切られ、一際滑稽な身悶えとくぐもった絶叫を俺に提供しながら何度目かも分からない絶頂へと達し、愉快極まりない透明な蜜の噴水を披露してくれた。

「もごっ、あぐ、むぎゅぅぅぅぅっ! あぉ、えっ、ほごぉぉぉぉーんっ!」

精液を一滴残らず搾り取られた捜査員さんの男根が、悲痛に脈打ちながら白が一切混じっていない透明な淫液の噴水を、普通の男では到底披露出来ない俺の開発の賜物である最高に惨めな噴水を披露する。
無理矢理に味わわされる快感に追い詰められ、今日も異常な形での絶頂を迎えさせられてしまった捜査員さんが絶望と屈辱と甘い至福が混ざり合った悲鳴を地下室中に反響させながら、宙吊りの裸体を生物とは思えない勢いで悶え狂わせる。
その何度見ても実に面白い不完全なイき姿を存分に満喫した俺は、絶頂の波が引くにつれて己への情けなさに打ちひしがれまだ駆動を続けているバイブによってもたらされる次の絶頂への恐怖を分かりやすく募らせていく捜査員さんを直接嬲りたいという欲望に任せ、無言を解いて俺の存在を知らせつつ追い打ちの悦楽を容赦無く叩き込み初めてやった。

「捜査員さん、良いイきっぷりだったぜ。ってな訳で、もっともっとイきまくってみような?」
「もごっ!? んぎゅぁぁぁっ!?」

背後から聞こえてきた俺の声に、捜査員さんが戦慄色の声を放つ。しかしその声はあっという間に困惑と至福が含まれた淫猥な咆哮へと移り変わり、捜査員さんは尻穴をほじくるバイブを握った俺の右手に合わせて過敏に音色を変化させる淫ら極まりない楽器へと早変わりした。

「ほぐっ、もおぉ! うぉっ、んまっ、みゅぅぅぅぅっ!!」
「おーおー、ずっとイってるな。その調子でどんどんイけよ? 少しでも耐えようとしたら、今日はこのまま朝までイきっぱなしにさせちまうからな?」
「うぐっ、ふぎゅうぅ!! あぉ、ぶむぉぉぉぉぉーっ!!」

すでに捜査員さんが絶頂を遠ざけられる状況に無い事実を把握した上で忍耐を禁止する言葉を吐きながら、俺は正義の面影を欠片も残さず失った自分専用の肉奴隷の蕩けきった尻穴を荒々しく首を振るバイブで嬉々として掻き回しつつ地下室の床に腰を下ろし、無色の淫蜜と腸液が織りなす眼前の滝と軽く見上げた位置でぎちぎちと縄を鳴らして許しを請うようにくねくねと悶えている裸体を、恥辱を煽る言葉の刃を浴びせつつ視覚と聴覚と嗅覚で余すところ無く味わい尽くしていくのだった。






↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村

B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓





















関連記事
スポンサーサイト
Mカップなみが責めるセックス~パイズリ大噴射と、揉み舐め授乳パイズリ
[PR]

コメント

管理者のみに表示