fc2ブログ

少年は自らの痴態をイきながら見せ付けさせられる

2022.03.25.Fri.21:00
「おっ、お願い、しますぅ……もぉ許して……とめて下さい、抜いて下さいぃっ……!」

赤く火照りきった顔を悲痛に歪ませ、荒い呼吸混じりに蕩けた声を振り絞りながら、少年が涙に潤んだ瞳で白いブリーフに覆われた自身の股間を見つめつつ男に向かって哀願を繰り返す。自らが分泌した汗と淫猥な体液で濡れそぼっているブリーフの下で執り行われている恥辱に喘ぎながら、少年は男への怒りはおろか虚勢すらも示せなくなった心で甘い苦悶からの解放を必死になってねだり続けている。
だが、誇りを捨てて自分に助けを求める少年を作り出した男は、余裕たっぷりの態度で滑稽な悶絶を堪能するばかりだ。ぐしょぐしょに濡れたブリーフと手足を縛める黒色のガムテープのみを身に纏わされた肉体をビクビクと跳ねさせながらよがり狂う少年がなりふり構わない助けての意思表示をどんなに紡ごうとも、無慈悲な男は自らの足首を掴ませた状態でテープを執拗に巻き付け自由を奪った手足を掴む手に込める力を緩み無く保ちつつ、ただただどうすることも出来ずにイきまくらされる少年を目と耳で味わい尽くすだけだ。
一まとめにされた右の手足と左の手足をめちゃくちゃに暴れさせても、少年は拘束と辱めから逃れられない。ズボン越しに後頭部へと密着している男の逸物に対する不快感を募らせながら鳴き喚いても、その声は助けの訪れぬ地下室に反響するのみで救いの展開はやって来ない。
全ての選択肢を取り上げられ、慈悲を欲しても聞き入れてはもらえない哀れな少年はもう、男の思い通りに望まぬ絶頂へと押し上げられ続ける存在として弄ばれるしか無い。男の指で解された尻穴に薄桃色のアナルバイブをねじ込まれ、はしたなく膨張させられてしまった幼い男根の根本と亀頭の真下にローターが内蔵された黒いベルトをあてがわれた少年はもはや、湿りきったブリーフ越しに色が透けて見えている淫具達が恥部を嬲る様子を絶えず見せ付けられながら、その様子を嬉々として嘲笑う男の言葉に雄としての尊厳を跡形も無く砕き尽くされるしか無いのだ。

「ほら、君のエッチなおチ○チンとお尻をもっとよく見てご覧なさい。もうすぐイくよって私達に伝えながら、ベルトに震わされつつピクピク脈打ってるよ? 自分をほじくり回しているバイブを一生懸命締め付けて、嬉しそうにしゃぶりついているよ? 実にいやらしい光景だよねぇ……いやはや、本当に無様だ」
「いっ、いや、いやぁぁっ! 言わないれ……もっ、イぐのやら、しゃせーいやぁぁぁぁっ!!」

新たな絶頂が迫っているという直視したくない事実を無理矢理に意識させる言葉を浴びせられながら、少年はテープに縛られ男に掴まれた手足を動かす抗いも忘れて我慢の限界へと上り詰めていき、愉快の感情を携えた黒い笑みを寄せる男の逸物の硬度が増すのを後頭部で感じつつ、一際激しい痙攣を晒してバイブに掻き回されている尻穴とベルト型のローターに振動させられている男根での射精を迎え、ブリーフの淫らな湿りと男の歪んだ興奮を更に加速させていくのだった。






↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村

B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓





















関連記事
スポンサーサイト
[PR]

コメント

管理者のみに表示