fc2ブログ

剥き出しの恥部は所有者の手で甘く残酷に愛でられる

2022.03.20.Sun.21:00
黒革の目隠しを与えられ、聴覚を制限する耳栓を装着された哀れな少年は、死角から自身に近付いた私の存在に気付くことさえ出来はしない。
地下室の中央に設置された台の上部に首を縫い付ける金属製の器具を施され、左右の肘から手首までの部分を背中側で密着させる黒革製の拘束具を加えられ、口を塞ぎ言葉を奪う男根を模した張型を無理矢理に飲み込まされた上に左右の足首同士をきつく一括りにする革製のベルトの金具と首を縛める器具の金具を鎖と南京錠を用いて結合された惨めな少年は、屈辱に満ちた格好から脱出することはおろか無防備に露出させられた幼い男根を眺めて笑いじっとしていても絶えず全身が軋む不自然な海老反りの体勢を強いられた裸体が苦しげに震えている様子を堪能する私に対して恐怖を抱くことさえ叶わない。
私に捕らわれ、助けに期待出来ぬ地下室で無様な姿を強要する拘束をもたらされ、恥部を情けなく丸出しにさせられた滑稽な少年怪盗は、さぞかし憎んでいるであろう私の接近を把握することさえ許されぬまま、私の思い通りに辱めを注がれるしか無い。
一切の自由を没収され、可愛らしい男根を常にさらけ出す愉快な調度品に貶められた少年怪盗はもはや、守りたくても守れぬ淫らな弱点を私の手で好き勝手にいたぶられながら、目隠しと口枷を取り付けられる前に見せていた強気な反抗の態度を全く伺わせぬ痴態を持ち主となった私の意に沿って繰り広げさせられるしか無いのだ。

「もごっ!? むぉ、うぶおぉ!」

無意味な身悶えに合わせてぷるぷると震える小ぶりな男根が眼前に位置する形となるよう持参した椅子に腰掛けた私の指先で男根を緩く撫でられた少年怪盗が、突然の刺激に対する困惑と責めの開始を理解したことによる怯えに歪んだ唸りを放ちつつ、反らされた裸体を一層激しくくねくねと踊り狂わせる。そんなことをしても状況を変えられはしないことなどとっくに分かりきっているはずだというのに、少年怪盗は恥辱の現実を認めたくないと言わんばかりに全身をじたばたともがかせ拘束からの解放を求めている。
もちろん、少年怪盗が幾ら頑張ろうとも奇跡は起きない。なりふり構わぬ足掻きはただただ私を余計に悦ばせ、加虐欲を増幅させるのみだ。その膨らんだ欲を拒む理由など、私には無い。自分専用の淫猥な娯楽に作り変えた少年怪盗に慈悲を注ぐ必要など、私には欠片も無い。
故に私は、連日の調教によって先程ほんの少し指先が触れただけの刺激でも大きな快楽を覚え、条件反射で体積を増してしまっている少年怪盗の男根を黒い至福に染まった表情で嘲笑いながら、抗えぬ少年に今日の淫獄を叩き込み始めた。
生意気な少年怪盗から最高にみっともない反応を引きずり出し、何時間見ていても飽きない悶絶を提供させる。そんな甘く苦しくもどかしい生殺しの拷問を、私は当然の権利として文字通り手も足も出せず見ることもしゃべることも聞くことも不可能にされた裸体へと流し込み始めたのだ。

「うぅ……ふぶぅぅ!! あむ……むおぉ……っ! あぐ、ぶむぅっ」

私の左右の指で小さな男根全体を淫らにマッサージされ、ヒクヒクと収縮する睾丸を揉まれている少年怪盗が、心地良さと絶望が入り混じった呻きを漏らす。これまでの経験からか、もしくは本能的な直感からか。そのどちらかで出口の無い悦びで延々と苛まれ焦らしに焦らされる展開を見通したのであろう少年怪盗が、反抗を跡形も無く削り落とされた心からの哀願をくぐもった声で紡いでいく。
それら予想通りの反応を愉しみ、その全てがじわじわと勢いを強め理性を崩された物へと移行していく未来に思いを馳せながら、私は一生懸命に裸体をよじることで逃げ回る男根を悠然と追いかけた両手で絶頂にはどうやっても至れぬ快楽を作り出しつつ、捕獲された少年怪盗という名の所有物を愛でる幸せをじっくりと噛み締めていくのだった。






↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村

B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓





















関連記事
スポンサーサイト
[PR]

コメント

管理者のみに表示