fc2ブログ

穴に響く衝撃のみで男は絶頂を生み出される

2022.03.15.Tue.21:00
地下室の天井から伸びた鎖達が、自身を激しく揺らす動きに合わせて甲高い金属音をけたたましく響かせる。己に接続された黒革の枷を左右の手首と足首に嵌められた男が行う苦悶を露わにした身悶えに連動して、四本の鎖は男が放つ哀願混じりの絶叫を掻き消す程の音を生み出し続ける。
そんな耳障りで滑稽な音を愉しむ無慈悲な男は、我を忘れて許しを請いながら剥ぎ取られた衣服の代わりに四肢を縛める枷を与えられた裸体を狂ったように踊らせる惨めな男を邪悪な微笑みで嘲りつつ、救いを願う男に改めて絶望を抱かせるかのように右指の動きを引き上げさせた。
無慈悲な男は手足を拘束されたせいで無防備となった尻穴にねじ込ませた右の人差し指と中指をより巧みに動かし、丹念に解して悦楽の手に入れ方を覚え込ませた腸壁全体に抗いがたい雌の悦楽を、それまでを超える一層濃い形で注ぎ出してしまったのだ。

「あぁっ!? ひぁ、あぁぁぁっ!! もぅやら! やべでっ……やめひぇぇぇっ!!」

天井に向かって伸ばさせられた手足の痙攣を更に痛々しくさせながら、男が回らなくなった舌で甘い責め苦の終わりを希求する。
涙に濡れた瞳を残忍な男に向け、腸内で蠢く指が気まぐれに腸壁を強く抉る度に慈悲をねだる視線を飛ばすことも忘れて頭部を苦しげに反らしながら、よがり鳴く男は地下室の床と一体化した箱状の台に背中を預けさせられた裸体を周囲に汗と淫猥な体液を撒き散らしつつ、嬌声混じりの惨めな絶叫で淫獄からの解放を渇望する。
それは、理性と本能の両方で尻穴の快楽を拒絶する意思表示だ。これ以上甘い悦びをもたらされ続けたら、雄としての自覚や今まで積み上げた人格を突き崩されかねないという恐怖から紡がれる切羽詰まった懇願だ。
その心の底から絞り出される悲痛な思いを目と耳で堪能した残酷な男は、たっぷりとイきまくらせみっともなく熟成しきった逆らえぬ裸体を改めて確認し口元を獰猛に歪ませると何の宣言も無しに右指を尻穴から一気に引き抜き、男に予想外の刺激を与えつつ尻穴に何も無い状態で迎える異常な絶頂へと至らせてやった。

「あっ、か、ひぃぃぃんっ!? はへっ、ほ! んぉぉぉぉーっ!!」

目を見開き、だらしなく舌を垂らした口で淫猥に吠えながら、男が何も無くなった尻穴をきゅぅと窄ませ尖りきった乳首を震わせつつ吐き出す精液さえもほぼ枯れ果てた男根からほとんど白が混じっていない液体を分泌させる。
そうして指を引き抜かれる衝撃で盛大な絶頂に達し、手足の枷と繋がった鎖を引き寄せるかの如く強ばらせた裸体をじょじょに弛緩させる男を悠然と堪能した男は、勝手に終了と認識し安堵を分かりやすく募らせている男に、追い打ちの快感を味わわせ始めた。
冷酷な男は執拗に強制された尻穴のみでの絶頂で感度を十数倍に高められた裸体をより無様にイき狂わせる為に緩みきった尻穴の左右で跳ねている尻肉を弱く打ちすえ、その本来ならば絶頂には到底辿り着けぬはずの刺激を用いて男に追加の絶頂を強いり始めたのだ。

「あぁっ!? ふぁぁぁぁっ!? だめ、りゃ、めぇっ! たたかないれ……イっぢゃうがらぁ! 叩いちゃやらぁぁぁぁっ!!」

まるで子供のように泣きじゃくりながら、尻を叩かないでくれと要求する男。散々嬲られた尻穴に響く尻叩きの衝撃で正常とはかけ離れた絶頂を生み出されながら、戦慄を乗せた声音でなりふり構わぬ制止をぶつける男。
その、実に見応えのある男の痴態を自分一人で占有しながら、残酷な男は左右の尻肉を跡はおろか痛みすらも長く残らない力で不規則に打ちすえ続け、まだ激痛の方が遥かに有情だったと思える苛烈な快感で抵抗を封じた男を延々と苦しみ抜かせていくのだった。






↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村

B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓





















関連記事
コメント

管理者のみに表示