fc2ブログ

輪の上に飾られた弱点は淫らに高められ磨かれる

2022.03.12.Sat.21:00
地下室の床と一体化している鉄棒のような形状をした器具によって、裸体に縄を打たれた男達は無防備に露出させられた男根に無慈悲な拘束を加えられてしまっている。
床と平行になっている棒の中央に配置された輪を亀頭の真下へと緩み無く嵌められた男達はもう、自由を奪う縄を解こうと暴れることさえ許されない。背中側で左右の手首と二の腕をきつく括られ伸ばしたままの状態に固定された腕を腹部へと遊び無く縫い付けられ、左右の足首とすね、そして太ももを一まとめにされた男達は屈辱的な拘束を加えられた男根をどう頑張っても救い出せない。それどころか、腰を挟み込むような位置にある床から生えた二本の柱の高さを後から嬉々として残忍に調節された男達はもはや肩とかかとに込めた力で縄塗れの裸体を反らせ続ける無様な体勢から離れることすらも認められない。
手も足も出せず、常に苦悶と情けなさが襲い来る格好を強要された哀れな男達は、非道な金属の輪の上に飾られた何処にも逃げられぬ亀頭に追い打ちの責めを注がれても間抜けに鳴き喚きつつ悶絶を晒すしか無い。
冷酷な組織の支配下に堕ち一切の抵抗を禁じられた惨めな男達は、男根を縛める輪と繋がった棒に取り付けられた装置が生み出す淫猥な拷問にただただ嬲り倒されるだけの存在でしか無い。丸出しの亀頭の左右に装着された二種類の装置がもたらす地獄をどうやっても拒めない男達は、過敏な弱点である亀頭に液体状の媚薬を少量ずつ吹きかけられながら行われる亀頭全体を断続的に磨く柔らかな毛の回転ブラシによる悦楽によがり狂い、強烈な快感を散らす為の痙攣さえまともにさせては貰えない裸体を醜悪な笑みを自分達に向ける男達の前でただただ不自然に跳ねさせつつ正気と反抗の態度を失った無意味な哀願の絶叫を助けの来ない地下室に反響させることしか出来はしないのだ。

「おぎっ、ひ、ぎぃぃんっ! やっ、やべでぇ! もぉむり、ゆりゅじっ、でぇぇぇーっ!!」
「おにぇがい、もぉだじゅげでぇっ! じぬ、じにゅぅぅっ! ひんここわれりゅ、ぐるっじゃうぅぅぅっ!!」

なりふり構わぬ大声を発したら、その振動が腹部から男根に伝わり余計な甘い苦しみを引き寄せてしまう。
それを理解した上で亀頭のみを重点的に責め立てる媚薬による感度の上昇とブラシの容赦無い刺激からの解放を欲して、男達は蕩けきった声と思い通りに回らなくなった舌を酷使して喉が破れんばかりの叫びを紡いでいく。
そんな男達の光景は、これ以上無く愉快で痛々しい物だ。床に仰向けで転がされ、同じ立場に追いやられた他の男と一緒に我を忘れて慈悲をねだる男達の痴態は、最高にみっともなく悲痛な物だ。
しかし、男達を捕らえ亀頭のみをいたぶる淫獄を味わわせている男達は正常な思考を有する者であれば脳で把握した瞬間考えるよりも先に救助に向けての行動を開始しているであろう状況を愉しげに鑑賞するのみで救いを与えようとはしない。歪んだ至福に表情を緩ませている異常な男達は、まだまだ無駄に喚く余裕があり裸体を反らせる余力も残されている男達を地獄から解き放とうとはしない。
堪えきれず屈服を受け入れる程気持ち良いのに、射精には決して至れない。出口も逃げ場も塞がれたまま延々と追い詰められる淫猥な仕打ちに涙を流し理性と本能の両方で恥を捨てた懇願を繰り返す男達を作り出した男達は、本当の限界には達していない男達がこれまでの人生で積み上げた全てを破壊されつつ限界へと近付く様を、悠然と堪能するばかりだ。

「ぐる、じぃっ! さきっぽりゃめ、イげなぐでらめぇぇっ!」
「ぎぼぢっ、いぃ! ぐりゅじっ、やあぁ! だれが、だじゅげへ……ほどいへ、イがじぇでぇぇぇっ!!」

亀頭をもう甘く苛めないで欲しい。亀頭以外も苛めてイかせて欲しい。
縄を解いて絶えず苦痛が増幅する体勢を終わりにさせて欲しい。それよりも、更なる快楽で射精を許可して欲しい。
今自分が何を一番に求めているのかすらも曖昧になった男達が発する滑稽な鳴き声を汗を飛ばし縄を軋ませ媚薬と回転ブラシで淫らに痛め付けられている亀頭をビクビクと脈打たせる反応と共に愉しみつつ、捕らえた男達を溺れることも不可能な悦楽で崩壊に導く組織の男達は狂気的な高揚に染まった胸の中で肉欲を最優先に考える淫乱奴隷という名の商品へと生まれ変わる男達への祝福の言葉を、何の疑いも無く一方的に浴びせかけていた。






↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村

B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓





















関連記事
コメント

管理者のみに表示