fc2ブログ

堕ちた肉体は拒絶を無視して弄ばれる

2022.01.21.Fri.21:00
石で作られた床を叩く数人分の靴の音。そして、堅牢な鉄格子の鍵が外される音と耳障りに軋みながら扉が開かれる音が地下空間に響いた。
それらの音を頭部をすっぽりと覆う麻袋越しに耳にした男は、表情が見えずともはっきりと分かる怯えの反応を示した。麻袋の上から噛まされた白布の猿轡に噛み付いた口から戦慄色に歪んだ吐息を漏らし、腕の動きを制限する縄と左右の足を折り畳んだ状態に固定する縄を着せられた裸体を恐怖に震わせながら、地下牢に置かれたベッドの上に放置されていた男は可能な限りの許しての意思表示を一生懸命に発した。

「んうぅ、むぐっ、ふむうぅ……っ!」

無論、男が幾ら救いを望もうとも男を捕らえ地下牢に監禁している男達は慈悲を欠片も見せない。
雄々しく鍛えられた裸体に二の腕と胴体を遊び無く繋ぐ縄と背中で重ねさせられた肘から手首までの部分をきつく括る縄を与えられ、足首と太ももを短く結合する縄をもたらされた男が麻袋越しに哀願の視線を飛ばしながら塞がれた口で誇りを捨てた哀願を紡いでも、非道な悪に属する男達は笑みに浮かべた愉悦の感情を深めつつ今日の辱めへと取り掛かるだけだ。
ベッドの上で正座のような体勢を取っていた抗えぬ裸体を仰向けに押し倒され、そこから離れられないようベッドに上がった悪達の手で肩や腹部や伸ばせぬ足を押さえられた男はもう、無防備に恥部を露出させる格好から抜け出したくても抜け出せない。情けなく恥部を露出させられた事実に屈辱を煽られ、いつもの恥辱がもうすぐ始まってしまうという認めたくない情報に絶望しながら縄に縛められた裸体をめちゃくちゃにもがかせても、男は丸出しとなった男根や尻穴を男達の悪意から守ることも許されない。
一切の自由を奪われ、抵抗を禁じられた無様な男はもはや、憎むべき悪達に寄せる全ての懇願を無視されながら残酷な辱めをその身に加えられるしか無い。悪の手に堕ち、衣服の代わりに纏わされた縄によってありとあらゆる選択肢を取り上げられた惨めな保安官の男は、今日も自分が都合の良い性処理道具の立場に貶められた現実を改めて思い知らされながら、悪党の調教で雌に作り変えられた穴と雄々しさはそのままに淫らな感度のみをはしたなく肥大化させられた肉体を、容赦も手加減も無しに弄ばれるしか無いのだ。

「んーっ、んむぐぅぅぅーっ!!」

拒もうとする思いを挟む余地さえ無いまま悪の男根で一息に貫かれた尻穴をじゅぼじゅぼと淫猥な水音を立ててほじくり回される望まぬ悦楽に苛まれながら、保安官は隠しきれぬ甘さが混じった嫌だの唸りを地下中に反響させる。心でどんなに嫌がっても、雌の悦びを教え込まされた尻穴は男根を歓迎するようにつるりと受け入れ、熱烈に吸い付き腸液を次々と分泌させつつ締め上げている。
まだ堕ちきっていない保安官の拒絶と、跡形も無く堕ちきった肉体が凌辱に対してさらけ出す淫蕩な至福の様。その相反する光景を存分に愉しみながら、悪党達は腸内への射精を切っ掛けに男根での征服を行う役目を交代しつつ、尖りきった乳首や張り詰めた男根に上乗せの快楽を注いで保安官の滑稽な悶絶を引きずり出させていくのだった。






↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村

B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓





















関連記事
スポンサーサイト
覆面講師のメンズエステテクニック集vol.52 第149話【素人尻援】ザーメンをぶっかけちゃおう!アヘ顔パンティー編(短大生の柚子)【個人撮影】
コメント

管理者のみに表示