fc2ブログ

鬼畜主人は青年を快楽調教で鳴き叫ばせる

2014.02.12.Wed.08:00
「あぁぁんっ! んっ、あっ!」

青年の甘い鳴き声が、部屋の中に響いた。そしてその声と重なって、青年のアナルに挿入されたバイブが部屋に駆動音を鳴らし、拘束された青年をソファーの上で淫らに身悶えさせた。
その様子を観察し、手にしたバイブで青年の前立腺を容赦無く責め立てているのは男。青年の主人である、若い男だ。

「気持ち良さそうだね。君の身体、ずっとビクビクしてる…」
「あぁぁぁぁっ…!」

汗ばんだ尻を下から上に撫で上げられると、青年の体内がくすぐったさで縮こまり、バイブを強く絞め付ける。
すると、ただでさえ責められ続けて敏感になっているアナルがより深く強く抉られ、青年は惨めに痙攣し、何とかして逃れようと身体をバタつかせた。
柔らかな一人掛けソファーの肘かけに手首を縄で縛り付けられ、その上に持ち上げられた足首を重ねて縛り付けられた、恥部を隠せずに丸出しにした裸体を。

「だめ、です…おれぇ…イぐ、まらイぐぅぅぅっ…!」

一際大きく身悶え、青年が腰を突き出して絶頂を迎える。
しかし、イかされ過ぎたペニスはもはや吐き出す精液さえも底を尽き、哀しく先端を開閉させるだけの絶頂となった。

「あぇ、えぁっ。ひぅぅぅぅっ」

放出を伴わない絶頂は長く続き、青年は喉を反らせて舌を突き出し、涙を零しながらヒクヒクと震えた。
苦しいのに気持ち良くて、気持ち良いのに苦しい。何度もイかされて考える事も出来なくなった頭はおかしくなりそうな快楽責めに沸騰し、青年に懇願の言葉を紡がせる。

「も…ゆるひてくらさい。おれ、おかひくなるぅぅ…っ!」

はぁはぁと荒い息を吐き、必死に許しを求める青年。
だが、無情にして鬼畜な主人はそんな頼みを打ち砕くように新たな道具を取り出して言い放った。

「何を言ってるの? まだまだこれからでしょ?」
「ひっ…!」

青年は、取り出された道具を目にして思わず小さな悲鳴を上げた。
その道具は、もう数え切れない程に使われ、自分の理性を壊してきたローター。それを使用された自分がどうなるか、もう分かり切っている青年は心の底から怯えて拘束された手足をもがかせたが、ローターを持った主人の右手は青年のペニスに近付き。

「んあぁぁぁぁぁぁんっ!!」

濡れそぼっているペニスの先端に、細かく振動するローターが押し付けられてしまった。
同時にアナルでは変わらずバイブが激しい首振りを続けていて、青年は逃れられない肉体をガクガクと痙攣させる。

「いやいやぁっ! 変になりゅ、おりぇ、おかひくなっちゃぅぅーっ!」
「いいよ、好きなだけおかしくなりなさい」

絶叫に近い限界を訴える言葉も、余裕たっぷりに微笑んだ主人には届かず。
青年は主人が満足するまで快感に浸されて、少しずつ、快感無しではいられない身体にされていく。

「もっともっとおかしくなって、絶対に私から離れられないようにしてあげるからね」
「あぁぁ…っ!」

耳元で囁かれ、絶望を植え付けられて。
青年は主人が作り出す快楽の檻に、囚われていくのだった。






↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村
blogramで人気ブログを分析




























関連記事
スポンサーサイト
[PR]

コメント

管理者のみに表示