fc2ブログ

忍耐が崩れた男は今日も淫蕩に笑い狂わされる

2022.01.07.Fri.21:00
輪状の金属を噛ませることで口に開きっぱなしの状態を強いる枷と、黒革の板を用いて目を覆い視界を封じる目隠しが黒く細い革製のベルトで一体となった器具を頭部へと装着された男は、言葉を発せなくされた口から間抜けに唾液が零れ落ち続ける状況と周囲の様子を伺いたくても伺えない状況を作り出されてしまった。
黒い首輪の後部と左右の手首に巻き付けられた黒革の枷を南京錠で短く結合された男は、仮に指の使用を禁じ左右の手に握り拳を強要し続ける鍵付きの黒革の手袋が無かったとしても、頭部の後ろまで手を持ち上げさせられた格好から抜け出せないよう腕の自由を大きく奪い取られてしまった。
だが、男はそんな危機的な立場に置かれながらも、脱出を試みる行動を取ろうとはしない。見ることとしゃべることを不可能にされ、両腕に厳重な縛めを加えられ、左右をきっちりと揃えさせられた足の足首から下を床に仕込まれた機械に飲み込まれる形で追い打ちの拘束を与えられているというのに、男は裸体を立ったままの姿勢に保ち足掻きとは無縁の大人しい態度を取り続けている。
下手に暴れれば自分を捕らえた無慈悲な男達が残した責めの機構が作動し気が狂う程の苦悶を味わわされてしまうという事実をその身に深く刻み込まれた哀れな男は、その機構の作動条件である大きな振動を生んでしまわないよう裸体の震えすらも必死で抑え、惨めな直立不動を維持していた。

「はぁ、あ、おぉ……うぁ、お……っ」

自らが立てる音以外の情報が無い部屋の中で、男は己が無意識に行おうとする身悶えさえも制しながらひたすらに耐え続けている。閉じられぬ口からだらしなくぼたぼたと垂れ落ちる自身の唾液が胸元を伝い、腹部を通って丸出しの男根を撫でる刺激に身を小さく跳ねさせながら、男は奥底から湧き上がる欲望の奔流をどうにかして掻き消そうと理性を総動員して格闘を繰り返す。
しかし、体力と気力が有限の物である以上、その忍耐も永遠には続かない。捕らわれた日から残酷な男達に甘く弄ばれ淫らに開発されてしまった心と肉体は、快楽無しで放置されている事実への違和感ともどかしさを際限無く増幅させていき、自分達の持ち主である男を内側から狂わせ抵抗の力をじわじわと削り落としていく。

「はっ、はぉ、あぉ、んおぉ」

もう男は、意識を逸らし膨張が起こらないように努めていた自身の乳首と男根が膨らみきってしまっていることに気付けない。もはや男は、自分の腰が自制を無視してはしたなく前後に揺れ淫猥に渇ききった裸体を潤す悦楽をねだってしまっていることにも気付けない。
限界を迎えた男はその努力も虚しく、憎い男達が施していった責めの開始条件である大きな振動を無自覚に作り出し、今日も気高き心と雄々しき裸体を無様に悶え狂わせる淫獄の展開へと為す術無く至らされるしか無い。
己の起動条件を満たす振動を感知した機構が、男の足首から下を取り込んだ床の機構が閉じ込めた足全体に濃度を薄めた液体媚薬を塗布しつつ小刻みな振動による容赦の無いくすぐりの責めをもたらしてきても、何処にも逃れられぬ男は開かされた口から絶望色の笑声を響かせつつ、足を嬲るこそばゆさと異常な快楽に屈して我慢さえも叶わない絶頂へと達し続けさせられる裸体を情けなくくねくねと踊り狂わせることしか、出来ることなどありはしないのだ。

「おっ、ほほほぉっ!? あぉ、へほほぉ! えぉ、ひひゅ! あおおおっ!!」

また今日も、始まってしまった。そう打ちひしがれる思考をあっという間にくすぐりと快感が織りなす息苦しさに塗り潰されながら、男は自分をこの拷問に置き去りにした男達が別室からモニターを通してこの滑稽極まりないであろう痴態を鑑賞し触られてもいない男根を足への刺激のみで射精へと追い立てられる様を嘲笑っているという情報を忘れ去りつつ、敵の手中に収められた己を敵の計画に沿って淫蕩に壊され拘束を纏わされていなくとも嫌悪していた男達に決して逆らえない存在へと躾け直されていくのだった。






↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村

B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓





















関連記事
スポンサーサイト
【個撮】美人保育士25歳②真夏の蒸れチ〇ポ即尺フェラと汗ムレムレのアナル即舐めに大量口内射精【完全顔出し】
コメント

管理者のみに表示