fc2ブログ

愉快なインテリアは間抜けに絶頂を繰り返す

2022.01.03.Mon.21:00
真横に伸ばした後に上に向かって直角に曲げさせられた左右の腕は、向きを正面に固定され間抜けに口を大きく開ききった状態から離れられなくされた頭部を挟む形で無様極まりないピースサインの維持を強要されている。
腕とは逆に真横に伸ばした後下方向へと直角に曲げさせられた左右の足は、床に足裏を密着させた状況から抜け出せないよう、無防備にさらけ出された男根と尻穴を好奇の視線と辱めから守りたくても守れないよう行動を完全に封じられてしまった。
大口を開けさせた上で頭部を囲い、手足を厳重に閉じ込める金属の檻は、情けない姿に固められた男が意味の無い唸りを発しながらなりふり構わずに暴れても外れない。男の左右に位置する金属製の太い円柱と一体化している金属の檻は、生身の男が幾ら必死になって身をよじらせようとも全くビクともしない。
自力ではどうにも出来ない金属の拘束に裸体を縛められた男はもう、侮蔑の感情を乗せて自分を悠然と嘲笑う非道な男達の目と耳を淫猥に愉しませるだけの存在でしか無い。閉じられない口で誇りを捨てて放つ哀願の叫びを聞き流され、金属の檻に囲まれずに取り残された胴体部分にあてがわれた幾つもの淫具達が叩き込んでくる甘ったるい地獄からの解放を求めて行われる痙攣混じりのダンスを醜悪な微笑みを浮かべて堪能される男はもはや、めちゃくちゃに身を悶えさせても振り払えない淫具がもたらす悦楽に為す術無く狂わされながら残忍な男達を今以上に悦ばせる滑稽な悶絶を次から次へと引きずり出されるしか無い。
乳房にぴったりと貼り付いた吸盤型の淫具に乳首と乳輪を絶え間無く小刻みに震わされ、男根全体をすっぽりと包み込んだ筒状の淫具に内蔵された機構によって幹の部分を巧みに扱かれつつ特に過敏な亀頭を媚薬で湿っている柔らかな毛のブラシで丹念に磨かれ、背後の床に設置された箱型の機械から伸びた棒の先にある凶悪なイボを無数に生やした張型を用いて雌の悦楽を刻み込まれた尻穴を容赦無く掘削されている男は、敵に鑑賞されている事実を意識しても抑えきれぬ程に大きな快楽の波に望まぬ絶頂へと追いやられながらまるで凌辱を嬉しがっているようにピースサインを作らされた手の間で、開きっぱなしの口から淫獣の鳴き声を上げさせられ続けるしか無いのだ。

「あぉっ、ほぉぉぉーっ!! えぉ、あぉ、うぉぉぉぉぉーんっ!!」

苦しげに見開いた目から大粒の涙をぼろぼろと零し、だらしなく舌を垂らした口から唾液と共に人間としての理性を欠片も伺わせぬ淫猥な咆哮を部屋中に響かせ、頭部と四肢を金属に取り囲まれた裸体を身動きを跡形も無く取り上げられているとは思えないくらいに激しく跳ね回らせながら乳首と男根に装着された淫具のコードを振り乱しつつ尻穴を掻き回す張型の責めに屈してイきまくる男。
諦め悪く許しを請う余裕を無くし、いつも通りにただただ絶頂を繰り返すだけの愉快なインテリアとなった男をあらゆる方向から味わう冷酷な男達は、自分達を愚かにも探って捕らえられ施設の中央ホールを彩る装飾品へと貶められた男に対して歪んだ興奮を湧き上がらせながら男を直接弄べる時への期待を、歓迎するように開かれた口を好き勝手に犯し餌と称して精液を流し込みつつ淫具達の力で限界を越えて快楽を極めさせられ感度抜群に仕上げられた逆らえぬ裸体を直接いたぶれる仕事終了後の宴の時への期待を、異常な嗜好と思考を有する心に際限無く膨らませていた。






↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村

B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓





















関連記事
コメント

管理者のみに表示