fc2ブログ

虎達は幸せな初夜で獣を剥き出しにする

2021.12.22.Wed.21:00
恥ずかしい。今まで欲望に身を任せて数えきれぬ程に、それこそ名前はおろか顔すらも思い出せないような相手にも取った行為に対して、虎獣人の男は脳が煮え立ちそうなくらいの羞恥を募らせている。
嬉しい。羞恥を募らせながらも虎の男は確かな至福と喜びを感じ、壁に着いた手と持ち上げた尾を無意識に期待で震わせつつ真後ろにしゃがみ込んだもう一人の虎に向かってさらけ出した尻を早く苛めて欲しいとねだるように突き出した。
ズボンと下着を脱ぎ捨てた下半身が、無防備に露出させられている。足の間で揺れる興奮しきった男根が透明な蜜を床へと滴らせている様子も、張り詰めた男根の根元でぷるぷると跳ねている睾丸の様子も、窄まった尻穴が物欲しげに収縮を繰り返す様子も、何もかもが背後の虎の目に捧げられている。
そんな淫らで扇情的な光景に、背後の虎は思わず唾を飲み込みつつ息を際限無く荒げていく。壁に手を付いた虎とは真逆に上半身の衣服のみを脱いだ逞しい肉体を発情と欲情に火照らせ、全身の体毛を興奮由来の汗でしっとりと湿らせながら、自分の為に眼前へと突き付けられている恥部を至近距離で観察する虎はその理性を虎としての本能を濃く表わした獣欲と嘘偽りの無い愛しさに蕩けさせていく。
自らの意思で恥部を捧げ、急かすように腰をくねらせつつ尻穴をヒクつかせる虎。夢にまで見た眼前の映像に堪らない幸福を掻き立てられながら、ズボンの中で勃起した男根を脈打たせつつ心と身体を淫猥に昂ぶらせていく虎。二頭の獣を邪魔する物は、何一つとして無い。お互いに隠し合っていた恋心を通じ合わせ、晴れて恋人同士となった自宅での飲み会から初夜へともつれ込んだ獣達の欲を遮る障害はどこにも無い。
その事実を長い時間を掛けて甘く痺れた思考で噛み砕いた虎達は、もう待ちきれないと言わんばかりに尻肉を更に突き出し、それとほぼ同時に左右の手で眼前の尻肉を優しく鷲掴みにしつつ伸ばした舌で刺激を待ち望んでいる尻穴を無我夢中で舐め回し、欲望剥き出しの交尾を貪り始めた。

「んひっ、は、あぁぁ……っ! す、ごい……○○の舌、気持ち良い、上手、だ……んうぅっ!」
「あぁ、先輩……んちゅ、あむっ……先輩の尻、俺、ホントに舐めてる……んむ、はふ……可愛い、声も、悶えてる身体も、俺が舐める度に蠢いてるエッチな穴も、全部可愛いです、先輩……っ!」

自分が初めての相手だと語っていた後輩の虎が、溢れんばかりの愛を込めて尻穴を激しくも丁寧に舐めしゃぶる悦楽に喘ぎながら、壁に手を付いていた先輩の虎は上半身全てを壁に預けた体勢で足をガクガクと心地良さげに痙攣させつつ、熱烈な舌の責めを褒めて自分と後輩の高揚を促す。
入社した時から憧れ以上の思いを寄せていた先輩の虎を、自分の舌で可愛く鳴かせ身悶えさせている事実に充足を抱きながら、後輩の虎は尻肉を掴んだ手に込める力を強めて穴をより舐めしゃぶりやすいよう露出させて一層熱く巧みに舌を這わせ、自分以外にもこんな行為を許していたことを無自覚に示唆する比較ありきの褒め言葉に嫉妬と独占欲を煽られつつ、愛しい先輩を自分だけの物とする為に尻穴へと悦楽を注ぎ込んでいく。

「ふぁ、んうぅんっ! あひ、嘘、なんれ……まだけひゅあな、舐め舐めされてるだけ、らのにぃ! きもひぃ、きもぢぃっ! そんな、イっひゃう、イっちゃうぅぅぅっ!!」

予想を大きく超える快楽の量に狼狽し、求められれば当然のように尻穴への侵入を許していた後輩に出会う前の堕落の日々の中でも迎えたことの無かった尻穴を舐められただけでの絶頂へと上り詰めていく己に困惑しながら、虎は忍耐を意識する余裕さえ間に合わずにその時に達し、爪先のみを床に付けた足をピンと伸ばして強ばらせ表情を幸せ色に染め上げ壁に預けた上半身を勢いよく跳ねさせつつ、壁の低い位置と床に向かって触られてもいない男根から精液を迸らせた。

「ふぁ、あっ、はあぁ……ひゅ、ごい……こんにゃに、きも、ひぃ……っ!」
「先輩? 大丈夫……ですか?」

本人すらも理解が追い付かぬまま至った絶頂に驚き、加減を忘れていた自分に気付いた後輩が尻肉に添えた手を離し尻穴から遠ざけた口で先輩を気遣う言葉を紡ぐ。
だが、当の先輩虎は後輩が自分を気遣う言葉すらももはや認識出来ていない。愛無き交尾を遊びで愉しんでいた頃には絶対に味わえなかった本当の快感がもたらす悦びの虜へと堕とされた先輩は、後輩が距離を取った際に肉体の弛緩に連動して位置を下げていた尾と尻肉を再び力を送り直すことで元の高さに戻すと、初めての後輩をリードしようとしていた決意を跡形も無く失った態度で、潤んだ瞳を背後に向けつつ懇願を口にした。

「おにぇがい、もっろぉ……○○、もっと、してぇ……っ! もぅ、多分入るから。○○の、チ○コぉ……けつに、入れて……じゅぼじゅぼしへぇ……!!」

ついさっきまでの不安を一瞬で払拭する淫蕩な懇願を、焦れる思考を示すように行われる腰振りと共に見せ付けられた後輩。そんな後輩は破裂しそうなくらいに高鳴る心臓の音を聞きながら立ち上がると、尾を出す為の穴に煩わしさを覚えつつズボンと下着を脱いで全裸となり、パンパンに膨れ上がった男根を首を後ろに回して自分を見ている先輩の前で露出させると可能な限りに男根を目で追う視線に改めて可愛いの思いを抱きながら、自分の男根を望んでくれている大好きな先輩虎の淫乱な尻穴をゆっくりと、歓迎の蠢きを行う腸壁の感触と先輩と一つになれた至福を堪能しつつ、願い通りに貫きほじくり回していくのだった。






↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村

B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓





















関連記事
スポンサーサイト
[PR]

コメント

管理者のみに表示