fc2ブログ

非道な悪は屈した青年達を残酷に踏み付ける

2021.12.11.Sat.21:00
柔らかく、肌触りも良く、通気性も良い薄桃色をした分厚いクッションに、青年達が二人並んで顔面を埋めている。
だが、その行為は二人が望んで取っている物ではない。むしろ青年達は、今すぐクッションから顔面を離し呼吸をわずかでも楽にしたいと願いながら、肉体をじたばたともがかせている。
しかし、二人の願いも虚しく状況は何一つとして変えられない。青年達はその心地良い感触とは裏腹に思考を掻き乱す程の息苦しさを味わわせてくるクッションから顔面を遠ざけることはおろか、自分と仲間に許しを欲しているかのように頭部を深く下ろした体勢を強要し甘く辛い苦悶をもたらしている器具達から逃れることも叶わない。
左右の腕をすっぽりと包み込み背中側で伸ばしきった状態を維持させる黒革製のアームバインダーを装着され、アームバインダーの指先部分に存在する金具と地下室の天井に打ち付けられた金具を鎖と南京錠で結合された青年達は、自由を奪われた腕を限界まで持ち上げさせられた格好から抜け出せない。左右の足を強制的に折り畳ませ伸ばすことを禁じる黒革製の拘束具を与えられ、その拘束の表面に取り付けられた金具と黒革の首輪の前部に位置する金具を腕と同じように鎖と南京錠を用いて繋がれた青年達は、絶えず走る腕の軋みを和らげることも許されぬまま、仲間と共に為す術無く悶え苦しみ続けるしか無い。
手足に加えられた縛めのせいで顔面をクッションに押し付ける姿に裸体を固定された青年達はもう、黒革の板と男根を模した張型が一体となっている枷によってしゃべることと呼吸を封じられた口でくぐもった悲鳴を発しながら、唯一の呼吸孔にされた鼻を酷使してクッションを通した空気を一生懸命に貪るしか無い。身動きを絶望的なまでに制限されありとあらゆる選択肢を叩き潰された青年達はもはや、左右の足に施された拘束のポケットに差し込まれたリモコンからの電力と指示を受けて駆動するローターが内蔵された黒色のベルトを根本と亀頭の真下に巻き付けられた男根を絶え間無い振動に嬲られながら、アームバインダーの肘部分の金具に接続された鎖の先にあるフック状の器具に貫かれた尻穴を男根の刺激に耐えきれず裸体が跳ねる度にぐりぐりと激しく抉られるしか無い。
拘束と格闘することもままならず、下手に身をよじれば尻穴への苛烈な恥辱が訪れる。そんな状況を男根への意に染まぬ悦楽と共にもたらされた青年達は、すぐ隣にいる仲間の方に顔を向ける余力も削ぎ落とされたまま、どうすることも出来ずに鼻を間抜けに鳴らして酸素を追い求めつつ男根を絶頂へと導かれ吐き出した精液で足の間に位置する部分のクッションを淫らに汚し続けることしか出来ることなどありはしないのだ。

「うぐぅぅーっ! むごっ、もごぉぉぉっ!!」
「ふぐ、ぶむぅぅんっ! うふっ、むふっ、みゅぅぅぅぅんっ!!」

幾ら射精しても終わらない絶頂地獄に悲痛な絶叫を発しながら、青年達は意識を手放すことも認められずに新たな絶頂へと押し上げられていく。間髪入れずに襲い掛かる絶頂を嫌がって拘束と汗に塗れた裸体をくねらせても、それは腕への痛みと尻穴への甘いほじくりを作り出すだけで、二人は痛みで自らの意識を余計に覚醒させながら腸壁を擦る淫猥な釣り針の責めを自ら引き寄せて絶頂の接近を逆に早めてしまう。
何をしても、無駄どころか逆効果。なりふり構わぬ試行錯誤を行っても、二人仲良く捕らわれた事実と淫獄にいたぶられている事実は覆せない。
この淫らな拷問から脱出するには、誇りを捨てた懇願を塞がれた口で放つしか無くて。ほぼ同時にその結論へと至った青年達は、顔面をクッションに密着させた姿勢を拒否出来ないままよがり狂う自分達を観察している敵の幹部に向かって、嘘偽りの無い本心からの助けてと許してを込めた唸りを飛ばした。

「むぎゅぅぅぅっ!! あぶっ、ぶぇ! ぶぇぇぇぇっ!!」
「ふぶっ、みゅ、むぇぇぇぇっ!!」

クッションに大部分を吸い込まれていてもうるさいくらいに地下室へと反響する喉が破れんばかりの叫び。けれど、非道な敵の幹部は慈悲を欠片も抱かない。
ヒーローとしての力を生み出すスーツを没収された裸体に逞しく育て上げられた筋肉を持ってしても外せぬ拘束を纏わされた青年達が、無様に、惨めに哀願を紡いでいる。これ以上無く滑稽な光景に目を細め口元を歪めた敵の幹部は、誰の目にも明らかな陥落に達した青年ヒーロー達をより愉快に追い詰める為にと人ならざる薄い青色の肌を有した手を伸ばして二人の男根を責め立てるローターベルトとコードで繋がったリモコン達を素早く操作し、すでにイきっぱなしとなっている二人の男根達を苛む振動を最大の物へと引き上げた。

「んぎゅぅぅぅっ!? うぶっ、もごぉぉぉっ!?」
「あごっ、ぶぐぅぅぅ!! ふー! みゅぉぉぉぉぉーんっ!!」

弱まるどころか増幅した男根への快楽に、青年ヒーロー達がくぐもった鳴き声の勢いと裸体の痙攣を強めながら一層間隔の狭まった絶頂に悶絶し始める。その悶絶を見下ろして満足げに頷いた敵幹部は、正義の名の下に幾多の計画を邪魔した非礼を詫びるかの如く頭を垂れている二人の前に置いておいたソファーに腰を下ろすと、興奮しきった男根を見せ付けるように開いた足を持ち上げ、愚かなヒーロー達に屈辱と更なる息苦しさを募らせ己の内に黒くいびつな愉悦と充足を湧き上がらせる為に、腕とは違い各所に鱗がある青肌の足を用いて二人の頭部を緩く踏み付けた。
幼さと残忍さが入り混じった声音で、我慢の意思すらも挟めずにイきまくる青年ヒーロー達を嘲笑いながらだ。

「ほら、ヒーローさん達。頑張って逃げてごらん? 憎い悪の幹部の僕に、それもずっと年下の僕に頭を踏まれてるんだよ、悔しいでしょ? ほらほら、さっさと逃げなよ。みっともなく鳴き喚いてないで、情けなくイきまくってないで、早く逃げていつもみたいに格好良く活躍してごらんよ……ねぇ、ヒーローさん達?」
「ふぐっ、ぶむぅぅぅぅんっ!!」
「おぶっ、もぎゅっ! ごふっ、もごぉぉぉぉんっ!!」

敵である少年に頭部を踏み付けられている事実に悔しさを覚えつつも、悔しさを滲ませた唸りを上げながらまたイくことしか出来ない。そんな青年ヒーロー達を堪能しながら足に乗せる力を気まぐれに変化させて二人の息苦しさに巧みな強弱を付ける人ならざる少年は、人では届かぬ位置まで端を吊り上げた口から伸ばした先が細く尖った舌を小刻みに踊らせて至福を無意識に表わしつつ、理性と正気と吐き出す精液を失い始めている正義達を淫蕩に壊し尽くす悦びで滾っている年齢にそぐわぬ醜悪な男根を、弾む心を代弁するかのように二人の頭部を踏む足の動きに合わせてゆらゆらと躍らせていた。






↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村

B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓





















関連記事
スポンサーサイト
[PR]

コメント

管理者のみに表示