fc2ブログ

愚かな男は淫猥な懲罰で態度を改めさせられる

2021.11.24.Wed.21:30
「んっ、んむっ、むぶっ、ぐむぅぅぅんっ!」

幾らくぐもった声を上げて許しを請うても、口内を穿つ男根の動きはとまらない。脈動を激しくさせていく男根を舌で感じさせられた男が迫り来る射精の時に怯えながら塞がれた口でなりふり構わずに助けを求めても、醜悪な欲望のままに腰を振り真上から男根を打ち付けていく非道な男は哀願の唸りを全て無視しながら、自らの絶頂をより速く手繰り寄せようと考え腰の速度を躊躇い無く引き上げていく。

「うぐっ、えごっ、むおぉ! ぶむぁぁぁっ!!」

頬の肉を抉り、舌を苛烈に擦り、喉の肉を突いていく男根から逃れたくても、男は逃れられない。
二の腕と胴体を結ぶ縄と背中で重ねさせられた手首を縛る縄を与えられ、胴体の前で交差させられた足首同士を括る縄を施された上で上半身の縄と足首の縄を遊び無く繋ぐ縄を追い打ちで加えられた哀れな男は、暴れさせることも禁じられた足を掴んで腰を前後に揺らす男の思い通りに噛み付く力すらも失った口を為す術無く蹂躙されるしか無い。
両手両足を縄に縛められ、抵抗を何一つとして行えなくされた無様な男はもう、台の上に仰向けで転がされた裸体を残酷な男達の意に沿って嬲られること以外何も出来はしない。
敵に捕らわれ、敵の悪意に対する拒絶の選択肢を一つ残らず没収された男はもはや、代わる代わるに突き入れられる男根達に口を容赦無く征服されながら、無防備にさらけ出された恥部を弄ばれるだけの存在でしか無い。縄塗れの裸体を敵に取り囲まれ淫らな悪意に絶えず晒されている男は、責めの苛烈さに悶え苦しみ言葉にならぬ絶叫を発する様を最高の娯楽として味わわれながら、口を犯され、尻穴に強烈な疼きをもたらす淫薬を固めた小さな粒を次から次へと押し込まれ、決して絶頂には辿り着けぬもどかしい快楽に男根をいたぶられ悶絶する姿を、残酷な敵の男達の望む通りに引き出され続けるしか無いのだ。

「んぐっ、むぅ、んごっ、んぎゅっ……!」

口の中で射精に至った男根が、抗えぬ男の喉に熱く濃い精液を勢いよく叩き付ける。思わず涙に濡れた目を剥き、えづきながら、男は苦悶の鳴き声を漏らしつつ注がれた精液を一滴残らず飲み干していく。そうしなければ更なる罰がもたらされるという事実を心と身体で覚えさせられている男は、水分と熱で外殻を溶かされた冷酷な薬品の粒が腸内で弾ける感覚と新たに詰め込まれていく粒の圧迫に苦しみながら、絶頂直前の位置で延々と焦らされている男根を苛むはち切れんばかりに溜め込まされた射精欲に理性を翻弄させられつつ、喉を鳴らして精液を大量の精液をごきゅごきゅと胃に運んでいく。
そうして放出された精液を綺麗に嚥下した男に満足げな微笑みを浮かべた男は、縄に縛られた足を掴んでいた手を離しつつ腰を後ろに引いてずるりと男根を引き抜き、背後で次の順番を待っていた仲間が男の口を犯しやすいよう右側に向かって裸体を移動させた。
涙に潤んだ視界から横にずれる形でついさっきまでくわえさせられていた男根が消え、新たな男根が口を目掛けて接近する。その事実に戦慄と恐怖を膨らませた男は、精液の香り混じりの荒く乱れた吐息を零しつつ疲弊させられた口で憎んでいた敵達に慈悲をねだった。

「もっ、ゆるじで、ゆる、ひへ……もぉ、逆らいまぜん、がらぁ! いつもみたいに、イがぜでぇ! 口じゃなくてぇ、ケツに、けひゅま○こにぃ! おひんぽ、いれで、イかひぇてぇぇぇぇっ!!」

男根の挿入を嫌がり反抗的な言葉を発した口を罰と称して男根達に痛め付けられ、男根を拒んだことへの仕置きとして尻穴と男根に絶頂を欲しがる衝動のみが際限無く上乗せされていく拷問を叩き込まれた男が、男根が抜け新たな男根が突き入れられるまでの短い時間に責めの終わりを無我夢中で懇願する。
しかし、自分の置かれた立場がまだ理解出来ていなかった愚かな男に反省を促す為の責めを残忍に注ぐ男達は、必死に鳴き喚く男の姿を無言で嘲笑いながらまだまだ終わりにはしないと伝える代わりに助けを欲していた口に次の男根を無理矢理に飲み込ませ、絶頂を求めて痛々しく震えている男根と尻穴に注ぐ生殺しをより巧みで残忍な物へと変化させてしまった。

「んぐっ、ぶむぅぅっ! んぉっ、ぐぶっ、もぉ! むぶぉぉぉぉっ!!」

どんなに誇りを捨てて恥辱のおねだりを叫んでも、男達が満足するまでこの罰は終わらない。
認めたくない現実を口と、尻穴と、自身の男根で認めさせられながら、男は罰の切っ掛けとなった強気な態度を二度と示せないよう心を粉々に打ち砕かれていき、すでに雌の悦びを深く刻み込まれていた尻穴を敵達の男根で征服される恥辱を悦んで受け入れ触られてもいない己の男根から精液を噴き出させつつ迷い無くよがり狂う淫乱へとなるよう、存在その物を惨めに、淫猥に、躾け直されていくのだった。






↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村

B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓





















関連記事
コメント

管理者のみに表示