fc2ブログ

噛み合わぬ悦びで男は異常な絶頂へと追い立てられる

2021.11.21.Sun.21:00
視界を閉ざす黒革の目隠しの下で苦しげに眉根を寄せて大粒の涙を零しながら、一人きりの部屋で男が裸体をくねくねともがかせている。黒革の本体に輪状の金属が取り付けられた開口具に施された黒色のゴム栓越しに唸り、ゴム栓に接続された細いチューブを通して口内へと少量ずつ注ぎ込まれる強力な淫薬を為す術無く嚥下させられながら、絶えず発情と淫欲が増幅し続ける地獄へと置き去りにされた男が火照りきった裸体を必死によじらせ苦悶からの脱出を試み続けている。
だが、幾ら努力を重ねても男が置かれた状況は変わらない。背にした壁へと開けられた穴に左右の手足を押し込まれ、指先から付け根までの部分とつま先から膝下までの部分を穴の内側にあてがわれたクッションで柔らかくも緩み無く圧迫された男が壁に飾られた裸体をなりふり構わずに悶えさせても、その動きは手足への縛めを振り払うことには繋がらず、意に染まぬ淫猥な興奮を強要され硬くはしたなく体積を増した乳首と男根をもどかしく振り乱すだけに終わってしまう。
どうやっても、自力ではこの淫獄からは抜け出せない。疼きに疼いている裸体をくねらせ汗を撒き散らしながら格闘を繰り返しても、男は何処にも逃れられない事実を余計に思い知らされながら慰めたくても慰められない快楽への渇望を一層強く意識させられるしか無い。
手も足も出せず、見ることもしゃべることも叶わない。湧き上がる一方の欲望に溺れて悦楽を心の底から希求しても、刺激が欲しいと喚いている乳首と男根には指一本触れることさえ出来ない。そんな生殺しの拷問の中で長時間放置され、心と身体を無慈悲に打ちのめされた男はもう、形だけの反抗すら示せない。
数時間ぶりに聞こえた複数の足音を疲弊した思考で認識し、開口具の蓋と淫薬の強制摂取の役割を担っていたゴム栓を引き抜かれた男は、目隠しを通して哀願の視線を向けながら、自分を捕らえ無慈悲な恥辱を叩き込んだ張本人である男達に対して誇りを捨てた声音と不明瞭な言葉で許しを請うた。

「おぅ、ゆる、ひへ……はふけへ、くあはい……おぅ、やら、おあひくあうぅ……っ!」

パンパンに張り詰め透明な蜜をとろとろと零している男根を主張するようにへこへこと腰を揺らし、手足を壁に埋め込まれた裸体全体でおねだりのダンスを披露しながら、男が閉じられない口で救いを望む。
荒く乱れた吐息混じりに快楽という名の慈悲を欲しながら、堕ちた男が無様に敗北色の懇願を行う。
そうして最高に愉快な陥落姿を晒す男を存分に堪能した非道な男達は、醜悪な笑みを浮かべながらあらかじめ示し合わせていた通りの順に列を作ると、一生懸命に快楽を要求する男に待ち望んだ悦びをもたらしてやった。
しかし、それはつんと尖りきった乳首を捏ね回してやる悦びではない。淫らな刺激を求めて脈動を繰り返している男根を扱いてやる悦びでもない。男達がもたらし始めたのは、延々と飲まされ続けた淫薬の力で性感帯と化した男の口内を男根で蹂躙してやる悦びだ。残忍な男達は男の口を容赦無く掘削し、口内の肉を男根で抉られる快楽だけで男を異常な絶頂へと導く責め苦を、最大限の優しさと言わんばかりに嬉々としてもたらし出してしまったのだ。

「んごっ!? もぁっ、ぶうぅぅっ!? んふっ、ぐっ……んもぉぉぉぉっ!?」

乳首と男根を苛む気が狂う程のもどかしさの影に隠れて訪れていた口内の変化を無言で侵入してきた男根に理解させられながら、男はあっという間に口での絶頂へと上り詰めさせられていく。それを嫌がり男根を舌で押し返そうとしても、口内の肉を窄めて男根をとめようと試みても、感度を高められた淫らな肉達は一層苛烈な擦り上げに否定しきれぬ至福を覚えさせられながら意図とは真逆に絶頂を自ら引き寄せる結果を生み出してしまう。

「んぐぅぅ! もっ、ぶふぅぅっ! んぉっ、も……みゅぅぅぅぅーっ!!」

逆らっても無駄。抗っても自分は、口でイかされるしか無い。
諦めと恐怖と絶望を募らせながら口を犯されつつ絶頂に向かう男のくぐもった悲鳴と、逃れられぬ裸体が硬度を増した乳首と射精を目前に迎えビクつきを激しくさせている男根を嬉しそうに跳ね回らせる光景を味わう男達は、男根に伝わる声の振動と媚肉の蠢きを愉しみ、凌辱を与える順番を待っている事実すらも愉悦を上乗せする材料へと変換しつつ、もうすぐ一回目の口での絶頂に至る男を目と耳で鑑賞し冷酷な心で滾る加虐欲を更に加速させていくのだった。






↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村

B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓





















関連記事
スポンサーサイト
コメント

管理者のみに表示