fc2ブログ

淫らな弟は己が望む形で兄に罰される

2021.11.11.Thu.21:00
足首と太ももを黒革で作られたベルトに締め上げられた足では、薄桃色をした半月状の器具の上から下りることも、その器具の上部に生えた男根型の装置に尻穴を下から貫かれた状況から抜け出すことも叶わない。黒革製の目隠しを装着されたことで視界を閉ざされ、黒革の首輪の後部と左右の手首に嵌められた黒革の枷を金具同士を繋ぐことで短く結合された少年はもはや、休み無い首振りを行う偽物の男根に体内をほじくり回される刺激に望まぬ甘い悦楽を味わわされながら、拘束を加えられていない口で誰にも届かない助けてと淫猥な悲鳴を発しつつ触られてもいない男根から精液を噴き出させ続けるしか無い。
そんな妄想に耽りながら、少年は自室に敷いた大型の吸水シートの上に設置した器具に自らまたがった裸体をくねくねと踊らせつつ何度も何度も尻穴のみでの絶頂を迎えている。本当に自由を跡形も無く奪われた状態で絶えず駆動する機械に尻穴を嬲られ続けたらどれだけ苦しく、惨めな快楽に溺れられるのだろう。自力で行うには万が一の事態に対する恐れが上回って踏み切れない被虐に思いを馳せ興奮を高めながら、淫らな少年は足に与えた拘束を軋ませ目隠しの下で眉根を寄せつつ、首輪と手枷を結合された体で頭部の後ろに運んでいる腕を心地良さげに震わせての射精に達し続けていた。

「んぁっ、ふぁ、あぅぅんっ! もぉ、やめて……許してぇぇっ!!」

ほんの少し腕を動かせば器具の側面に差し込んでおいたリモコンに手が届く事実を思考から排除しつつ、少年はどうやっても抜け出せぬ尻穴の淫獄に悶え苦しむ己を愉しんでいる。どんなに救いを望んでも慈悲は与えられない。目隠しの向こうにいる存在に哀願を放っても尻穴を蹂躙する機械はとめてもらえない。淫猥に支配された自分を空想しつつ、少年は防音が施されているのを良いことに甲高い悲鳴を欲望のままに叫び続けている。
傍から見たら異常でしかない淫蕩な遊びを幸せそうに貪る少年。自らの指や小遣いで買った淫具で毎日のように開発し、男根を超える性器へと貶めた尻穴を掻き毟られる快感に溺れながら、口にする拒絶とは裏腹な至福の思いを胸いっぱいに募らせる淫らな少年。
その自らを縛め機械を用いての自慰が、どれくらい行われた頃だろう。数えきれぬくらいに快楽を極め、男根から噴き出す液体をほとんど白が混ざっていない透明に近い物へと変化させた少年は、限界を覚えながら拘束されている設定を解いて頭部の後ろに回していた手を動かし、尻穴で暴れる淫具の駆動を停止させようとした。
しかし、その行動は予想外の力が加えられたことによって封じられてしまった。リモコンが刺さっている器具の側面に伸ばされようとしていた少年の腕はその途中で不意に襲ってきた誰かの手に掴まれ、再びさっきまで運んでいた頭部の後ろへと引き戻され、少年の困惑が戦慄へと移行する前に今度は設定ではなく本当に、首輪の後部に位置する金具と手枷の金具同士を遊び無く接続されてしまったのだ。

「ひっ、な、え……っ!? な、なんれ、どうし、て……っ!?」

幾度と無く憧れた完全拘束に怯え、声を震わせながら少年は汗と淫液に塗れた裸体を必死でもがかせる。もがいたところでこの拘束が外れる訳は無いと誰よりも知っているはずの少年は、尻穴をいたぶる淫具の責めに悦びから恐怖へと置き換わった快楽を与えられながら、無意味に裸体をよじらせ危機からの脱出を試みている。
そうして滑稽に足掻く少年をしばし満足げに眺めた存在は柔和に微笑んでいた口を開き、少年に向かって悠然と言葉を浴びせた。

「全く……全然メールに返信も無いし、電話も繋がらないと思ったら……いけない遊びを一生懸命に愉しんでるとはね。可愛い弟がこんな変態に育ってるなんて、兄ちゃん哀しいよ」
「っ!?」

今日は深夜になるまで帰ってこないと告げていた兄が、目隠しの向こうにいる。その事実を理解した少年は目隠しの内側で目を見開きつつ驚愕に息を呑んだ。
だが、すぐさま少年はいつもの調子を取り戻して兄に怒りをぶつけ出す。父の仕事の都合で離れて暮らしている両親の代わりとして保護者の立場を取る兄に対するいつも通りの反抗を、少年は手足の動きを取り上げられ視界を閉ざされた裸体を暴れさせ湧き上がる絶頂を堪えながら示す。

「うるっせ! 良いから外せよクソ兄貴ぃっ!!」

強気に喚く少年。ありとあらゆる選択肢を奪われた姿で怒気を表わし、自由を返せと要求する少年。そんな少年を弟の行為を咎める兄としての視線ではなく劣情を剥き出しにした獣の視線で眺めている青年は、ぶつけられた要求を却下しつつ抗いの手段を一つ残らず失った弟に、追い打ちの快楽を注ぎ始めた。

「駄目だ。外してなんてやらない。こんな変態弟にはたっぷりとお仕置きをしてやるよ。兄ちゃんへの口の利き方もなっていないケツだけでイきまくる淫乱弟には、きっつい罰をくれてやらないとな」
「んひっ!? ひぎぁぁぁっ!?」

愉悦に満ちた兄の言葉に意識を引き寄せられていた少年が、こっそりとリモコンに左手を伸ばし先程自身が行おうとしていた物と真逆の操作を行った兄の思惑通りに尻穴を串刺しにしている淫具の駆動を最大へと引き上げられ、いきなり数倍に膨れ上がった快楽で限界となるまで自ら甘く苛め抜いた裸体を容赦無く翻弄されていく。
けれど、兄は少年をまだ許さない。自身のペースで得る仮初めの拘束と凌辱が霞む程の抗えぬ至福に心と身体を揉みくちゃにされている弟を優しく残酷に鑑賞する兄は、何も吐き出せないまま痛々しく脈動し続ける小ぶりな男根をリモコンから離した左手で包み込み、逃れようと悶える上半身を右手でやすやすと抱き寄せながら、兄弟という関係をかなぐり捨てた人道に反する調教宣言を交えつつ、喉が破れんばかりに鳴き喚く口を己の唇で塞いでしまったのだ。

「本当はずっと、こうやって誰かに苛めて欲しかったんだろ? 自分じゃ出来ない形で身動きを封じられて、好き勝手に弄ばれたかったんだろ? 兄ちゃんがその通りにしてやるから、○○は全部兄ちゃんに任せてイきまくってな。もう二度と自分でお尻を苛める変態になんてならないようこれからは兄ちゃんが相手をして、満足させてやるからな、○○?」
「んうぅ! あむっ、むちゅ、ふぅぅぅんっ!!」

尻穴をめちゃくちゃに抉られ、精液を吐き出すこともままならなくなった男根を兄の左手でちゅくちゅくと扱かれ、兄の口に全ての喘ぎを吸い取られる状態へと追いやられた少年は、もう限界だと認識していたはずの思考で否定しきれぬ程に大きな気持ちいいと幸せを募らせ、兄への反発を作っていた偽りの思いを素直な兄への愛しさに塗り潰され、いびつな欲望を知られてはいけない、兄の人生を邪魔してはならないと押し込めていた大好きのままに口内に侵入した兄の舌に己の舌を絡めつつ、夢にまで見た兄の手で一方的に辱められ痴態をさらけ出される悦びを、自分が願う形で自分を欲してくれていた兄に嬲られる快楽に溺れながら、夢中で噛み締めていくのだった。






↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村

B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓





















関連記事
コメント

管理者のみに表示