fc2ブログ

残忍なブラシで男は磨かれ悶え狂わされる

2021.11.09.Tue.21:00
柔らかな毛を先端に有した丸い回転ブラシが、自身と壁を繋ぐアームから供給される電力を用いて延々と駆動を繰り返している。
アームの内側に仕込まれたチューブから少量ずつ染み出す無慈悲な薬品で先端の毛をじっとりと湿らされたブラシは巧みに緩急を付けた回転を延々と行い、何処にも逃れられぬ男の裸体を容赦無く追い詰め、残酷に悶え狂わせていく。
そんなブラシの責めから抜け出したくても、男は抜け出せない。ブラシを携えたアームを出現させている小さな扉がある物と同じ壁に背中を密着させられ、両手両足を金属製の器具で厳重に縫い付けられた男が苦悶に満ちた悲鳴を発しながらX字に引き延ばされた裸体を必死で暴れさせても、男はブラシがもたらす地獄はおろか自由を奪われた事実からも離れられはしない。
身動きを完全に封じられ残忍な責めに放置された男は、誇りを捨てて紡ぐ哀願を無視して動き続けるブラシが味わわせてくる異常な悦楽にただただ翻弄されながら、意に染まぬ絶頂を何度も何度も迎えさせられるしか無い。
塗り込まれた箇所に気が狂う程の疼きと淫らな感度の上昇を引き起こす液体媚薬をたっぷりと含んだブラシで丁寧に毛を処理された無防備な腋を執拗に磨かれている男は、本来快楽とは程遠い箇所で覚えさせられる暴力的な快楽に為す術無く鳴き喚かされながら、普通とはかけ離れた絶頂を強要され続けるしか無いのだ。

「あがっ、ひっ、おぉぉぉぉんっ! はっ、はひっ、ほぉぉぉぉっ!!」

痛々しく見開いた目から大粒の涙を零し、引き結ぶ力さえも失った口から甘く歪んだ絶叫を部屋中に響かせながら、四肢を縛められた裸体を痙攣させつつ男がまた、腋だけでの絶頂に上り詰めさせられる。勃起したまま萎えることも許されない男根が、大きく行動を制限された男の裸体の跳ねに合わせて上下左右に揺れながら白色の薄まったほぼ透明に近い精液を噴き出させる。
だが、男への責めはとまらない。達した男のことなどお構い無しに駆動するブラシは、拘束の範囲で可能な限りに身悶える男を追いかけつつ快楽を極めたばかりの腋を媚薬を吸った毛で摩擦していく。
すでにイきっぱなしの腋に残忍な追い打ちを仕掛けられている男は、我慢という概念さえ挟めぬまま恐怖と戦慄を抱かされつつ新たな絶頂へと追い詰められていくしか無い。あらゆる尊厳と誇りを忘れた声音で許しを請うても停止してくれない無感情なブラシに腋を嬲られている男は、断続的に襲い来る絶頂に苛まれながら、理性と正気を洗い流されていくしか無いのだ。

「うぁっ、あぉぉぉぉんっ! もぉ、やら、わきりゃめ! もぉ、ゴシゴシ……ゆりゅじでぇぇぇぇーっ!!」

一際甲高い嬌声を発し、無意味と知っているはずの懇願を無意識で口にしながら、男が十数度目の絶頂に至った。
それは、とうとう訪れた限界を越えた絶頂で。男は自覚すら無いままに男根から透明な蜜すら放出しない不完全な絶頂に上り詰め、解放感が無い故に長く鈍く続く絶頂で生まれるより濃密な淫獄に喘ぎ苦しみ、射精無しの絶頂を経ることを起動条件としていた冷酷な責め苦の上乗せを引き寄せてしまった。

「んひっ、ほ、ひぃぃっ……!?」

生まれて初めて経験した射精を伴わない絶頂に意識を朦朧とさせていた男は、これまで聞こえていなかった機械の音を耳にして仰け反っていた頭部を下に運び、追加で壁に現われた扉から登場した回転ブラシ達に、霞む思考と視界でも左右の乳首を狙って移動していると理解出来るブラシ達に意識を甘い高揚から引き戻され、これから始まる拷問に打ちひしがれた。

「いっ、いや、やりゃ、りゃめぇぇ! ちっ、くびぃ、やめへ……だじゅ、げで……っ!!」

腋だけでも精液を全て絞り出されるくらいにイかされてしまったというのに、乳首まで責められたら。容易に想像が付く淫蕩な展開を恐れる男が震えた声で助けを欲しても当然、乳首に迫るブラシはそれを無視して距離を淡々と詰めていき、また高まり出した腋での絶頂とあまりの絶望に無駄な哀願さえ示せなくなった男に更なる淫獄を叩き込む為にはしたなく充血し尖りきっていた乳首を乳輪ごと包み込み、腋をいたぶる物と同じように非道な淫薬に濡れた毛を躊躇い無く回転させていくのだった。






↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村

B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓





















関連記事
スポンサーサイト
垂れ目が超かわいい彼氏持ちJDを寝取り孕ませ「ぴーたんごめんね♡おじさんの生チンポ入れてごめんね♡おじさんに中出しされちゃう悪い子です♡おじさんに孕まされちゃってごめんなさい♡」
[PR]

コメント

管理者のみに表示