fc2ブログ

固められた少年達は台の上で淫欲に狂わされる

2021.10.15.Fri.21:00
内側に柔らかなクッションがあてがわれた金属製の器具達によって、少年達の裸体は無様極まりない四つん這いの体勢からどう頑張っても自力では離れられないよう四角い箱状の台の上で身動きを完全に封じられてしまっていた。
どんなに手足へと力を込めても、全ての指と甲の部分を台へと縫い付ける頑丈な金属は振り払えない。なりふり構わずに身をよじらせても、手首から二の腕までの範囲と足首から太ももまでの範囲を檻のように組み込まれた金属に隙間無く囲われている状況は覆せない。手足と同じように胴体を囲い、頭部全体を包囲している金属からの脱出を求めて必死に全身を暴れさせても、過剰なまでの金属に閉じ込められた華奢な五人の裸体はそれぞれにあてがわれた五色の台の上で丸出しの恥部を揺らすことにも繋がらない無に等しい身悶えしか行えない。
全身を容赦無く縛められ、五人並んで台の上に陳列された惨めな少年達はもう、何処にも逃れられぬまま無慈悲に注がれる悪意にただただ翻弄されるしか無い。誇りであった自身のヒーロースーツと同じ色をした台の上に飾られ、無力化された裸体を憎い敵達の見世物に貶められてしまった哀れな少年達はもはや、言葉と舌噛みを禁じる為と称して太く長い棒を喉近くまで飲み込まされた口から苦しげな唸りを発しつつ、無理矢理に押し込まれた口枷全体から絶えず染み出す淫猥な薬品の効果で引き起こされた意に染まぬ発情に狂う様を鑑賞されるしか無い。
手も足も出せず、恥を捨てた哀願さえも紡げない。そんな絶望的な格好に追いやられた少年ヒーロー達は、強制的に嚥下させられる淫薬の力ではしたなく変化した無防備な裸体を好き勝手にあらゆる角度から堪能されるだけの滑稽その物な娯楽として、敵対していた憎い悪の組織の男達の目と耳を悦ばせる役目を全うさせられるしか無いのだ。

「あむ、んもっ……ふぶ、おむぅぅ……っ!」
「んごっ、んぎゅぅっ。ふぅ、ふむっ、ぶぐぅぅぅ」

気持ち良くなんてなりたくない。硬く張り詰めた幼い男根を襲う疼きから目を逸らして渇望を否定しても、肉体の奥から延々と湧き上がる淫欲は抑えきれぬ気持ち良くなりたいの本音を五人に思い知らせ続ける。
その本音に心を挫かれ、正義の自覚を失った気持ち良くしてくださいのおねだりを棒に塞がれた口で発してみても、台の上で苦悶する自分と仲間達を余裕たっぷりな悠然とした態度で眺め残忍に微笑んでいる悪の男達は幾ら一生懸命におねだりを繰り返しても気持ち良くはしてもらえない事実を、爆発しそうなくらいに張り詰めている男根から精液を放出させてはくれないという絶望の事実を五人に理解させ、一分一秒ごとにより濃い戦慄と恐怖を味わわせていく。

「うむっ……むぐぅぅっ! んふっ、むぶっ、んもぉぉぉ……っ!!」
「あぐ、も、ぼぉぉんっ……うぅぅ、ふむっ……うっぐぅぅぅっ……!!」

悲痛に見開いた目から大粒の涙を零して鳴き喚き、誰に向けるでもない助けてを叫んでも当然無駄で。悪の手に堕ちた五人の少年ヒーローは正気を削るくらいに苛烈な射精欲に嬲られている男根を小刻みに震わせ、尻穴と乳首をヒクヒクとみっともなく蠢かせながら、全員の自我が崩壊し快楽をねだること以外何も考えられなくなるまでの過程を指一本さえ思い通りに動かせなくさせる拘束と生殺しの淫獄を与えた悪達に提供させられ続けていた。






↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村

B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓





















関連記事
スポンサーサイト
[PR]

コメント

管理者のみに表示