fc2ブログ

全てが陥落するまで男達は無慈悲にいたぶられる

2021.10.01.Fri.21:00
床へと直接固定された箱型の機械から伸びた棒の先にある男根を模した極太の張型は、無防備な尻穴を奥深くまで貫いた状態で微弱な振動を繰り返し腸壁全体に小刻みな刺激を延々と注ぎ続けている。同じ機械から伸びた数本のコードと繋がっている黒いラバーで形作られた特注の器具は丸出しにさせられていた男根を隙間無くぴったりと包み込んだ上で内蔵された薄いシート状の機械を緩く振動させ、内部に閉じ込めた男根に射精に至ることも萎えることも認めない生殺しの甘い地獄を休み無く味わわせている。
その、出口の見えない淫らな責め苦から逃げ出したくても、男達の裸体は何処にも逃げられない。左右の手首から肘にかけてを幾本もの黒革ベルトを用いて床へと縫い付ける拘束によって腕の自由を奪われ、恥部をもどかしくいたぶる機械を挟む位置で左右の足首から膝までの部分に腕と同じベルトの拘束を加えられた男達は、どんなに手足に力を込めようとも溜まる一方の淫らな欲望から脱出する以前に惨め極まりない四つん這いの格好から離れることさえも許されない。
四肢の動きを封じられ、あらゆる選択肢を没収された男達はもう、物足りない刺激を容赦無くもたらす尻穴と男根の責め具をあてがった残忍な男の思惑通りにイきたくてもイけない苦悶に心と身体を狂わされるしか無い。尻穴を満たす醜悪な張型を引き抜くことを不可能にされ、自身の男根に合わせて作製されたラバー製の器具を振り払うことも叶わない男達はもはや、黒革の目隠しの下で苦しげに眉根を寄せながら涙を零し穴の開いた黒のギャグボール越しに泡立った唾液と悶絶の唸りを噴き出させる情けない様子を、自分達を捕らえた非道な男に嘲笑われつつ悠然とした態度で二人仲良く堪能されるしか無い。
敵の手に堕ち、視界と言葉と身動きを制限され、絶頂に至る寸前を常に維持する残酷な機械に翻弄されている男達は、決して自力では手繰り寄せられぬ快楽の極みを欲して理性と正気を失っていく己と仲間の姿を、無慈悲な敵の男を悦ばせる見世物として扱われるだけの無様な存在でしか無いのだ。

「うむっ……ふぶぁ、うぅぅっ……ひあ、へへ……おう、いはへへぇ……っ!」
「おえ、がい……いひはいぃ……はふ、へへ……ひゅる、ひへぇ……!!」

言葉にならぬ怒りを紡ぎ憎悪を鋭く飛ばしていた二人の塞がれた口は、反抗の意思を完全に失った絶頂をねだる不明瞭な哀願をなりふり構わずに発している。溜めに溜め込まされた射精欲の解放を本能から希求している哀れな男達は、正面で真紅の一人掛けソファーに座ってくつろいでいる男に尖りきった乳首がぷるぷると揺れ動く様子を晒しながら、四肢を縛められているとはとても思えない勢いで腰を振り過剰なまでに蓄積した淫らな熱をわずかでも逃がそうと試行錯誤を行っている。
そんな羞恥の感情を忘れ去った滑稽極まりない痴態を目と耳で鑑賞しながら、二人を捕らえ生殺しの淫獄で一方的に弄んでいる男は、笑い混じりの声で誇りを捨てて寄せられたおねだりを却下する返事を口にした。壊れかけの二人を打ちひしがせ、崩壊の速度を引き上げさせる為にだ。

「駄目だよ、二人共。私の組織を嗅ぎ回った罰として、おかしくなるまで射精無しの気持ち良いお仕置きをするって最初に言ったでしょう? まだまだ、許してなんてあげないよ。早くイかせて欲しいなら、さっさとおかしくなっちゃいなさい。おかしくなったらすぐにイかせてあげられるよう私はここでずっと見ててあげるから……遠慮なんてせずに、早く狂っちゃいなさい」
「えやぁ、ひやぁぁ……っ!」
「はひゅ、へへぇ……! いあへへ、おぅ、ひゅるひへぇぇ……っ!!」

心と肉体だけでなく、全てが陥落するまでこの苦しみは終わらない。初めに伝えられた事実を改めて伝えられた男達は絶望を再認識させられながら無意味と承知で汗塗れの裸体をくねらせつつ四肢を床に繋ぐベルトを軋ませ、ギャグボールを噛まされた口で許しを請い、全身から汗を撒き散らし閉じられぬ口からだらしなく唾液を垂れ流す光景で、自分達の支配者となった冷酷な男の醜悪な興奮を余計に加速させてしまっていた。






↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村

B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓





















関連記事
コメント

管理者のみに表示