fc2ブログ

男達は解放された恥部同士で無慈悲に嬲り合わされる

2021.09.13.Mon.21:00
男達の足は、つま先から太ももまでを覆って遊び無く締め上げる黒革製の拘束具によって左右を密着させられ、動きを大きく制限されてしまった。男達の腕はそれぞれ形状の違う黒色の拘束服によって厳重に縛められ、片方は自らの胴体を抱き締めているような位置から、もう片方は背中で左右の肘から先を重ねさせられた位置から動かせないよう、自由を奪い取られてしまった。
手も足も使えない。そんな格好に追いやられた無様な男達は、すぐ近くにいる仲間を助ける試みさえ満足に行えぬまま、自分達を拉致した男達が与えた淫猥な器具がもたらす責め苦に翻弄されるしか無い。男根を模した張型を喉近くまで飲み込まされ、張型の底に取り付けられた黒革の板に口周りを包囲されてしまった男達は、言葉にならぬくぐもった悲鳴を二人仲良く発し唯一の呼吸孔にされた鼻を間抜けに鳴らしながら、自力では下りることさえも不可能にされたベッドの上で望まぬ快楽の苦悶によがり狂わされるしか無い。
拘束服の背面から伸びた鎖の先にある釣り針状の器具を無防備な尻穴へとねじ込まれ、左右の足を一まとめにする器具の太もも部分に固定されたリモコンからの指示と電力を受けて絶えず振動を繰り返すベルト状のローターを男根の根元と亀頭のすぐ下に巻き付けられた男達は、恥部を嬲る無感情な機械達が作り出す甘く苦しい拷問に為す術無く苛まれながら、仲間と共に意に染まぬ悦楽に屈した射精へと追い立てられるしか無いのだ。

「んっ、んぐっ、むぅ、むぎゅぅぅ!」
「ぶーぅっ! ふっ、ふぎゅ! ぶみゅぅぅぅっ!!」

自分達を捕らえた者達の手で無理矢理に勃起させられ、そこから萎える暇も認められずに精液を延々と絞り出されている男根が苦しい。特に過敏な前立腺の付近を狙っているかのように抉る淫らな釣り針の攻撃を加えられている尻穴が、憎い敵達の指で丹念に解されていた時の嫌悪を跡形も無く忘れさせられその全てを雌の至福に上書きされた尻穴が、休み無く屈辱と恥辱と否定しきれぬ愉悦の感情を男達に味わわせていく。
これ以上快楽を注がれたら、理性が砕ける。甘い陥落に恐怖しながら、男達はわずかに開くことも禁じられた足とそれぞれ違う形に固められた腕に力を込めて必死にもがき、淫獄からの脱出を手繰り寄せようとベッドの上でのたうち回る。
もちろん、そんなことをしても男達を淫猥に叩きのめす機械達は振り払えず、逃走を制する器具達から抜け出すことも叶わない。
幾らじたばたと暴れ回っても、男達は尻穴をほじくる釣り針の不規則な動きと執拗に射精を強いられ過敏になった男根がベッドや仲間に擦れるという刺激に追い打ちの快感を覚えながら、どうやってもこの状況から脱せない絶望の事実を嫌でも思い知らされていく。

「うぐっ、むぅぅぅ! ふぅ、んふっ……むぉぉぉんっ!」
「むっ、ぶむぅぅ……んむ、うぅ! ふぎゅぅぅぅっ!!」

もうイかされたくない。吐き出す体液に混じる白の量が著しく薄まった男根を痛々しく脈打たせながら、誇りを捨てた哀願を募らせる男達が裸体を生き物とは思えない勢いで跳ね回らせる。
下手に動いたら尻穴に余計な悦びを送ってしまう。疲弊した思考でも把握しているその事象を拒む方法を保てなくなった哀れな裸体が痙攣する度に、男達が見開いた目から大粒の涙を溢れさせ、くぐもった絶叫に滲む崩壊の色を濃く強めていく。
だが、男達への残忍な責めはまだまだ終わらない。一時間ぶりに二人を監禁した部屋へと戻り、たったの一時間で滑稽なまでに乱れきった男達を目にして醜悪な微笑みを浮かべた非道な男達は、怯えと戦慄と乗せた視線で許しを請う二人の意思を嘲りながら、プスプスと鼻息を立てて抗う男達に最後の仕上げの準備を施し始めた。

「んぶっ!? むぐぅぅぅっ! おぶ、むぉっ! んぅぅぅーっ!!」

数人がかりでうつ伏せに寝かされた左右の腕を胴体の前で拘束されている男は、尻穴の器具と拘束服を繋ぐ鎖を手早く外され腸内をいたぶり続けた器具を躊躇い無く引き抜かれる感覚に、困惑と快楽が混ざり合った叫びを上げた。

「ふぅっ! んー! んもっ、うぶふぅっ……!」

仲間とは逆に腕を背中で縛められている男は、男根を震わせていたベルトと太もものリモコンを外される際の衝撃で新たな絶頂に至りながら、仰向けでベッドに押さえ付けられた身体を情けなく仰け反らせほとんど透明に近い淫蜜をようやく機械から解放された男根から弱々しく滴らせた。
腕を真逆の位置に縫い付けられ、仲間とは別の淫具を取り外された男達。そんな男達が見せる愉快な憔悴姿に歪んだ興奮と劣情を加速させた残酷な男達は、逆らおうとする二人の身悶えをあっさりと無力化しつつ、二人に真の淫獄を与え出した。
それは、淫具から解放させた片方の男根で、もう片方の淫具から解放された尻穴を犯させる淫獄。奥深くまで男根を挿入させた後でお互いの拘束を厳重に結合し、仲間同士での交尾の状態から逃れることを封じる淫獄だ。

「んぎゅっ!? むぉ、んー! ふっぶぅぅぅぅ!!」
「おぐ、もあぁっ……んぶ、むぅぅ……っ!」

敵達の意図を察し、拒絶を表わしながら一心不乱に足掻いても、仲間に覆い被さられた男と覆い被さった仲間の尻穴に男根をねじ込まされた男達は離れられない。
意識が朦朧とする程の息苦しさを感じながら喚き、めちゃくちゃに肉体をよじらせても、男達は自分と仲間の拘束を執拗に結んでいく敵達の手を煩わせることさえ出来ない。
腹側を下にして縦一列に肉体を重ねさせられた惨めな男達はもはや、快楽を散らす為の身じろぎさえ思い通りに紡げなくされた自分達の拘束を念入りに確認し終え黒い笑みを寄せながら監禁部屋を去って行く敵の男達の背に、聞き入れられぬ助けての絶叫を飛ばすこと以外、何も出来はしないのだ。

「ふぎゅぅぅぅぅーっ!! んっ、もぉぉっ! あおぉぉぉぉーっ!!」
「うーぅっ! んまっ、むぶぁぁぁっ!! ふーっ! んぎゅぅぅぅっ!!」

どれだけ叫んでも、敵達は立ち止まる気配すら無い。その情報に打ちひしがれ、壊れかけの心に一際大きなひびを走らせながら、敵の手に堕ちた男達は仲間の中で男根を震わせ自身の腸壁で震える男根を無意識に締め付け、取り外されずに残された淫具の責めとは大きく違う鋭敏な肉同士が触れ合う淫蕩な幸福に、絶望の現実から目を逸らすかの如く早くも溺れ始めていた。






↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村

B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓





















関連記事
コメント

管理者のみに表示