FC2ブログ

重みの淫獄に捕虜は苦しむ

2013.08.05.Mon.00:12
王族が住む宮殿の地下。薄暗い石造りの空間。
そこにある牢獄の鉄格子の中に、一人の男がいた。その男は、苦しげに息を吐いていた。

「ふぅ、ふぅぅ…」

噛まされた布に歯を立てて、男は呼吸をする。口の縛めを解きたくても、手の自由を奪われていてはどうしようもない。
男は今、全身を赤い縄で縛られ、抵抗を封じられていた。

服を脱がされ、手は背中に捻り上げた状態で腕を拘束する縄と繋がれている。足は足首と太股、膝の近くを足を折り曲げた形で固定するように縛られていた。しかも、拘束はこれで終わらない。
手と足に巻き付けられた縄に別の縄を繋がれ、男は頭を上にして、天井から赤縄で彩られた裸体を吊り下げられてしまったのだ。足を大きく開き、もがけばもがく程男の肌に縄が食い込むように。

惨めな裸体を隠す事も出来ず露出させられる屈辱。その屈辱を増長させる、アナルに与えられている性拷問。
男のアナルには、アナルパールと呼ばれる、大きな数珠玉が連なったような淫具が押し込められていた。

「はぐ…ふぅ」
「どうだい、兵隊長さん。メス扱いされる気分は?」

牢獄の中で男を観察していた人物、男にとって敵国の軍人が男をあざ笑った。
男の身分は、兵隊長。今いる宮殿の国と争い、部下を守る為に捕虜となり…現在、予想もしなかった激しい性の責め苦に身悶えている。

「アンタのケツ穴、まだまだ重みに耐えてんなぁ」
「ふぅっ」

男のアナルに挿入されたアナルパールには、抜く時に指をかけるリングが付いている。吊られて、足を開いて晒し物にされているアナルから、リングだけが外に出ている状態で、敵国の男はリングに重りを吊り下げていた。
その重りは責めを下す男の気まぐれで少しずつ増やされていき、嬲られる男はパールが抜け落ちないよう、必死で腸内に力を入れ、中の淫具を絞め付けていた。

本来ならば、こんな玩具など一刻も早く体外に排出したかったが、それを許さない条件を敵国の男は出した。
抜け落ちたら、更に激しい性拷問を与える…と。

最初の内は、弱みを見せまいというプライドでアナルパールをくわえていたが、今ではもうそんなプライドも無く、より強い責め苦から逃れたいが故に男は尻に力を込めていた。
だが、長く続いた刺激で、次第に淫具を重みに逆らって絞め付ける事は難しくなっていく。加えて、強く絞め付け過ぎると逆に感じて力が抜けてしまい、男は体力も精神もじわじわと削られ、淫獄へと囚われていく。

「んじゃ、次は一気に重さを上げてみようか」
「ふぐっ!?」

取り出された重りを見て、吊られた男は驚愕した。
今まで吊られた重りは大きくてウズラの卵程度の物だった。しかし、今度は違う。明らかに違う。
今出されたのは砲丸投げに使う鉄球くらいの大きさをしており、重量は一キロは軽く超えるだろう。

そんな物をアナルの淫具に吊るされ、手を離されたら。絶対にパールを腸内に保つ事は出来ない。
どんなに拒んでも、嫌がっても、アナルパールはいっぺんに抜けて男の内壁を一息に擦っていく。

「う、うぅ…」

絶望の未来が容易に想像出来て、男は怯えで縛られた身体を震わせた。もちろん、そんな反応でやめてやる程お人よしな相手なら、始めから残酷な性拷問などしたりしない。
何の躊躇いもせずに敵国の男は鉄球を淫具に繋ぎ、手を離した。支えを失った重み全てが、男の尻穴にかかる。

「うぅ! んおぉぉぉーっ!!」

何とか留めようとアナルに意識を集めたら、摩擦での刺激をより過敏に受け取ってしまい、男は縄を軋ませ喉を反らせて喘ぐ。それと同時に、ペニスからは小さく先走りが噴き出した。
アナルを容赦無く抉られるのは当然だが、腕にきつく食い込む縄も、排泄に似た恥ずかしい淫具の強制排出を視姦されているのも、もはや男にとっては快感だ。快感だと思わないと気が狂うくらいの恥辱が、男を襲っているのだ。

「おぅ! おふぅぅ…!」
「あらら、抜けたらお仕置きって言ってたのに、抜けちまったな」

ぶぽんっ! と大きな音を立てて抜け落ちたアナルパールと涙を流す男を見下し、敵国の男は別の道具を取り出した。それは、塗り薬のチューブ。中身を指に出した男は少し屈み。
まだヒクヒクとヒクついている男のアナルに、その薬を塗り込め始めた。

「んぉ!? おふっ?」
「ん? あぁ、これは催淫剤だ。塗られただけで淫乱で従順な犬になれる、アンタにお似合いの薬だよ」

説明を聞いて吊るされた身体を暴れさせる男だったが、身体は虚しく前後に揺れ、手足は自由になるどころかより縄が食い込む事で自由を奪われていく。
何も抵抗出来ず、身悶える事しかない男に、敵国の男は言った。

「アンタは王のペットとしてこれから生きるんだ。その為に、アンタには全ての命令に従って、服従する事を教え込んでやるよ…」

塗られた薬が効き始め、またアナルをヒクつかせる男。
その表情にかつて兵隊長であった勇ましい男の姿は無く、快楽に溺れつつある表情を、憎いはずの男にただただ侮蔑され続けていた。







↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村
blogramで人気ブログを分析


↓こちらもよろしければ応援クリックお願いします↓

























関連記事
スポンサーサイト
[PR]

コメント

管理者のみに表示