fc2ブログ

少年達は白く淫猥に染め上げられる

2021.08.02.Mon.21:00
二の腕から先を覆い左右の手に指の使用を禁じる機構を備えた黒いラバー製の手袋を嵌められ、背中で重ねさせられた肘から手首までの部分をきつく括る縄と二の腕同士を遊び無く結合する縄を与えられた少年達の腕は、望む行動を何一つとして行えない。腕を包む物と同じラバーで作られたつま先から足の付け根までを覆う衣装を着せられ、足首同士をすね同士、そして太もも同士を密着させる縄を施された上で太ももの縄と二の腕を縛る縄を後から足された縄で短く繋がれた少年達の足は左右を離せず、伸ばしきることすら許されない状態へと追い込まれてしまっている。
こんな手足では、何処にも逃げられない。視界を閉ざす黒革の目隠しを毟り取れず、口を塞ぐ強力な粘着テープも引き剥がせず、背後にいるもう一人の拘束を解こうともがくことさえままならない。お互いに装着された黒い首輪の後部に位置する金具を鎖と南京錠で結わえられ、その首輪同士を結わえる鎖をベッドの真上に取り付けられたフックによって緩く吊り上げられた二人はもう、惨めな体育座りの体勢から抜け出すことさえ叶わない。
ありとあらゆる形で身動きを封じられ、自由を削ぎ落とされた少年達はもう、自分達をこの立場に追いやった者達の思い通りに辱められるしか無い。
憎き悪に敗北し没収されたヒーロースーツの代わりに拘束を纏わされた無様な少年達は、非道な敵達を愉しませる娯楽として好き勝手に弄ばれるしか無いのだ。

「んっ、んむっ、ふむぅぅっ!」
「うー! んっ……むぐぅぅんっ!!」

閉ざされた口でどんなに騒いでも、ここが悪の本拠地である以上助けは来ない。ぴったりと左右をくっつけさせられた太ももの裏側に露出させられている幼い男根を甘くいたぶる黒色をしたベルト型のローターの刺激を拒絶したい一心で仲良く暴れてみても、二人は自分を観察している悪達の目を余計に悦ばせる無様な足掻きを晒すだけに終わってしまう。
どうやっても、敵に支配された状態から脱出出来ない。真後ろにいる仲間と共に必死で縄との格闘を繰り返しても、少年達は男根を嬲る残忍な機械を振り払えない。
様々な選択肢を潰され、悪達の都合の良い結果しか生み出せない姿に変えられた滑稽な少年ヒーロー達はもはや、淫具の責めに屈して射精へと至る様を余すところ無く堪能される道しか残されていない。自分達の淫らな悶絶を目と耳で味わいつつ自らの男根を扱く悪達の意に沿った絶頂地獄へと追い立てられながら全身を悪達の精液で汚し抜かれる屈辱と恥辱に満ちた道以外、二人にはもう選び取れはしないのだ。

「んぶっ、むぅぅんっ! んぐ、むぶっ……ふぅぅぅんっ!」
「うぐ、むぶ……んむぅぅ! うぅ、ふぅ……もっ、ぼぉぉ……!!」

白濁が付着した目隠しの下で苦しげに目を剥き、嫌でも呼吸の度に淫臭を吸入させられている鼻をピクピクと震わせ、誰にも届かぬ哀願の意思をテープ越しに放ちつつ悪達と自身が放出した淫液に塗れた肉体を虚しく悶えさせる少年ヒーロー達を眺めながら悪達は一切の慈悲を見せずに二人を燃料とした自慰を何度も何度も行い、気高きヒーロースーツでは無く大事な部分は全く守ってくれない淫猥な衣装と拘束を着せられた少年達に向かって協力して淫液を浴びせていき、反抗的な表情を浮かべていた顔を、自身や部下達を打ちのめした手足を、肌に吸い付くヒーロースーツを押し上げ誘うように自己主張していた慎ましい乳首やイき地獄に陥っている男根を、白く淫猥に染め上げていくのだった。






↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村

B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓





















関連記事
スポンサーサイト
【個人撮影】「ぐちょぐちょにしてあげる♥」嬉しそうに乳首責め&亀頭をこねくり回してくるパイパン美ボディな小悪魔JDをハメ撮り! 新婚妻寝取り流出 *乳大量噴射
コメント

管理者のみに表示