FC2ブログ

逃げようとした子には見せしめのお仕置きを

2014.01.25.Sat.21:00
「あぁ! ん、あぁぁ…っ!!」

豪邸の一室、シャンデリアが照らす部屋で。
一人の少年が床に置かれた拘束台の上に仰向けに寝かされ、大の字で手首、足首、肘、膝、腰を固定され甘い悲鳴を上げていた。

「たすけ、へ…んうぅ! ゆるひてくらひゃいぃっ!」

泣き叫んで許しを求める少年を、豪邸の主である男が小さく笑って悠然と眺めていた。
そして支配する男と、身悶える少年の様子を、部屋の檻に入れられた裸体の少年達が首輪と棒の口枷を嵌められた姿で、心配そうに眺めていた。

「駄目だよ。逃げだそうとした悪い子には、たっぷりとお仕置きをしないとね」
「うあぁぁぁんっ!」

お仕置き、と口にしながら、男は手にしたリモコンを操作する。すると、少年の身悶えが激しくなり、少年を責めていた淫具の音が強くなった。
乳首に貼り付けられたローターと、開かされたアナルを出し入れして掻き回す電動のアナルバイブ。その二種類の淫具の音が。

「ごめ…なさっ! もぅ、にげませんっ! だから、らからあぁ!!」

必死に拘束を外そうともがき、憐れな肉体をビクビク痙攣させる少年の痴態に男は愉しそうに笑い、ファー付きのスリッパを脱いだ右足で、勃起している少年のペニスをやんわりと踏み付けた。

「あぇぇぇっ! りゃめ、りゃめぇぇ…っ!!」

舌を突き出して仰け反り、手足の拘束具を鳴らす少年のペニスは、今にもイきそうに熟して透明な先走りを零していた。
しかし、イく事は出来ない。どんなに望んでも、射精は叶わない。
残酷な責め具が、それを封じてしまっているからだ。

「イきたいかい? 惨めに射精したいかい?」
「した、いれふぅっ! んあぁ、ぐりぐりしちゃらめぇぇぇんっ!!」

男の右足がゆっくりと円を描き、少年のペニスを刺激する。
決して痛みを感じない強さでの責めだが、イけない状態では解放されない射精感に断続的に襲われる性拷問となり、少年は小刻みに蠕動しながら、狂ったように哀願を続けた。

「可愛いおねだりだけど、これはお仕置きだから射精はおあずけだよ」
「あぅっ…そん、なっ」

足が離れたのに、非情な宣告をされて少年は泣きそうな表情になる。
それでも諦めきれずに、再び懇願をしようと開かれた口に、突然布が詰め込まれた。

「うぅ!? んぅ…むぅ!」
「はい、鼻も塞ごうね」

口に詰め物を施した男は、愉しそうに大きめの白い布を取り出し、少年の鼻と口を塞いで後頭部に硬く結びつけてしまった。

「ふぅ…んむぅ…!」

真っ赤な顔で苦しげに呻く少年。その少年に向かって、男は檻の中にいる少年達にも聞こえる音量で告げた。

「明日の朝また来てあげるから、それまでしっかり反省しなさい。他の子は、逃げようとしたらこうなるって事をよく見ておきなさい」
「うぅ!? んっ、うぅーっ!」

ただでさえイきたくて堪らないのに、朝まで放置される。それも、何人もの少年が檻の中で見ている、そんな状況で。
アナルをほじられ、乳首を振動で抉られながら少年はなりふり構わず叫び、もがき、男を呼んだ。

「じゃあ、また明日」

しかし男は哀しい叫びを完全に無視し、無慈悲に部屋を後にしてしまった。

「うぅ、んうぅ!」

残されたのは、お仕置きされる少年と、檻にいる少年達。

容赦の無い性拷問に唸り声を上げる少年を朝まで見せられた少年達は、男への服従を強い物にし。
性拷問を受ける少年は二度と逆らわない程の強固な服従を、全身の細胞に植え付けられていく。

豪邸の一室には一晩中お仕置きによる甘い鳴き声が響き、分泌された淫液の匂いが熱気とともに満ちていくのだった。





↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村
blogramで人気ブログを分析


























関連記事
スポンサーサイト
[PR]

コメント

管理者のみに表示