FC2ブログ

頭を垂れるまで男達は淫らに憔悴させられる

2021.06.17.Thu.21:00
言葉を奪い舌を噛むことを禁じる黒いギャグボールの穴から飲み込めない唾液を飛ばしつつ、男達は悔しさと怒りを乗せた唸りを発しながら暴れ続けた。左右の腕を背中で伸ばしたままの状態に固定しているアームバインダーの指先部分にあてがわれた丸い金具と背にした壁に打ち付けられている丸い金具を繋ぐ南京錠を鳴らしながら、男達は棒の両端に黒革の枷が取り付けられている器具によって閉じられなくされた足に力を込めて裸体をくねらせ、捕らわれた事実と淫らな辱めから抜け出そうと試み続けた。
しかし、頑丈な拘束は男達の必死さとは裏腹に外れる気配すら見せない。逞しく鍛え上げられた筋肉質な裸体を幾らよじらせても、男達は何一つとして拘束を振り払えない。
閉じ込められた地下牢からの脱出はおろか、壁に繋がれた状況を覆すことすら叶わない男達。遠くに見える鉄格子との格闘以前に、自身と仲間を縛める拘束との格闘にすら勝てない惨めな男達。そんな男達はもはや、どうすることも出来ぬまま自分達を捕らえた非道な組織によって残された無慈悲な淫獄にただただ悶え狂わされ、全員仲良く無様に鳴き叫びながら絶頂を強いられるしか無い。
手も、足も、口すらも使い物にならなくされた男達は丸出しの男根に与えられた淫猥な責め具の刺激に翻弄されながら、憎い敵達の思惑に沿った姿へと追いやられていくしか無いのだ。

「んー! んまっ、むあぁ! ぶむぁぁぁんっ!」
「ふぅ、ふぎゅぅぅ! むっ、びゅ! ぶむぅぅっ!!」

男根と睾丸を包み込んでいる器具が絶え間無く注ぎ込んでくる小刻みな振動の刺激に望まぬ快楽を味わわされながら、男達は見開いた目から涙を零し甘い絶叫を放っている口から泡立った唾液を撒き散らしつつ、屈服を堪えに堪える。
我慢しきれずに至ってしまった絶頂に伴って分泌された白い体液を男根を包む無慈悲な淫具の隙間から滲ませつつ、男達は敵達が牢獄を去る前に笑いながら示してきた陥落に達しないよう震える足で裸体を支え続ける。
けれど、置かれた立場を変えられない以上、男達はいつかは拒みに拒んだ陥落へと至らされるしか無い。男根を嬲る器具が背後の壁から伸びたコードで電力を送り込まれている以上、淫獄に実質終わりが存在しない以上、男達は何処にも逃げられない裸体を敵達の思い通りに疲弊させられ、目の前の床に置かれたマットの上に情けなく脱力した裸体を預ける格好を取らされるしか無い。
牢獄を訪れ、鉄格子越しに自分達を眺める敵達に向かって非礼を詫びるかの如く頭を垂れる、そんな屈辱に満ちた姿へと変えられる道を、あらゆる選択肢を潰された男達はもう決して避けて通れなどしないのだ。

「うぅ、むぐぅっ……あぉ、えあぉぉ……」
「ふぅ、んふっ! むぅ、んぐぅぅ……!!」

度重なる絶頂によって体力を跡形も無く削り落とされ、アームバインダーと壁を結合する南京錠を鳴らす余裕も失った土下座の体勢で新たな絶頂へと無抵抗に上り詰めさせられていく男。そして、そんな仲間の様子を見下ろしながら痛々しく痙攣する裸体に諦め悪く力を送り、無意味な忍耐を継続させる男。
様々な痴態を晒しながらイき狂い、やがて全員一緒にマットの上で謝罪の格好へと移行させられていく男達を作り出した残忍な敵達は、男達には一切伝えていなかった牢獄中に仕込まれている監視カメラの映像でその光景を最後の一人が堕ち綺麗に並んだ土下座が観察出来る時まで、悠然とした態度でくつろぎつつ愉しげな笑みを浮かべて滑稽な痴態達を堪能し続けていた。






↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村

B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓





















関連記事
スポンサーサイト
[PR]

コメント

管理者のみに表示