FC2ブログ

貶められた口は無慈悲に淫獄を確定させられる

2021.06.12.Sat.21:00
閉じたくても閉じられない口に潜り込んだ幾本もの細いアームが、捕らわれた青年の口内を好き勝手に蹂躙し無慈悲な改造を施していく。その改造から逃げ出したい思いを込めた唸りを上下の前歯に固定された金属製の器具のせいで開きっぱなしにさせられた口から放ちつつ青年は背にした壁に両手両足を縫い付ける拘束によってX字に引き延ばされた裸体をじたばたともがかせるが、手足を縛める頑丈な黒革のベルト達はビクともしない。
どんなに裸体に力を入れても、口の中を無慈悲に作り変えていくアーム達を振り払おうと頭部を左右に激しく動かしても、青年が置かれた状況は変わらない。自由を奪われ冷酷な改造を拒めなくされた青年はもはや、どうすることも出来ぬまま頬の肉を、上顎と下顎を、舌を、喉に至る道中の肉を、異常なまでに感度を引き上げられた男根を超える性感帯へと仕立て上げられるしか無いのだ。

「あぉっ! えげ、おぉ! はごっ、ぼ、ばおぉ……っ!」

口の中を掻き回される刺激で快楽など味わわされたくない。そう願う青年の思いも虚しく、改造が進んだ口は残忍なナノマシンを注入する為にあらゆる箇所の肉へと吸い付くアームの先端に取り付けられた花状の器具の刺激に意に染まぬ快楽を抱かされ、ナノマシンの注入が終わった箇所に吹き付けられる改造の定着を促す非道な薬剤の衝撃に思わず壁に繋がれた裸体を跳ねさせてしまう程の悦楽を感じさせられてしまう。
このままでは口の中だけでなく肉体全体を淫らな物へと変えられ、思考までもを敵の思い通りに変質させられてしまう。そんな危惧を募らせながら必死に足掻いても、青年はやはり身動きを封じられた事実を覆せず口内への責めで固く膨らまされた乳首と男根を情けなく揺れ動かしつつ、余計に己の惨めさと逃れられないことへの絶望を認識させられてしまう。
もう、誇りなど守っていられない。敵に弱みを見せたくないという反抗の意思も、保てはしない。
口内への改造によって心を砕かれた哀れな青年は、残忍な作り変えが終了する時刻を見計らって部屋へと戻ってきた男に対し、役目を終えたアームが出て行ったことでわずかに自由を返された口から、矜持を完全に忘れきった態度を露わにした悲痛な懇願を放った。

「おぇ、がい……もろひへ……あんえお、ひゃへるはら……もろひへ、くひ、もろひへ……っ!」

下手に叫べば、自らの声の振動で甘い悦びを生み出してしまう。普通ではあり得ない状態に追いやられた口で慎重に言葉を紡ぎ、青年は情報の白状を伝えつつ弱々しくも切羽詰まった声音で改造の撤回を要求した。
けれど、男は滑稽に許しを請う青年の様子を目にしても慈悲を与えない。嘘偽りの無い本心から絞り出された哀願を耳にしても、男は慈悲とは真逆の感情を湧き上がらせつつ、改造をもたらした張本人である自分へとなりふり構わずに縋り付く青年にかすかな希望を叩き潰す言葉を浴びせながら、改造の仕上げとして持ってきた器具を性器と化した無防備な青年の口に嬉々としてねじ込み始めた。

「残念だったねぇ、もうその改造は僕自身でも元には戻せないよ。君はもう、二度と普通のお口には戻れない。潔く全部諦めて、お口で気持ち良くなれることを悦ぶ淫乱になっちゃいなさい。今からこれで、お口でイきまくる幸せをたっぷりと教え込んで……元に戻りたいだなんて思わないくらいの変態になれるよう手伝ってあげるからね?」
「や、あごぉぉっ! が、ごぶっ、ぼご、が、は……っ!!」

男根を模した太く柔らかな棒が、表面のイボで口内全体の肉を掻き毟りながら奥へと侵入する。その圧迫と、強烈な悦楽に目を剥きながら痙攣する裸体を悶え狂わせても青年は狂った笑みを浮かべつつ棒を押し込む男の動きをとめられない。
男の手に堕ち、男が操る機械によって口をはしたない器官へと貶められた青年は望む結果を手繰り寄せられない無意味な抗いを現実から意識を逸らすように繰り返す姿を堪能されながら、口内を埋め尽くした棒の端に存在するスイッチを意地悪く指で示されつつ、棒と一体化している黒革のベルトを使って口への淫獄を、スイッチを入れられた棒の振動が休み無く強制してくる口だけでの絶頂地獄を、為す術無く確定させられていくのだった。






↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村

B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓





















関連記事
スポンサーサイト
[PR]

コメント

管理者のみに表示