fc2ブログ

別荘のベランダで愛情調教

2013.08.03.Sat.19:54
「あぁ…あぁんっ!」

避暑地として名高い地域にある森の中。その森の別荘のベランダで、一人の青年が喘ぎ声を上げていた。

「あふ、はぅ…ご主人様…」
「何? アキラ」

自分の名を呼びながらビクビクと震えている全裸のアキラを、主人は木製のチェアーに座って眺めていた。
その視線から、アキラは逃れる事は出来ない。ベランダの柵に、手足を拘束されているから。
手は大きく拡げた状態で柵にピンクのファーが付いた手枷で繋がれている。足も同じタイプの枷で、大きく開いて拘束されていた。

手や足に負担をかけない素材で作られた枷に、柔らかな木製の柵。痛みや苦しさは全く無いが、その分、アキラは意識を強制的に羞恥と快感に集中させられていた。
他の別荘とは距離が離れている為、誰かに見られる心配は無いに等しい。だが、それでもベランダは遮る物の無い空間であり、アキラは見られるかも知れない不安に襲われていた。

「もう…や…です。外で、こんな…っ!」
「大丈夫だよ。私以外にアキラのエッチで可愛い姿を見たりはしない」
「で、も…」

反論をしつつも、アキラは大好きな主人に可愛いと言われて身体を熱くしていた。
ふくらんでいたペニスも、興奮でより体積を増した。

「気持ち良さに溺れて、そんな心配は忘れてしまいなさい」

立ち上がり、主人がポケットに入れていたスイッチを操作する。
すると。

「あぁ!? バイブ…強く…ぅ!」

アキラのアナルに嵌り込んでいた男根を模したバイブが、その動きを激しくした。
主人によって性器に変えられたアキラの腸内は、意思を持たない淫具に付いた無数の突起で掻き毟られ、途方も無い快感を発生させた。

「あぁーっ、あんぅっ! ご主人様、ごひゅじんしゃまぁ…!」

さっきまで屋外だからと抑えられていた声が、一際甘く、高く、大きくなる。
繋がれた手足を必死にもがかせ、ペニスを振り乱しながら身をくねらせるアキラの姿は…とても淫らで。
主人のアキラへの愛しさと欲情を、強く刺激した。

「いやらしいよ…アキラ」
「はむっ、んむ、ふぅ…」

少し屈んだ主人が、アキラのあごを優しく掴んで唇を重ねた。物理的にも逃れられない状況ではあったが、アキラの脳内にキスを拒む発想なんてありはしなかった。
快楽に乱された息が苦しくなっても、舌を差し込まれても。鼻から濡れた息を吐いてアキラは自分から主人の舌に舌を絡み付かせていく。
ぶちゅ、ちゅぱ。淫らな口付けの音が、森の中に消えていく。もう、アキラはここに誰かが来る事は考えていない。

ただ、主人に愛されたい。主人を愛したい。
主人の手で、おかしくなるまで気持ち良くされたい。

「アキラ…イきたい?」
「は、ひっ! イきたいれふっ…!」

優しく問われて、アキラは素直に答えた。主人は嬉しそうに微笑み、アキラの張り詰めたペニスを手で扱き始める。

「あぁっ、あぁんっ! イく、イく、すぐイっちゃいまふぅっ!」

恥も無く絶頂を伝えるアキラ。その表情は涙と汗でぐちゃぐちゃだったが、これ以上無い幸せを浮かべている。
それを見て、主人はより可愛らしい表情を見る為に、ペニスを擦る手を早めた。

「イぐ、イぐ…っ!」
「いいよ。たくさん出して、エッチな顔…私に見せて」
「んぁ…んあぁぁぁーっ!!」

言い付け通りにアキラは主人を見たまま、射精をした。主人の服に精液が染みを作る間も、アキラは絶頂の余韻に浸る姿を主人に捧げていた。
舌をだらしなく垂らし、身体中を快感で震わせているアキラ。涙で潤んだ目はトロンと蕩けて、主人だけを映し出していた。

その様子を見つつ、主人はアキラと柵を繋いでいた手枷を外す。力の抜けた身体は、主人に向かってドサッと倒れた。

「気持ち良かった?」

アキラを受け止めた主人が、アキラのうなじを撫でながら尋ねた。くすぐったそうに身を捩り、アキラは返事をする。

「はい…でも、あの…」

顔を赤くしてもじもじしているアキラの口を、主人が人差し指で塞いだ。言いたい事は、もう分かっているから。

「でも…もっと気持ち良くなりたいんでしょ? 私も…もっとアキラの事を可愛がって、声がかれるまで喘がせたい」

主人の願望に、アキラは自分の全てで応えたくなった。だから、告げる。

「はい…もっと気持ち良くして、可愛がって…いっぱい、俺を喘がせて下さい」

淫らなおねだりを聞いて、主人はアキラの尻を撫でる。それは、これから始まる愛ある調教の入口。

「愛しているよ。私の大切な、アキラ」

邪魔の入らない別荘で、二人は部屋に入る間も惜しく、ベランダで愛を確かめ合う。
その行為の音は、木々の中に静かに、消えていくのだった。







↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村
blogramで人気ブログを分析


↓こちらもよろしければ応援クリックお願いします↓

























関連記事
スポンサーサイト
[PR]

コメント

管理者のみに表示