FC2ブログ

嘘吐きな青年は正直な穴をほじられながら屈服する

2021.06.06.Sun.21:15
丹念に解され、侵入を拒む術を完全に忘れさせられた青年の尻穴へと潜り込んだ男の右人差し指と中指が、柔らかく蕩けた腸壁を巧みに抉り意に染まぬ悦楽を注ぎ込んでくる。その責めをやめさせたいと思っても、青年は無遠慮に体内を掻き回す指の動きをとめられない。言葉を封じる為に装着された赤色をしたギャグボールの穴から飲み込めない唾液とくぐもった悲鳴を零しながら裸体を暴れさせても、青年は男が味わわせてくる甘い苦悶を決して遠ざけられない。
裸体に縄を這わされ、地下室の中央へと無様に吊るされた哀れな青年はもう、男の思い通りに尻穴を辱められ続けるしか無い。自由を奪われ、抵抗を不可能にされた青年はもはや、絶頂に至ることは許さずイけそうでイけないもどかしい生殺しの快楽を無言で微笑みつつ与えてくる男の意に沿って情けない悶絶を引きずり出されることしか出来はしないのだ。

「あっ、おうぅっ! ひゃめ、んむぁぁっ! あぉ、えぁぁぁっ!!」

塞がれた口で紡ごうとした制止の言葉を、過敏な前立腺をつついた男の指によって遮られながら、青年は何度も何度も絶頂寸前の位置へと上り詰めさせられていく。
二の腕と胴体を繋ぎ背中で手首を縛る上半身の縄と地下室の天井に固定されたフックを結ばれ、足を伸ばしたくても伸ばせないよう足首と太ももを短く括っている下半身の縄と天井を結合された裸体。度重なる絶頂のお預けのせいで縄との格闘を試みる体力さえも無慈悲に削り落とされた惨めな宙吊りの裸体を、青年はされるがままに責め嬲られ新たなお預けへと為す術無く追い立てられていく。

「んまっ、もっ、あぐぅぅっ! ふむっ、もぁ……えぉぉぉんっ!」

不明瞭な言葉で反抗を示す余裕も無い。足を大きく開かされ恥部を無防備に露出させられた姿に悔しさを募らせる気力も、青年には残っていない。
これなら、口を解放してやっても舌を噛む心配は無いだろう。青年の憔悴を存分に堪能し、確信を抱きつつ残酷な黒い笑みを浮かべた男は自分がもたらした成果に対して満足げに頷きながら右の指をはしたなく緩みきった尻穴から引き抜き、青年の口を閉ざしていたギャグボールを舌にずらす形で外してやった。

「ぷぁっ、え、は……えほっ、あうぅっ……」

前触れ無く指を引き抜かれ出口の無い蹂躙を終わりにされた尻穴をヒクヒクと収縮させながら、青年が口内に溜まった唾液を溢れさせつつ小さく咳き込む。その滑稽な尻穴のヒクつきと唾液を垂れ流して咳き込む口に歪んだ興奮を滾らせながら、男は青年に愉悦を露わにした声音で問いかけた。

「スパイ君? そろそろ……イかせて欲しいだろう?」

散々好き勝手にいたぶった青年スパイの心と身体に、絶頂への渇望がはち切れんばかりに蓄積されている事実を把握した上で非道な男が尋ねる。張り詰め切った状態のまま数え切れないくらいに射精の瞬間を没収された男根が痛々しく脈打ち、持ち主である青年スパイの理性を蝕んでいる状況を理解しきった上で、男が青年に聞く。
けれど、尻穴を苦しめていた指を抜かれほんの少しだけ理性と正気を平常の物へと戻した青年スパイは、男の問いに対して否定を返した。無論それは、内側で暴れ回る絶頂したいという欲求を隠しに隠した虚勢以外の何物でもない返答だ。

「イかせて、欲しく、ない……! イきたく、なんて……な、いぃっ……!!」

自分を長時間に渡って弄んだ眼前の男と自分自身に嘘を付いて、青年スパイは淫欲に溺れたがっている本心と射精を迎えたいと喚いている本能を否定した。これ以上男の良いように扱われたくない。そんな誇りを胸に、青年スパイは陥落を意味する射精のおねだりを拒絶した。
しかし、その嘘に塗れた返事は男の想定していた展開の一つでしか無かった。この反応が返ってきたかと小さく思いつつ、男はあらかじめ用意しておいた行動へと躊躇い無く移っていく。嘘を付いた罰を加える、そんな理由を口にしつつ、男はじっくりと熟成させた青年スパイの尻穴に滾りに滾った己の男根をねじ込ませていく。

「スパイ君は嘘吐きだね。ここまでされても正直になれない悪い子にはお仕置きだよ。指よりも太い私のおチ○チンで、嘘吐きなスパイ君を嫌ってくらいにイきまくらせて、反省させてあげるからね」
「ひっ、あ、おぉっ!? やめ、ひぇめ、入れりゅ、にゃぁぁぁぁっ!?」

疲弊させられた宙吊りの裸体をじたばたとくねらせても、青年は男から逃れられない。閉じられなくされた足を振り乱し、どうにか距離を取ろうともがいてみても、青年は必死の抗いも虚しく太く逞しい男根で蕩けきった尻穴を貫かれ、最奥を突かれた瞬間に堪えるという意思を挟むことも叶わぬまま、射精へと導かれてしまった。

「ほら、スパイ君の身体は正直だよ? おチ○チンを入れられただけで、嬉しそうに顔を笑わせながら射精してる。イったばっかりのお尻も、もっと気持ち良くしてってお願いするみたいに私のおチ○チンにきゅうきゅう吸い付いてるよ? そろそろ、素直になったらどうだい? イかせてください、たくさんお尻をほじってくださいって素直に言ってごらんよ?」
「い、いや、やらっ……! いわ、にゃい……じぇったい、しょんなこと……っ!」

すでに舌も回っていない口で、青年スパイは淫らな至福に染まった顔を自分を征服している男に向けつつこの期に及んで否定を紡ぐ。それでこそ屈服のさせ甲斐がある。諦めの悪い青年スパイの様子に興奮を加速させ、必ず自分に服従させてみせるという決意を新たにしながら、男は正直に男根を圧迫して刺激を待ち望んでいる堕ちた尻穴に甘い甘い掘削の責めを叩き込み始めた。嘘吐きな口を自身の唇で塞ぎ、逃れようとする青年の舌を己の舌で絡め取り、意識の逃げ道を可能な限りに遮りながらだ。

「んんっ!? んぅ、んまっ、むふ、はふっ……んみゅぅぅぅぅんっ!」

自分は快楽を欲しがってなどいない。そう自身に言い聞かせる言葉を吐こうとした口を今度は器具ではなく熱烈な口付けで塞がれ、舌をくすぐり口内を撫で回してくる男の舌の動きに翻弄され、淫猥な悲鳴を全て男の口に吸い取られながら尻穴を掻き毟る男根の動きで触られてもいない自身の男根から次々と精液を噴き出させていく青年スパイは、やがて誇りも反抗も無くし、理性と正気を跡形も無く砕かれ、肉欲を正直に貪って快楽をねだる男好みの素直な淫乱へとなるよう、人格を根底から躾け直されていくのだった。






↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村

B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓





















関連記事
スポンサーサイト
[PR]

コメント

管理者のみに表示