FC2ブログ

淫臭に嬲られながら男達は陥落へと追いやられる

2021.05.16.Sun.21:00
黒い首輪の前部に位置する金具と、床に打ち付けられた金具を南京錠によって遊び無く結合された男達は頭部を深く下ろした体勢を強要され、お互いの顔が正面にある状況から抜け出せないよう身動きを封じられた。
当然、その屈辱は首輪を外せばすぐに消え去る。二人は自由を取り戻し、自分達を拉致した組織が所有する人里離れた倉庫から逃げ出せる。しかし、それを簡単に許す程二人を捕獲した者達も馬鹿ではない。男達の首と床を繋ぐ拘束を施した者達は首輪を解こうと足掻く二人の行動を易々と制しながら衣服を剥ぎ取り、仮に運良く首輪から脱出出来たとしても逃走には決して辿り着けはしないという厳重にして無慈悲な拘束を上乗せしてしまったのだ。

「んぅ、むふぅぅっ!! んぐっ、む! んぶぅぅんっ!!」
「むーっ! むぅ、ぶむぅぅ! ふっ、ふぐっ、むぎゅぅぅぅっ!!」

口内を満たす布に歯を立て、口に栓をしている黒いガムテープ越しに言葉にならぬ唸りを飛ばしながら身をもがかせても、二人は何一つとして変化を起こせない。唯一の呼吸孔にされた鼻を無様に鳴らし、涙に潤んだ瞳で目の前の仲間と励まし合いながら諦めること無く試行錯誤を繰り返しても、裸体を縛める拘束はビクともしない。
二の腕を胸部に括り、左右の手首を背中で縛る縄。足首と太ももを短く結合し、足に伸ばすことを禁じる縄。そして、握り拳を強いり指の使用を封じる左右の手にぐるぐると巻き付けられた黒のテープに、手足の動きを奪う縄と床に存在する数個の金具を首輪と同じように繋ぐ後から足された数本の縄。これらの拘束にありとあらゆる選択肢を叩き潰された二人はもう、どんなに頑張っても自力では逃れられないという事実に打ちひしがれながら、非道な男達が残した機械に仲良く悶え苦しめられるしか無い。
剥き出しの男根の根本と亀頭近くに装着された黒いベルト型のローターと、無防備な尻穴を狙って前後運動を行い太く長く醜悪なイボを無数に生やしたその身で過敏な腸壁を容赦無くほじくり回す張型を拒む手段を没収された惨めな男達は望まぬ快楽に翻弄されながら為す術無くイき狂わされるしか無い。
男達はもはや倉庫の床に作られた見た目では分からないなだらかな坂を伝ってお互いの中心へと集まっていく快楽に屈した証拠である淫らな体液達の強烈な淫臭に鼻腔を嬲られながら、嫌だと思う心も虚しく新たな絶頂へと、終わりなき絶頂地獄へと、押し上げられ続けるしか無いのだ。

「んぐっ、むぶぅぅぅんっ!! んふっ、ふむっ、んー! むぅぅぅんっ!!」
「んもっ、おっ、ぶむぉぉぉっ!! うぅ、むぅ、むぐぅぅぅぅっ!!」

萎える暇さえ認めずに男根を絶え間無く振動させる二つのベルト型ローターの責めによって、白の薄まった精液を次々と放出させられながら。今朝まで異物を受け入れたことすら無かったとは思えないくらいに情けなく緩まされた尻穴を、じゅぼじゅぼと淫猥な水音を立てて前後に動く張型に掘削されながら。男達は延々と続く悦楽と呼吸を支配する淫臭にじわじわと理性を砕かれ、目の前に仲間がいることを忘れ、憎んでいた敵が倉庫に帰ってきても気付かぬまま、嬉しそうに淫臭を吸い込み幸せそうに絶頂を汲み取る淫乱へと、責め苦を与えて去った敵の思惑通りに陥落させられていくのだった。






↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村

B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓





















関連記事
スポンサーサイト
[PR]

コメント

管理者のみに表示