FC2ブログ

青年達は休みも許されぬまま無様に男根を擦り付け合う

2021.05.15.Sat.21:00
「んぅ……んふっ、むぅ……んむぅぅんっ」
「ふぅ、むぶっ……んー、ぶぅぅっ……」

固く丸めた布を押し込まれ、銀色の粘着テープで栓を施された口からくぐもった唸りを漏らしつつ、二人の青年が裸体を休み無く擦り付け合う。本当はこんな行為などしたくない。その思いを表わすかのように見開いた瞳から大粒の涙を零しつつ、二人はベッドの上で重ねた裸体を一生懸命にくねらせ、仲間と共にお互いの男根を甘く刺激し合う。
自らの動きで快楽を追い求めさせられる屈辱に、青年達は苛まれ続けている。仲間と裸体を擦り合わせ、無様に生み出した悦楽によって淫らに追い詰められている青年達はすでに、これ以上無い恥辱に心と身体を痛め付けられている。
しかし、青年達に惨めその物な自慰を強要している男達は、二人にまだまだ許しを与えない。二人の右手と左手、右足と左足を口を閉ざしている物と同じテープでぐるぐる巻きに縛り上げて指の使用と向かい合わせの状態からの脱出を禁じた上でテープの上から手首と足首にベッドの脚と鎖で繋がっている黒革の枷を巻き付け二人の裸体をX字に引き延ばして拘束した残忍な男達は、青年達の更なる痴態を嬉々として要求してくる。
その要求を拒みたくても拒めない青年達は、更なる屈辱と恥辱に襲われながら、従順に従うことしか出来ない。四肢を縛められ、仲間と裸体を密着させられた状況から離れられなくされた青年達は、下される命令を受け入れるしか無いのだ。

「もっとしっかり腰振れよお前ら、最初に比べて必死さが足りねーぞ?」
「ほら、ケツの玩具強くしてやっからちゃんと腰振って仲良く気持ち良くなりな。俺達を満足させねーと、ずーっとこのまんまだぞ?」

男達が放つ一方的な咎める言葉に悔しさを募らせるよりも早く、男の指が二人の尻穴にねじ込んだ淫具の駆動を引き上げる。
前立腺を狙い撃ちにする形状をした淫具の振動を躊躇い無く強められ、悦楽の苦悶を増幅させられた青年達は苦しげに目を剥き塞がれた口から悲痛な絶叫を放ちつつ、追加の責めに対する恐怖に悔しさの感情を塗り潰されながら男達の機嫌を損ねないよう、腰をぐりぐりとくねらせ膨らみきった二本の男根を一層間抜けに慰め合い始めた。

「んーぅっ! んむっ、ふぅ、ふぎゅぅぅ!!」
「そうそう、良いぞ。言われる前にやれよな」
「むぎゅぅぅ! んむっ、ふっ、ふぶぅぅんっ!!」
「あぁ、あらかじめ言っとくけどイっても休むなよ? もしどっちかがちょっとでも休んだら……ケツの玩具をまた強くしながら、罰として上側の奴にケツ叩きだからな」

射精の余韻に浸ることすらも認めない。あまりにも残酷な宣言に打ちひしがれながら、青年達は尻穴を襲う振動の刺激に翻弄されつつ男達の前で自分と仲間の男根をにちゅにちゅと摩擦し、一つに繋がれた裸体をガクガクと痙攣させ何度目かも分からない絶頂へと仲良く哀れに上り詰めていくのだった。






↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村

B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓





















関連記事
スポンサーサイト
[PR]

コメント

管理者のみに表示