FC2ブログ

笑い悶えさせられながら探偵は甘く躾け直される

2021.05.12.Wed.21:00
左右の手首に巻き付けられた黒革の枷と、地下室の天井に打ち付けられたフックを遊び無く結ぶ頑丈な鎖と南京錠は、仮に左右の手に握り拳の状態を強要する鍵付きの黒革手袋が無かったとしても自力では外せなどしない。四本の脚を地下室の床に金具で固定された背もたれの無い木製の椅子にすねの部分を乗せられ、座面の部分にすねを黒色のガムテープできつく括り付けられた男の足は限界まで開かされたままわずかに閉じることすらも許されず、間抜けに恥部を露出させ続ける屈辱の状況から抜け出したくても抜け出せない。
手を天井に繋がれ、足を二つの椅子に縫い付けられ、身動きを完全に封じられた。そんな絶望的な姿で目を覚ました男は意識を失っている間に追いやられていた己の無様な格好に恥辱と悔しさを湧き上がらせながら必死に裸体をよじらせ、どうにかしてこの危機を脱しようとありとあらゆる試行錯誤を繰り返し始めた。

「んっ、む! ふぅ……んむぅぅんっ!」

口を閉ざす足の物と同じ黒色のテープ越しに言葉にならぬ叫びを発しながら、男は手を縛める拘束を支えにして上半身を悶えさせる。情けなさを抱きつつもそれを上回る逃走への渇望を湧き上がらせながら、男は開脚を強いられた足に力を込め丸出しの男根と無防備にさらけ出された尻穴を前後左右に震わせつつ下半身をじたばたと暴れさせる。
しかし、男の足掻きは実を結ぶ様子を欠片も見せない。手を拘束する枷と鎖は冷たい金属音を立てるのみでビクともせず、床に固定された椅子はなりふり構わずにもがく男の足の動きの影響を全く受けず、揺れる音すら発生させること無く床にぴったりとくっついたままだ。
それでも、男は決して諦めずに裸体を無我夢中で踊らせ続けた。自分を捕らえた相手の思い通りにはされたくない。そんな思いを胸に男は拘束と格闘し続けた。けれど、やはり男の努力が結果に繋がることは無くて、男は何一つとして自分の置かれた状況に変化を起こせぬまま地下室に仕込まれていたマイクで自分の起床を把握した男達がやって来る時を迎えてしまった。

「探偵さん、お早う。よく眠れたかい?」
「その格好よく似合ってるよ、探偵さん。ただでさえ俺達の邪魔をしたことへの罰を加え甲斐のある魅力的な身体が、より魅力的に見える素敵な格好だ」
「むー! んぶっ、むぅ! んみゅぅぅぅっ!!」

好き勝手に惨めさを煽る言葉を浴びせながら、悪に属する男達が捕らえ自由を取り上げた探偵の男を取り囲んでいく。
醜悪な笑みを浮かべ嫌がる探偵の叫びを聞き流しながら、悪達は抵抗出来ぬ裸体を撫で回し程良い筋肉に覆われた逞しい身体を愉しげに味わっていく。

「むぅぅ! んっ、ふみゅぅぅっ!」
「ふふっ、気持ち悪い? 大丈夫だよ、すぐに気持ち良くなるさ」
「そうそう、どんなに嫌がってても、今みたいに一生懸命俺達を睨み付けてても、あっという間に気持ち良いって鳴き喚くようになれるよ。そうなるよう、たっぷり罰してあげる。俺達を探ったことを後悔する思考能力も無くなるくらい、探偵さんの全部を気持ち良い罰で躾け直してあげるからね」
「っぐ!? むー! んぶっ、んもぉぉぉぉんっ!!」

ただ肉体を愉しむ為だけに肌を這っていた悪達の手が、探偵の弱点を目指して移動を開始する。
左右の乳首と尻穴に辿り着いた指がまだ柔らかい肉の粒と固く閉ざされている窄まった穴を指の腹で捏ね回し、股間に辿り着いた手が萎えている男根を緩く握り込んで甘い刺激を送り意に染まぬ勃起を促し、脇や内股、足の裏といった箇所に辿り着いた指が巧みで小刻みな動きを行い、逃げられない探偵にくすぐったさという苦しみを注ぎ出す。
それらの責めは、探偵から反抗を示す余力を削ぎ落とすには十分すぎる威力を有していて、探偵はほんの十数秒前に表わしていた嫌だの意思が跡形も無く掻き消えた甘く歪んだ笑い混じりの悲痛な鳴き声を放ち始めた。

「んぶぶぅぅんっ!? むぶっ、ふぶぅぅ! うぅ、んぎゅぅっ! むふっ、んふっ、ふぶぉぉぉっ!!」
「うんうん、くすぐったいね、気持ち良いね。まだ始まったばかりなのに頭がおかしくなりそうだね」
「でも、もっともっとくすぐったく、気持ち良くなっていくよ。イきすぎて射精出来なくなってもやめてあげない。笑わされすぎて息が苦しくなっても許してあげない。本当に頭がおかしくなるまで、俺達全員で延々といたぶってあげるからね、探偵さん?」

嬉しそうに告げられた非道な調教宣言に対して抱かされた戦慄を表に出すことも叶わない程に苛烈な快楽拷問によがり狂わされる哀れな探偵の男は、不自然な体勢で固められた裸体を汗で濡らし折れそうなくらいに仰け反らせながら言葉よりも明確に苦悶を伝える痙攣を行いつつくぐもった笑いと共に、悪達の思惑に沿って絶頂へと、二度と這い上がれぬ淫猥な屈服の入り口へと、手加減無く突き落とされていくのだった。






↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村

B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓





















関連記事
スポンサーサイト
[PR]

コメント

管理者のみに表示