FC2ブログ

淫らな布を押し込みつつ残忍な男は腰を振り始める

2021.05.11.Tue.21:00
胴体の真横へと伸ばさせられた左右の手足は、金属で作られた箱型の器具とその器具の内側にあてがわれている薄桃色をした柔らかなクッションに緩み無く挟み込まれ、自由を完全に奪われてしまっていた。
どんなに力を込めても、付け根から先端までを器具に飲み込まれた手足は拘束を振り払えない。仰向けの体勢で固められた男が頭部と胴体を支えている細長いベッドの上でめちゃくちゃに頭を振りながら必死に身悶えても、抗いの手段を没収された状況は覆せない。
手も、足も出せなくされ、自分に迫る悪意を拒めなくされた惨めな男。そんな男は、自分をその姿へと追いやった憎い男の手で無防備な弱点を好き勝手に弄ばれ、無様極まりない痴態を次々とさらけ出すという恥辱を容赦無く味わわされていた。

「んく、ふ、ひはっ……うぁ、っく! んぅぅぅぅん……っ!」

一生懸命に唇を引き結んではしたない声を漏らすまいと試みても、男の口はもう閉じきった状態を維持することもままならず、出したくないと願っている甘く情けない声を自分を辱める男の思い通りに上げさせられてしまう。意に染まぬ悦楽に流されたくない、自分をいたぶる相手を悦ばせる絶頂になど至りたくない。そう考えながら注ぎ込まれる快楽を否定しようと頑張っても、灰色のボクサーパンツの上からたっぷりと塗り込まれた強力な液体媚薬によって感度を高められ、追い打ちで加えられ始めた巧みな愛撫に翻弄されている男の恥部は絶えず湧き上がる絶頂の熱に抗いきれず、手足を縛められた裸体をくねらせながら濡れそぼったボクサーパンツ越しに尻穴を捏ね硬く張り詰めた男根を撫でさする手の責めに屈してすでに汚れきっている己のパンツ内に白く濁った絶頂の証を噴き出させられてしまう。

「はぁ、はあぁ……ふぅ、んぅぅんっ! や、あぁ……うぁっ、ふぁぁぁぁんっ!!」

何度絶頂に達しても、新たな絶頂へと上り詰めさせられていく。息は乱れ、心臓は痛いくらいに高鳴り、何処にも逃げられない肉体は苦しげな痙攣を繰り返しているというのに、ボクサーパンツの上から快感を叩き込む男は手をとめてくれず笑みの黒さを更に深めながら限界を超えた悦楽に激しく脈打つ男根と狂ったように収縮する尻穴を嬲り続けてくる。

「あっ、あっあぁ! はっ、ひぐぅぅ! ほっ、はぁ、んはぁぁぁーっ!!」

許してくれ、もう快楽を注がないでくれ。誇りを捨てた哀願の意思さえも紡げず、されるがままに苛まれながら淫らに鳴き喚かされる男。終わりの見えない淫獄に心と身体を掻き乱されながら、延々と恥部を弄くる無慈悲な男に胸の内で救いを望む満身創痍の男。そんな男の耳に、突然無機質な電子音が聞こえた。それは、嬲る男が一時間に設定していたタイマーが放つアラームの音だ。
けたたましく鳴りながら一時間の経過を伝えるタイマーの方に目を向け、男は残忍な笑みを強めつつ恥部から左右の手を離し、憔悴しきった男が分泌した体液と液体媚薬に塗れた手でアラームを停止させる。その様子を涙に潤んだ瞳で見つめ、刺激から解放された男根と尻穴を震わせ器具に取り込まれた手足を支えにして肉体をよじらせながら、男は疲弊した思考で淫獄の終わりを嬉しがる。
しかし、一時間に渡って男を絶頂地獄へと追いやった残忍な男は安堵の反応を見せる男を横目で眺めながら静かになったタイマーを元の位置である左の手足を閉じ込めた器具の上に戻すと、反対の手足を閉じ込めた器具の上に準備していた道具を手に取りつつ、男の安堵を粉々に砕く言葉を、非道なお仕置きの宣言を口にした。

「はい、残念。一時間の間に一回もイかなかったら解放してあげる約束だったけど、いっぱいイったから解放してあげない。約束も忘れてみっともなくイきまくる駄目な捜査員さんにはお仕置きだよ。もっともっと気持ち良くして、今よりもずっとずっと駄目駄目にしてあげるからねぇ……」
「あぁ、あ……ひゃめ、へ……んぅ、くひっ! あぅぅんっ!」

男が新たに手にした道具であるハサミが、様々な液体を吸ったボクサーパンツを分解していく。お仕置きの宣言を耳にし、最後の衣服を取り上げてくるハサミの動きに戦慄しながらも手足を封じられ恥部周りの感度を異常なまでに増幅させられた捜査員の男は冷たいハサミが肌を撫でる感覚に喘ぎ鳴くことしか出来ず、捜査員は嫌がる思いも虚しくあっという間に恥部を外気に晒され、原型を無くした元ボクサーパンツを口へとねじ込まれつつ、自分を淫猥に追い詰めた悪の男根を守る物の無い尻穴へと突き入れられてしまった。

「んっ、んむぅぅっ!? ふっ、ふぎゅ! んもぉぉんっ!」
「ふふっ、丹念に解したからすんなり入ったねぇ。捜査員さんのお尻、とっても良い具合だよ。これはもしかしたら、捜査員さんよりも先に俺の方が駄目になっちゃうかもねぇ……」
「むぐっ、ぶうぅ! あぉっ、あぶぅ!! んみゅぉぉぉぉっ!!」

舌を酷使しても自力では吐き出せない奥深い場所まで元ボクサーパンツを指で押し込み、口内に訪れた媚薬と精液と腸液の混ざり合った強烈な味に目を剥いてくぐもった絶叫を発する滑稽な捜査員の光景を愉しみながら腰を振り出した悪の男は、早くも我を忘れて悶え狂い始めた捜査員に目を細めつつ淫猥な猿轡を施し終えた手を丸出しの男根に迫らせ追加の快楽を嬉々として上乗せし、捕らえた捜査員の崩壊を加速させていくのだった。






↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村

B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓





















関連記事
スポンサーサイト
[PR]

コメント

管理者のみに表示