FC2ブログ

残忍なガスは淫らに堕ちるまで送り込まれる

2021.05.08.Sat.21:00
黒革で作られたアームバインダーを装着され、左右の指先から二の腕までを背中できつく締め上げられた男達の腕は伸ばしきったままの状態から離れられず、指一本すらも思い通りには使えない拘束を与えられてしまった。つま先から膝下までを覆い、表面に存在する幾つもの金具同士を結合することで左右の足の動きを取り上げる黒革のブーツを履かされた男達はよちよちという表現がよく似合う間抜けな歩行しか出来ない状況へと追いやられ、逃走以前に移動すらもままならない姿へと変えられてしまった。
だが、男達への拘束はこれでは終わらなかった。男達を捕獲した残忍な組織の男達は手も足も出せずにいる惨めな男達を笑い飛ばしつつ、ここに更なる縛めを加えた。無慈悲な男達は抵抗も叶わず恥部を隠すことさえも許されないほぼ全裸の男達を無理矢理に部屋の中央の床と一体化している太く短く丸い柱状の機械へと引き寄せ、その機械の表面に取り付けられた金具と男達の自由を奪う拘束の金具を南京錠で結合し、情けない膝立ちの格好を強要してしまったのだ。
アームバインダーの指先部分に位置する金具と、機械上部の金具を繋がれた男達はもはや腕を暴れさせることも出来ない。拘束ブーツの土踏まずの位置に存在する金具と、機械下部にあてがわれた金具を結ばれてしまった男達はもう、立ち上がることも不可能だ。
手も足も使えない。自分と仲間の行動を制限する拘束を振り払いたいと願っても、男達は言葉と口呼吸を封じる為にと貼り付けられた強力な黒色のテープ越しにくぐもった唸りを漏らしながら、丸出しの乳首と男根を振り乱しつつ無意味に裸体をくねらせることしか出来はしない。
ありとあらゆる選択肢を潰され、仲良く哀れに背にした短い柱へと繋がれた男達。そんな男達を作り出した非道な男達は、焦りと恐怖と反抗の混ざった滑稽な足掻きを晒す男達を壊す為の仕上げに何の躊躇いも無く取り掛かり出す。冷酷な男達はじたばたと諦め悪く身悶える男達の間から伸ばした手で柱状の機械の中腹に存在する扉を開き、そこから取り出した器具を逆らえぬ男達の鼻へと取り付け始めたのだ。

「んんぅっ!? むぐ、んみゅぅぅぅっ!!」
「はいはい、暴れんなよ。暴れたって無駄なんだから」
「うぅぅ! むぶぅぅぅっ!」
「捜査員さーん? あんまり聞き分け悪いと、お仲間さんにお仕置きしちゃうよ? 自分のせいでお仲間が余計ひどい目に遭わされちゃっても良いのかな? ん?」

必死の抵抗を笑い混じりに流され、屈辱に苛まれながらも続けた抵抗を仲間を用いた脅しで潰された男達は、捜査員としての正義を糧にした悪足掻きすらも禁じられ、鼻へと機械を取り付けられる道以外を選べなくされてしまった。
半透明をした二本のチューブと繋がっている器具が、鼻の穴へと差し込まれる。そしてその器具は捜査員達の後頭部で締められたベルトによって抜け落ちないよう、ずり落ちないように留められ、顔を振っても離れないようにされてしまった。
自分達は、この正体不明の器具に今から嬲られるしか無い。醜悪な笑みを浮かべその笑みの黒さを際限なく引き上げていく憎い悪の男達の意図に沿って為す術無く責め立てられるしか無い。それを悟り、打ちひしがれた反応を晒す捜査員達を堪能しまた笑みを濃くしながら、悪達は嬉々として器具から伸びたチューブの先にある機械のボタンを押し込んだ。

「そんじゃ捜査員さん達、俺達の立派な商品になれるようまずはたっぷり、特製の媚薬ガスで淫乱になっちまいな」
「普段肉便器を躾ける時よりも媚薬の濃度を高めた奴だから、すぐに全身発情しまくって軽く撫でられただけでよがり狂うようになれるぜ? 良かったな」

悪の男の指がボタンを押した直後、捜査員達の背後の機械が低い駆動音を立て始める。そして、駆動を開始した機械は捜査員達の鼻へと続いているチューブに無情な宣告通りの媚薬ガスを送り込み、捜査員の唯一の呼吸孔となった鼻を甘ったるい香りと強烈な発情の波で責め立て始めた。

「んふぅぅぅーっ! んぶっ、んもっ、もぐぅぅぅっ……!!」
「ふっ、うふっ、ぐ! っぐ、も……おうぅぅ……っ!」

吸いたくないと思っても、呼吸の度に媚薬を吸わされる甘い地獄。一生懸命に呼吸を抑えても、鼻の粘膜から吸収させられた媚薬で発情を強いられる淫らな絶望。それらに心を打ちのめされ、無防備な裸体のはしたない変化を悪達に余すところ無く鑑賞されながら、捜査員達は理性と正気を削り落とされ快楽の為なら何もかもを捧げる淫らな生物へと堕ちるまで終わらない拷問に悶え苦しみ見開いた目と膨らみきった男根から透明な滴を零していた。






↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村

B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓





















関連記事
スポンサーサイト
[PR]

コメント

管理者のみに表示