fc2ブログ

少年勇者達は性処理道具に堕とされる

2014.01.15.Wed.08:00
はるか遠くに天井が見える、広大な部屋。そこに敷かれたカーペットの上で。
一人の少年が、玉座に座った男に嬲られる姿を観察され、絶え間無い屈辱を与えられていた。

「どうだ? 勇者よ。部下に作らせた専用の木馬の具合は?」
「いぎぅっ…は、あぁぁっ」

問いかけたのは、勇者の少年が倒しに来た相手の、魔王。
悠然とした様子に悔しさを覚えても、勇者は文字通り手も足も出ない。残酷な拘束具に乗せられ、衣服を剥ぎ取られた肉体を繋がれてしまったから。

「ふふ…聞くまでも無いようだな。お前の性器も尻穴も、悦んで汁を垂れ流している」
「あうぅっ!」

嘲笑われると同時に、少年勇者のアナルを貫く棒。魔王の意のままに動く男根を模して幾つものイボが付いた棒が、激しく前立腺を抉った。
望んでいない強い快感に、憐れな勇者は逃げようともがくが棒は抜けず、座らされた残酷な木馬からも降りられない。

無理矢理に乗せられた、淫らな棒を丸い上部に携えた木馬の下に、少年勇者は膝裏に棒状の枷を嵌められた足を繋がれ。
折り曲げた足首と手首を、枷で短く結合されてしまった。更に、首輪の前方と後方から伸びた鎖が勇者に最も自身の体重でアナルの淫具が深く刺さる体勢の背筋を伸ばした状態を強いるように首を固定していて、憐れな勇者は上半身を曲げる事すらも許されず、惨めに嬲られるしか無く。
カーペットに淫らな染みを作っている分泌液も、とどめる事が出来ない。

屈辱と恥辱。身体だけでなく誇りまでも傷付けられる性拷問。
だが、少年勇者は必死で耐える。これが、仲間を助ける方法だと言われたから。

「ふ…たりは…っ?」
「ん、あぁ。そう言えば無事なところを見せる約束だったな…おい、連れて来い」

入口近くの部下に指示を出し、魔王は喘ぎ悶える勇者の元へ近付く。
実に愉しそうに、黒い笑みを浮かべながら。

「仲間の戦士と魔法使いは、お前の事を気にかけていたぞ。良い仲間だなぁ」
「は、ぁ…っ! 当たり、前だ…っ!」

長い道のりをともに乗り越えてきた仲間なのだからそうに決まっている。
だから、この程度で屈したりしない。そう、強い瞳で見つめてくる幼い勇者に…魔王は非情に言葉を続ける。

「だな。お前を助ける為に、とあそこまで堕ちてくれたしな」
「え…っ?」

遠くを見ている魔王。不自由な身体を回し、勇者は後ろを見た。見てしまった。

「わ…んっ。わんっ!」
「にゃぁ…んにゃぁぁ」

魔術によって犬の耳と尻尾を生やされた戦士と、猫の耳を生やされた魔法使いが四つん這いで首輪を引かれて近寄る姿を。

「あ、ぁ…!」
「二人とも、お前を助ける為にと、悦んで性奴隷になったんだ。今じゃ、私の部下達の性処理係として働いてくれているよ」

二人はもはや、勇者の姿も認識出来ていないらしく、魔王の足元に膝まづいて舌をいやらしく垂らしている。
勇者が絶望と、自責の念に襲われ涙を流す間も、かつて仲間だった二匹はアナルに含んだ張型を振り乱し、淫液を撒き散らしている。

堕落し、何でも命令を聞くペット二匹に、魔王は無情な指示を与えた。

「ほら、お前達。私が席を外している間に、この少年をたっぷり愛撫してやりなさい。上手に出来たら、今夜は私の手で気を失うまで苛めてやろう」
「わんっ!」
「にゃんっ!」

瞳をきらめかせて、二匹は舌と尻尾で木馬の上の少年を責め始める。

「あぁ! やめてぇ! おねがい、ふたりともぉぉ…!」

悲痛に泣き叫ぶ勇者。その耳元に、魔王が囁く。

「お前も壊れてしまえ。そうすれば、楽になれるぞ?」
「う、あぁぁ…っ!!」

救いも、希望も失い、囚われた勇者は仲間達の手によって調教を施される。
そして、数日後。


「わぉぉんっ」
「にゃぁぁぁんっ」
「あぉぉぉんっ!」

魔王の城の中には、堕ちた犬と、猫と、狼の甘い鳴き声が嬉しそうに響いていたのだった。






↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村
blogramで人気ブログを分析


↓こちらもよろしければ応援クリックお願いします↓

























関連記事
スポンサーサイト
[PR]

コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理者のみに表示