FC2ブログ

至福に流され男は淫猥な本心を口にする

2021.05.02.Sun.21:00
どんなに力を入れても拘束は外れない。地下室の床と一体化している二枚の分厚い金属の板へと金属製の器具を用いて縫い付けられた左右の手首と足首は必死になって身を悶えさせてもビクともせず、男の裸体はX字に引き延ばされた格好から自力ではどうやっても抜け出せない状態へと追いやられてしまっていた。
逞しく鍛え上げた自慢の肉体を酷使しても、状況は覆せない。誇りを胸に試行錯誤を繰り返しても、男はただただ拘束の厳重さを改めて思い知らされ、何処にも逃げられないという絶望の事実をより深く理解させられてしまう。
幾ら頑張っても、この拘束は振り払えない。救いを得る為には、憎い男に慈悲をねだるしかない。
それを把握した男は、これ以上無い屈辱と恥辱に震えながら、自分の背後にいる男に許しを請うた。人間として、正義としての尊厳をかなぐり捨て、男は自分を弄ぶ悪の男に責めの終わりを望んだ。

「お、願いします……もぉ、許してぇ……気持ち良いの、いやら……もぉ、ひんこも、おひりも、苛めないれぇっ……!」

舌足らずに紡がれる、敗北宣言と同義の哀願。刑事としての立場を自ら忘れ、屈強な裸体と声を小刻みに跳ねさせながら発せられる心の底からの懇願。
それを耳にした悪の男は、満足げににっこりと微笑む。そして残忍な悪はその微笑みのまま何の躊躇いも無く右手と左手の動きを引き上げ、虚勢を張る余裕も失い快楽を拒絶する本音を露わにした褒美と言わんばかりに、抗えぬ刑事の恥部に苛烈で巧みな悦楽の責めを容赦無く叩き込み始めた。

「ひっ、やぁぁぁーっ!? なんれ、なんれぇっ!? 嫌っていっひゃぁっ! いじめないれっへ、いっひゃ、にょにぃぃぃっ!!」

悪の左手が、萎える暇も認められずに射精を強いられ続けた刑事の男根を粘ついた水音を立てながら扱く。悪の右手が、親指と小指で尻の谷間を割り開きつつ残りの三本で腸壁を掻き毟り、長時間の責めによってはしたなく解れ感度の高まりきった尻穴に肛虐の至福を流し込んでいく。

「あっあ、だめ、りゃめっ、イぐ、ひぎゅぅっ! イぎだくにゃいのにぃぃっ! ぎもぢいぃのっ! イぐのとめられにゃいのぉぉぉっ!!」

刑事の肉体はもう、絶頂の波に逆らえない。強められた淫蕩な攻撃に翻弄されることしか出来ない刑事は、一際大きな絶頂へとされるがままに押し上げられるしか無い。
四肢を拘束された裸体を仰け反らせ、耳に心地良い淫らな悲鳴を地下室中に反響させながらその瞬間へと上り詰めていく刑事を片膝を付いた体勢で見上げている悪の男は、滑稽によがり狂う刑事の様子に目を細め口角を吊り上げつつ左右の手の動きをまた強め、とどめの快楽を送り込んでやった。
特に過敏な亀頭が、手の平で包み込まれ擦り上げられる。敏感な弱点である前立腺が、三本の指でぐりぐりと抉られる。その刺激にそれまで保っていた理性と正気を勢いよく削られ、崩壊への第一歩を踏み出しながら、刑事は甲高い嬌声を上げつつ甘く苦しい頂点を極めた。

「イっ、ぎゅ! ひぎゅ、イきゅぅぅぅーっ!! ひゅごい、ひゅごぃぃっ! じゅっとイぐ、イぎまぐりゅぅぅぅっ!!」

ほとんど何も吐き出せなくなっている男根から手の平に向けて透明に近い蜜を零し、嬉しそうに蠢く腸壁で指を熱烈に絞め上げ、快感を嫌がっていた数分前の姿が嘘のように絶頂を悦ぶ鳴き声を放ちながら刑事は絶頂を迎えた。
だが、悪の責めはまだ終わらない。刑事が肉欲に屈したことを確認した悪は痛々しく痙攣する裸体を愛しげに眺めつつ左手を男根から離し、柔らかく仕上げた尻穴から右手の指を引き抜きながら立ち上がり、準備万端となった刑事の淫らな穴に硬く張り詰めた自身の男根を、捕らえた刑事を雌に堕とす興奮に滾った男根をつるりとねじ込んだ。
それは真の地獄の始まりを示す合図。男を欠片も残さず甘く打ちのめし、快楽と自分に従順な肉奴隷へと陥落させる次の調教の開始を表わす合図だ。

「んぉっ!? ほぉぉんっ!? あぁ、指より、ふといぃ……あぁ、指より、きもひぃ……んはぁぁんっ!? りゃめ、じゅぼじゅぼらめぇぇ!」
「駄目じゃないでしょ、刑事さん? 気持ち良い時はちゃんと気持ち良いって言うんだ。ほら、言ってごらん? おチ○チン気持ち良いって。ご主人様のおチ○チンでお尻をほじほじされるの気持ち良いって、正直に言ってごらん? 可愛い刑事さん?」

その発言を繰り返してはならない。命じられた通りに口にしてはいけない。
そんな当たり前の判断をする思考能力さえも削ぎ落とされた刑事は断続的に襲い来る尻穴の至福と、それまで放置されていた左右の乳首を捏ね回す指の責めに幸せ色の叫びを零しながら憎んでいた悪が示した通りに淫猥な本心を口にし、悪の男の腰振りの速度と乳首を弄る指の動きを甘く加速させつつ、触られてもいない男根から新たな淫蜜をとろりとろりと分泌させていくのだった。






↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村

B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓





















関連記事
スポンサーサイト
[PR]

コメント

管理者のみに表示