FC2ブログ

限界の男達は無慈悲にも吊り上げられる

2021.04.29.Thu.21:00
口内へと押し込まれた布に歯を立て、口に栓を施す黒色のガムテープ越しにくぐもった絶叫を放ちながら身悶えても、男達は自由と言葉を奪われた状況から抜け出せない。左右の手首と二の腕同士を背中で縛られた上で動きを制限された腕を胴体へときつく縫い付けられ、左右の太ももから親指同士に至るまでの部分を過剰なまでの縄で一つに結合された裸体をなりふり構わずにもがかせても、哀れな男達は自分達を捕らえた男達に惨めなダンスを披露しながら、より惨めな痴態を為す術無く晒し続けるしか無い。
全身を圧迫する縄と部屋の天井に設置された機械を繋がれ、守る術を失った恥部に淫らな責め具をあてがわれた男達はもはや、捜査員として以前に雄として人間としての尊厳を辱められながら、何処にも逃げられぬ立ったままの裸体が絶頂に苦しむ様子を観察され続けるしか無いのだ。

「んーぅっ! んぐっ、ふぎゅぅぅっ!!」
「ぶぐっ、んもぉぉんっ!! うぅ、んふっ、むぎゅぅぅぅっ!!」

閉ざされた口で甘く歪んだ悲鳴を放ちつつ、並んで拘束された捜査員達は悪への屈服を拒む為でも己の誇りを守る為でも無く、絶えず襲い来る快楽の拷問からの解放のみを欲して諦め悪く縄塗れの裸体をくねらせる。
もちろん、厳重な縄は二人が幾らもがいても緩みすらしない。思い通りに使える指を酷使しても結び目に触れることすら叶わない。そんな無慈悲な拘束に縛められた無様な捜査員達は当然、乳首を挟み込んで震えるクリップ型のローターを毟り取ることも、男根に巻き付けられた三本のベルト型ローターを振り払うことも、縄で抜け落ちないよう抑え込まれた尻穴を埋め尽くす極太のアナルバイブをひり出すことも出来はしない。

「んぐっ、んむっ、むぉぉぉんっ!!」
「うぅ、うぐぅぅ! んー! みゅぅぅぅっ!!」

一切の足掻きが徒労に終わる絶望的な格好へと追いやられた捜査員達。醜悪な笑みを浮かべる悪人達に悶絶の様を余すところなく鑑賞されながら、萎える暇も無く絶頂を強要されている男根からほぼ透明に近い精液を絞り出される捜査員達。その限界を超えて苦しみ抜かされている捜査員達に、非道な悪達は何の躊躇いも無く追い打ちの淫獄を叩き込んだ。
悪達は敬愛する首領が捜査員達を捕らえ嬲っている部屋へと到着し、あらかじめ準備しておいた専用の椅子に腰を下ろすと同時に、二人を更なる甘い苦痛へと突き落とすスイッチを操作してしまったのだ。

「ふぐっ!? みゅ、おぉ! んむおぉ……っ!?」
「うぐっ、ふみゅぅぅ!? んも、おぅ、ぶむぅぅ……!!」

天井の機械が、低い駆動音を立てながら二人と繋がっている縄を巻き取っていく。その巻き取りをとめる手段など一つも無い二人は、床に付いていた足を少しずつ少しずつ浮かされていき、とうとう最後に触れていたつま先が床から離れる瞬間を迎えさせられてしまった。
それは言い換えれば、宙吊りの状況だ。床という支えを失った為に快楽を散らすことを目的とした身のくねりも満足に行えず、縄の圧迫を苛烈に引き上げられたせいで全身を容赦無く痛め付けられ、何より縄が絞まったことで淫具の食い込みも激しくなりより鮮烈な快楽を味わわされる羽目になる。そんな宙吊りの状況に、捜査員達は置かれてしまったのだ。

「っ、ぎゅぅぅ! むぐっ、おぅぅぅ……!!」
「む、んぶぅ! んも、うぎゅ、ふうぅぅーっ……!!」

先程よりも苦しいのに、先程よりも気持ち良い。逃がしたくても逃がせない快楽が吊るされた身体中を駆け巡り、すでに火照りきった肉体を理性を蝕む形で一層熱く火照らせていく。
目を剥きながら悦びと苦痛が混ざり合った呻きを漏らし、憔悴しきった身体を無意識によじらせながら仲良く力無くぶらぶらと揺れ動き、正面に自分達を弄んでいる張本人の悪の首領が座っているという事実を理解する思考能力が仮に残っていたとしても堪えきれない絶頂を次々に迎えて吊るされた裸体を断続的に強ばらせる捜査員を至福の表情で見上げながら、悪の首領は気丈な態度を完全に失い淫らに壊される以外の道を奪われた二人の滑稽な様に愉悦を募らせ、じわじわと正気を削り落とされていく宙吊りの捜査員達が崩壊に至る過程を、二人を捕獲し淫蕩な見世物に変えた優秀な部下達と共に目と耳で愉しみ歪んだ充足で胸を満たしていくのだった。






↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村

B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓





















関連記事
スポンサーサイト
[PR]

コメント

管理者のみに表示