FC2ブログ

五角形に飾られた男達は強まる淫獄に悶え苦しむ

2021.04.19.Mon.21:00
五角形を作るように、床と天井を結ぶ金属製の柱が設置されている。
多くの人間が行き交う建物のエントランスに作られたそれは、同じ建物内で働く者達を愉しませる娯楽を飾る為に用意された五角形だ。
自身の右手首と仲間の左手首に装着された黒革の枷の金具を、ぐるぐると巻き付ける形で柱へとあてがわれた鎖によって遊び無く結合された男達の腕は斜めに持ち上げさせられた状態から抜け出せない。左右の足首の枷を手首と同じように柱を経由した鎖を用いて仲間の枷と繋がれた男達の足は、肩幅に開いたまま閉じることも許されない。
X字に引き延ばされた手足を縛められ、丸出しにさせられた恥部を覆い隠すことも口に噛まされた黒い棒状の枷を毟り取ることも叶わない哀れな五人の男は、五角形の内側に背を向けて仲良くエントランスに飾られた屈辱と恥辱が絶えず襲い掛かる状況を覆したくても覆せない。
打ち倒そうとしていた犯罪組織に捕らえられ、逞しく鍛え上げた筋肉質な裸体を持ってしても決して外せない頑丈な器具によって自由を奪い取られ抵抗と逃走を不可能にされた男達はもはや、憎んでいた悪達の目と耳を悦ばせる痴態を晒す鑑賞物として扱われるしか無い。
悪の仕事が始まる時刻が訪れる一時間前に駆動を開始する、五角形の内側に置かれた非道な機械に無防備な弱点を容赦無くいたぶられ始めても、男達はどうすることも出来ぬまま自分達の無様な姿を長く堪能する為にと早くに足を運んでいた悪の構成員達の前で、みっともない鳴き声を上げながら悶絶する己を提供させられるしか無いのだ。

「んぐっ、あむっ、んむぁぁ!」
「あぶっ、ぶぁ、むぐぁぁ!」

背後の床に置かれた巨大な箱型の機械が、五角形の柱に縛り付けられた自分と仲間の尻穴を狙って極太の張型を移動させ、タイミングを合わせて全員の穴を下から貫く。そして、機械は全く同じ速度で五本の張型を上下に動かし、醜悪なイボを無数に生やしている張型で五人の恥ずかしい穴を掘削し望まぬ快楽を味わわせていく。
その責めだけでも、男達にとってはこれ以上無い苦痛だ。自身の尻穴が突然の挿入を痛みも無く受け入れ、異物を拒むどころか潜り込んできた異物を嬉しがるかのように悦楽を覚えている事実が、苦しい。一切触られていない男根が尻穴への刺激のみで硬く勃起させられ、我慢も出来ない勢いで射精に上り詰めさせられている事実が、辛い。同じ間隔で尻穴をほじくられながら同じ間隔で塞がれた口から甘く歪んだ鳴き声を漏らし、情けなく膨らませた男根を絶頂へと追い立てられている様子を悪達に鑑賞されている事実が、口枷が無ければ自らの舌を噛み切っていたかも知れないと思うほどに悔しい。
だが、五人の本当の地獄はまだ始まってすらいない。悪達に至福を抱かせる滑稽で淫猥な見世物は、ここからが本番だ。
五人を嬲る機械の真の残忍さは、五人が尻穴の快感に屈して射精を迎え始めた時に始動する。尻穴の痙攣を察知して絶頂を把握した機械は、すでに限界の五人に更なる淫獄をゆっくり、じわじわと送り込み、より惨めな痴態を少しずつ少しずつ強要していくのだ。

「んみゅ! もぉぉっ! あぶっ、ばぉ、むぐぁぁっ!!」
「うっ、うぐっ、ふぎゅ、むぉぉっ!」

絶頂した罰と言わんばかりに張型の上下運動を速めた機械に悲痛な嬌声を放つ隣の仲間を横目で眺めても、男達は何もしてやれない。男達に取れる行動は、一層激しい動きで尻穴を掻き回す張型に苛烈な悦楽を味わわされながら男根から精液を撒き散らす仲間を目にして恐怖を募らせ、どうにかして絶頂しないよう堪え続けることくらいだ。張型には悪達が製造した強力な淫薬が少量ずつ絶えず塗布されている為、忍耐は無駄以外の何物でもない。それを理解していても、男達はただただ意識を絶頂から逸らし、暴力的な悦楽によって休み無くイき狂わされる苦悶の訪れを遠ざけようと試みることしか、淫獄を和らげる方法は残されていないのだ。

「うぎゅ、みゅぅぅんっ!! あぉっ、えぶっ、むぁぁぁんっ!!」
「うふ、っ、ふうぅ! あむ、おぅ、あおぉ……!」

ついさっきまで一致していた鳴き声のタイミングにばらつきを生み、早くもイきまくり出した男と絶頂寸前の位置で枷に歯を立てて耐える男に分かれて悶絶を見せ始めた男達の光景に目を細めながら、早めに建物にやって来た悪達は雄々しき正義の男達が汗と涙と淫液を垂れ流してよがる様にいびつな興奮を加速させつつ、時間が許すまで淫欲に溺れていく正義達を眺め業務遂行への英気を養っていた。






↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村

B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓





















関連記事
スポンサーサイト
[PR]

コメント

管理者のみに表示