FC2ブログ

男は次のお預けへと為す術無く押し上げられる

2021.04.11.Sun.21:00
「あっ、んっ、はぁぁんっ! おひりっ、ぎもぢぃぃっ! ずぼずぼ、もっとずぼずぼぉっ! イがぜでっ、イぎだいぃぃっ!!」

地下室の天井に打ち付けられた金具達から伸びた鎖の先にある黒革で作られた四つの枷を両手首と足首に嵌められ、手足を真上に伸ばしきった体勢を強要された男が背中を預けた台の上で汗に濡れた裸体を情けなくくねらせながら更なる快楽と絶頂をねだる叫びを発している。
今の男にはもう、自由を奪う拘束を振り払おうという意思は欠片も無い。硬く張り詰めた男根をはしたなく振り乱しながら尻穴を奥深くまで掘削している張型を前後に動かしている機械にもっともっとと懇願を繰り返している男は、悦楽を追及することに思考を支配された淫ら極まりない存在だ。
だが、そんな淫らに堕ちた男の渇望を、無慈悲な機械は決して汲み取ってはくれない。張型を容赦無く動かす機械は男の肉体が絶頂に向けて高まり、射精が目前に迫ったことを認識すると、何の躊躇いも見せずに駆動を変化させ張型を引き抜いてしまう。後に残されるのは、待ち望んだ至福の手前で残酷に放り出された男のみ。ぽっかりと開ききった尻穴を哀しげにヒクつかせ、尻穴だけでの射精が訪れる寸前でお預けを喰らいまるで泣いているかのように男根から透明な蜜を滴らせる男のみだ。

「やっ、やぁぁぁんっ! おにぇがい、もっどじでぇぇっ! イぎだい! しゃせぇぇっ!! おひり、ほじほじっ、じゅぼじゅぼぉぉっ!!」

狂ったように鳴き喚いても、張型は尻穴に戻ってこない。視界情報を遮断する黒布の下で目を見開きながらじたばたと暴れても、男は快楽のとどめを欲しがっている男根と尻穴に触れることすら叶わない。
そうして悶え苦しみながら絶頂の波がじょじょに引いた男は、息を荒く乱しつつ若干冷静さを取り返した思考で絶望を募らせた。
今頃、自分から引き抜かれた張型には新たな薬品が、腸内の感度を引き上げ肉体全体に発情を促す媚薬がたっぷりと塗り込まれているのだろう。そして、その媚薬塗れの張型は絶頂が完全に遠ざかった自分の尻穴をこじ開け、また寸止めを味わわせてくるのだろう。
何度も叩き込まれた残酷な責め苦を思い返して打ちひしがれながら、男は怯えと恐怖を糧に拘束との格闘を試みる。けれど、やはり頑丈な枷と鎖は冷たく鳴るだけで外れる気配すら見せない。無意味なもがきをどんなに行っても状況は当然変わらず、引き抜いた張型に自身から伸びたアームの先にある筆を用いて媚薬を丹念に付着させた機械は、男自身が分泌した腸液と新たに塗られた媚薬にコーティングされたそれを使って、少し窄まり始めた男の尻穴を再びこじ開け腸内の掘削を再開してしまった。
冷酷な機械は、次のお預けを前提とした淫獄を逃れられぬ男にまた叩き込み始めてしまったのだ。

「やっ、んやぁぁっ!! もっ、ゆりゅじでぇぇっ! おがじぐなりゅぅっ! もぉ、イがぜで、だじゅげでっ! くるっひゃう、頭、へんになるぅぅぅっ!!」

理性の崩壊を危惧する程の、頂点への到達を決して許さぬ生殺しの性拷問に翻弄される男は嫌がる声をあっという間に絶頂を希求する哀願の悲鳴へと染め上げられていき、本能を剥き出しにした誰にも届かぬ淫らなおねだりを虚しく地下室中に響かせながら次のお預けがやって来る絶頂目前の位置へと為す術無く押し上げられていくのだった。






↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村

B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓





















関連記事
スポンサーサイト
[PR]

コメント

管理者のみに表示