FC2ブログ

男は発情に狂う様を飾られる

2021.03.31.Wed.21:00
左右を隙間無くぴっちりと揃えさせられた足は、どんなに力を込めても全く動かせない。左右の肘から手首までの部分を背中で密着させられ、手の指を使えないよう握り拳で固められた腕は、幾らもがいてもその状態から離れられない。両手両足の自由を奪い、口に太い棒を噛ませて言葉と自害を封じる黒いラバー製の拘束服を着せられた男はもう、手も足も言葉も出せない。目と鼻、そして左右の乳首と男根以外の部分を覆い尽くし、内部に存在する金属の棒によって足と上半身を曲げることを禁じる機構を有した拘束服に裸体の大部分を閉じ込められた無様な男は、露出させられた恥部を隠すことはおろか足と背筋を伸ばした姿勢正しい格好から、剥き出しの恥部を堂々と見せ付けているような惨め極まりない格好から抜け出したくても抜け出せない。
ありとあらゆる行動に制限を加えられ、逃走と抵抗を不可能にされた男。敵に捕らわれた事実に対する屈辱と、恥部をはしたなく外気に晒されている状況に恥辱を味わわされても、どうすることも出来ぬままそれらの辱めに苛まれるしか無い哀れな男。そうして完全に無力化され、好き勝手に弄ばれるだけの立場へと貶められた男を作り出した残忍な男は、何をされても抗えない男に最後の拘束と滑稽な悶絶を引き出す為の無慈悲な苦悶を加えてしまった。

「んっ、んぐぅんっ! ぶっ、もぉぉっ! うぶぉぉぉんっ!!」

拘束服にほとんどの部分を閉じ込められた裸体をめちゃくちゃによじらせても、男は何処へも移動出来ない。目から涙を零し、鼻を間抜けにプスプスと鳴らし、丸出しの乳首と男根をぷるぷると跳ね回らせながら身悶えても、左右の足首から先を拘束服の上から緩み無く締め付ける床と一体化した器具からは脱出出来ない。
最後の拘束によって立ったままの姿を強要された男はもはや、自分を捕らえた男の部屋でみっともなく苦しむ様子を提供する調度品として生きるしか無い。自力では拘束を一つも振り払えず、唯一の呼吸孔である鼻に無理矢理嗅がされた強力な媚薬がもたらす気が狂う程の発情を紛らわせる手段すらも没収されてしまった男は、ピンと尖った乳首と限界まで張り詰めた男根を情けなく振り乱しながら全身を襲う疼きにただただ嬲り続けられるしか無い。
快楽をねだる恥を捨てた哀願のおねだりすらも愉快な反応として無言で堪能される男は、自分を捕獲した男の私室内で淫らな火照りに狂い鳴く滑稽な娯楽として、残酷に生かされ続けるしか無いのだ。

「うーぅっ! むごっ、ぼぉぉ! あぶぅぅんっ!!」

くぐもった声で必死に許しを請うても、醜悪に微笑む男には届かない。痙攣すらもままならない程に厳重な拘束を与えられた裸体をなりふり構わずに暴れさせても甘い刺激を欲する乳首と男根を鎮めることは叶わず、男は余計に淫猥な渇望を加速させ自分を鑑賞する男の前で理性を削り落とされていく。

「うぅんっ! んふっ、むぶぅぅ! あぉ、もっ、んぐぅぅ!」

大きく動かせない肉体で腰を前後に揺らし、言葉にならない悲鳴を喉が破れんばかりに発して湧き上がる一方の淫欲を散らす。
そんな痴態を優雅にくつろいだ状況で眺める冷酷な男は自分の手に堕ちた男への優越感を抱きつつ極上の酒を嗜み、苦しみ抜く男の様を肴にしながら支配の悦びとこれから始まる加虐の日々に対する幸福に酔いしれていくのだった。






↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村

B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓





















関連記事
スポンサーサイト
[PR]

コメント

管理者のみに表示