fc2ブログ

尻穴調教は海辺で行われる

2014.01.11.Sat.21:00
「んー…んうぅ」

海辺に建つ倉庫の中で。
一人の男が拘束された姿を自分を捕らえた男に観察され、凌辱を加えられていた。

「んっ、ぐぅっ!」

男は何とかして恥辱から逃れようと身体をもがかせるが、口に布の詰め物をされ、天井から下がったフックに手首を拘束する縄と膝に結ばれた縄を繋がれ、M字に開脚させられた状態は変えられない。
むしろ、衣服を剥ぎ取られた惨めな裸体が力無くくねり、丸出しにされたペニスが見つめる男の目を愉しませるように揺れてしまう。

吊るされた男が暴れる度に床に汗と分泌された淫液が混ざった液体が落ちていき、倉庫の床に淫らな染みを作る。
それをどうする事も出来ず、男は必死で責めに耐え、肛門に力を込めていた。

「頑張るねぇ、刑事さん。ここ、苦しそうにヒクヒクしてるのに」
「むぐっ!? んぐぅーっ!」

突然に男に堪えているアナルを指で擦られ、刑事と呼ばれた男は甘い悲鳴を上げる。
触られたアナルは快楽で一瞬緩み、開いてしまった入口から一筋の液体を漏らす。

刑事を捕まえた男の手によって注入された、アナルの中を満たした残酷な液体を。

「ははっ、今ちょっと出たぜ? その勢いで全部出しちまえよ」
「ふぅっ、んぐぅっ!」

連続で震える入口をくすぐられながら、刑事は首を左右に振って拒否を示した。
そんな屈辱、耐えられない。しかし、身体はもう限界を訴えている。

責められるアナルは決壊を恐れているのに、度重なる凌辱で覚えてしまった放出の悦びを求めていた。拒む心は揺るぎ無いのだが、脳内でははしたなくアナルから液体をぶちまけ、破滅的な悦楽に浸る自分の姿が映し出される。

「んぅ、ふぅっ」

それでも、刑事は気力で耐えた。これ以上堕ちたら、絶対に戻れなくなると感じていたから。

「そうかそうか、そんなに出したくねーか。なら…出さなくて良いぜ?」
「んぐっ!?」

笑いながら何かを入れられ、男の顔を見ていた刑事は下半身に目を向ける。
そこには、液体を抱えているアナルを塞ぐようにチューブの付いた栓がされていた。幾度と無く使われた、無慈悲な栓の淫具が。

「ほら、悦べよ。絶対に出ないようにしてやるんだから」
「ふうぅ!…んうぅーっ!!」

栓から伸びたチューブの先のポンプを男が操作し、押し込んだ栓に空気を送り込む。
少し力んだくらいでは決して抜けないよう、刑事を長く深く絶望させるよう、ゆっくりと見せ付けながら。

「入れ終わったら今度は嬲られてんのに勃起してる刑事さんのチンコを苛めてやるよ。嬉しいだろ?」

嫌、なのに。嫌なはず、なのに。
苛めると言われ、悦んだ自分がいた事に刑事は驚愕した。嬲られる事を嬉しく思う心が、いつの間にか芽生えていた。

「んぉぉぉーっ!!」
「そんなに悦ぶなよ、淫乱刑事さん」

誰か、助けて。

捕らえられた刑事の叫びは虚しく倉庫に響き、ただ男の耳を愉しませるだけで終わり。
憐れな刑事は恥辱に震えながら、それを望む存在になる責めを、堕ちるまで受け続けるのだった。





↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村
blogramで人気ブログを分析


↓こちらもよろしければ応援クリックお願いします↓

























関連記事
スポンサーサイト
[PR]

コメント

管理者のみに表示