FC2ブログ

悪いペットは主の手で苦しみを増幅させられる

2021.03.16.Tue.21:00
「あぁっ! もぉやらぁぁっ!! イぐのっ、やあぁぁっ! だじゅげでぇぇぇっ!!」

大粒の涙を零し、悲痛な懇願の叫びを口から唾液と共に溢れさせつつ、青年が無慈悲な責めからの脱出を求めて裸体を必死によじらせる。自分の尻穴を下から貫き、奥深くまでを満たした状態で絶え間無い首振りを行って腸壁を掻き毟っているバイブからどうにかして逃れようと、青年はじたばたと身をもがかせ与えられた拘束を振り払おうと試みている。
けれど、青年の自由を奪う拘束はビクともしない。左右の足に折り畳んだ状態を強要している黒い革のベルトも、黒い首輪の後部の金具と頭部の後ろまで持ち上げさせられた左右の手首に装着されている黒革の枷の金具を遊び無く結合している南京錠も、首輪の前部から伸びた長い鎖を床に打ち付けられた金具へと繋いでいる南京錠も、生身の青年が力を幾ら加えても外れる気配すら見せない。
足掻いても足掻いても、拘束からは抜け出せない。喉が破れんばかりに鳴き喚きながら尻穴を襲う甘い苦悶から離れようと頑張っても、青年は何一つとして状況に変化をもたらせない。
自分を嬲る望まぬ快楽を遠ざける為の手段を全て封じられた哀れな青年はもう、為す術無く尻穴を淫らに蹂躙され続けるしか無い。床に置かれた半円状の機械の上に無理矢理にまたがらされ、その機械の上部に生えた極太のバイブを体内に飲み込まされた青年は、荒々しく柔らかな肉を抉る無慈悲な淫具の責めに屈して触られてもいない男根から精液を噴き出させる惨めな絶頂を何度も何度も迎えさせられるしか無いのだ。

「あくっ、っは、はぉぉんっ! もっ、むりぃ……ゆりゅじで、くるっ、じぃぃっ! た、ひゅけ、へっ、おぉっ、んぉぉぉぉぉんっ!!」

一人きりで置き去りにされた部屋に許しを請う絶叫と獣のような嬌声を反響させながら、青年がまた絶頂に至る。尻穴のみでの絶頂を数え切れない程に極めさせられた男根はほぼ透明に近い精液を力無く零す状態に追いやられているというのに、そんなことなどお構いなしに駆動し続ける無慈悲なバイブは長時間の凌辱で解れきり感度も高まりきった腸内を甘く残忍に殴り付け、限界を超えた快楽に喘いでいる青年を次の絶頂へと上り詰めさせていく。

「もぅ、もぉやらぁっ! ゆる、ひっ、んうぅ! はぉぉぉっ!!」

わずかな休憩すらも認められずに絶頂を強制されるイき地獄に苛まれる青年。心と身体を淫猥に翻弄され、反抗的な態度を欠片も示せないよう打ちのめされた無様な青年。そんな青年を黒く微笑んで見下ろしながら、数時間ぶりに部屋に戻ってきた冷酷な男はズボンのファスナーを下ろし硬く張り詰めた男根を青年の眼前に突き付けつつ、縋る視線を自分に寄せている青年に向かって尊大な口調で問いかけた。

「しっかり反省したか?」
「しっ、しまひた。もぅ、絶対に逆らいまひぇんっ! だっ、だから、もぉ……」

反省を宣言した青年が、哀願を紡ごうとする。それに対し、男は再び尊大な口調で青年の言葉を遮りつつ問いかけた。

「本当に反省したのか? ご主人様のチ○ポに噛み付いたことを、ペットとしてあり得ない無礼を働いたことをちゃんと後悔してるのか?」
「申し訳、ごじゃいましぇんっ! これからは、良い子になりまひゅ! 従順なぺっとになりましゅぅっ! だから、もぉ、ゆるひれくだしゃい! イぐのっ、とめれくらひゃいぃぃぃっ!!」

生意気な反抗を行った事実を心から反省し、自分を飼い慣らす主である男への恐怖に震えつつ青年は淫獄の終了を一生懸命に望む。
しかし、男は青年をまだ許さない。男は先程取り出した男根の先端を数時間前に歯を立ててきた悪い口に押し当てつつ、尊大さはそのままに今度は問いではなく、命令を青年ペットに与えた。

「なら、その反省を行動で示せ。さっき噛み付いた口で、ご主人様のチ○ポにお詫びのご奉仕をしろ。もし嫌がったり上手くお詫びできなかったりしたら……どうなるか分かってるな?」

更なる罰を加えられる。その情報を快楽に疲弊した頭でも即座に理解させられた青年は、目の前の男に服従しペットとしての奉仕を行う以外の選択肢を潰された青年は、屈辱と悔しさに震えながら男根を口にくわえ込み歯が当たらないよう、男の機嫌を損ねないよう細心の注意を払いつつ淫獄の終わりを手繰り寄せる為の熱烈な口奉仕に耽り始めた。

「あむっ、んっ……んふっ、むぶぅぅんっ!」
「そうそう、その調子だ。やれば出来るじゃないか。バイブが気持ち良いからって手を抜くなよ? もし怠けてると俺が感じたら、反省が足りてないと判断してお仕置きを延長するからな?」
「んむっ、むっ、ふむぅぅぅっ……!」

休み無く腸壁をほじくり回すバイブの悦楽に甘い悲鳴を発しながら追加の仕置きに怯えて舌を男根に這わせる青年を堪能する男は、まだまだ躾け甲斐のある青年の態度に歪んだ充足を募らせつつ、屈服しきっていないペットに屈服を促す目的で青年の髪を右手で掴んで腰を振り、喉の肉を狙って男根を前後に動かし青年の苦しみを愉しげに増幅させていくのだった。






↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村

B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓





















関連記事
スポンサーサイト
[PR]

コメント

管理者のみに表示