FC2ブログ

悪魔に捕まり性奴隷調教

2014.01.10.Fri.08:00
この作品は里桜さんのリクエストを元にして書かせていただきました。リクエスト、ありがとうございました!


すでに誰も住んでいないはずの、豪邸の一室。
そこに置かれた天蓋付きのベッドの上で、一人の青年が裸体をくねらせ、手首を拘束具の鎖によって頭上高く吊られた状態で悶えていた。
豪邸の主である、男のペニスをアナルの奥深くまで受け入れるように、主にまたがった姿で。

「ほら…しっかり腰を振れ」
「あうぅっ!」

咎められながら左の尻を手で打たれ、青年は甘い悲鳴を上げた。その痛みと衝撃でアナルの中を埋め尽くす肉棒を強く絞め付けてしまった青年は、腸内を抉られる快感に全身をわななかせつつも、命令に抗えず腰を振り続ける。
しかし。

「ふ、あぁ…っ。力、はいらにゃいぃ」

長時間責めを与えられ、もはや青年は腕を拘束する鎖を引いて身体を持ち上げる事も、足に力を込めて身体を浮かせる事も出来なくなっていた。
どんなに力を入れても鎖が乾いた音を立てるだけ。足がシーツにしわを作るだけ。必死にもがく姿は男の目を愉しませていたが、飽きた男は残酷に、次の責めを考えていた。

頭部に二本の角を生やした、悪魔の思考回路を持つ頭で。

「そんなに私の言う事が聞けないのなら、もう腰は振らなくていいぞ」
「ひっ…しょんな、事はぁっ!」

冷たい声音に怯え、青年は否定を叫ぶ。
目に涙を滲ませ、懇願をしていた青年の恐怖の表情を悪魔の主はたっぷりと愉しみ。魔力を使って、逃れられない憐れな青年を弄び始めた。

「嫌ぁぁっ! 乳首とちんこっ、ぶるぶるしちゃらめれふぅぅぅっ!!」

目に見えない力で、青年の乳首とペニスを包み。指はもちろん機械でも出来ない程の細かい振動で容赦無く責め立てる悪魔は、腕を頭の後ろで組んで完全に寝転がり、自分のペニスを飲み込んだままどこにも移動を許さなくした人間の青年を目で、耳で、ペニスで味わい尽くす。

「あっ、あぁぁっ、んあぁぁーっ!!」

激しい振動に、青年は堪える余裕さえ無く射精をさせられた。勃起しきったペニスを吐き出された白色が伝う間も、魔力は休み無しで快楽を生み出す。

「もう、だめ、りゃめぇっ…! ゆりゅひて、ゆるしへぇぇ……!!」

口から唾液を溢れさせ、焦点の合わない瞳で自身を嬲る悪魔を見つめる青年は、全身の痙攣をとめられず下から串刺しにしてくるペニスをしゃぶって、それを悦びへと変えていた。
その事実を見逃さない悪魔は、小さく黒く笑い、無慈悲なとどめを青年に刺した。

「なら、逃がしてやろうか? もっとも、お前の身体はもう私無しではいられないだろうがな…」
「あ、あぁ…」

薄々自覚していた事を指摘され、青年は力無く声を漏らす。
四六時中快楽責めをされた肉体は快楽があるのを当たり前だと思っている。一度拒んだお仕置きとして放置された時は一時間だけだったのに気が狂いそうにアナルが、ペニスが、乳首が疼いた。
心が拒否しても、身体は求めている。理性が抵抗を示しても、本能がこの悪魔を主人だと認めてしまっている。

「諦めて、私の手に堕ちてしまえ。この家に興味本位で入った時から、お前にはその選択肢しか無いんだからな」

悪魔が棲む噂を耳にして、確かめようと入った日を思い出す。その時は、こんな事になるなんて思ってもみなかった。
囚われる未来も、囚われて嬲られる事に対し苦痛よりも悦びを覚える自分がいる事も、知らなかった。

「気持ち良い、と言ってみろ」
「あ…きもち、い…」

指示に従い、言葉を紡ぐ青年。
その瞬間、青年の身体中には電流のような痺れが走り、震えていた身体を蕩けさせる。

悪魔に執着された青年は、どうする事も出来ずに堕ちていき。その豪邸の中で、悪魔の性奴隷として飼われる道を、やがて自らの意志で選んでいくのだった。





↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村
blogramで人気ブログを分析


↓こちらもよろしければ応援クリックお願いします↓

























関連記事
スポンサーサイト
[PR]

コメント

管理者のみに表示