FC2ブログ

少年達はわずかな希望を粉々に噛み潰される

2021.02.11.Thu.21:00
床下の空間から、耳障りな機械音が絶えず響いている。その音の発生源は、床に埋め込まれた小型の破砕機。小型と言えども大抵の物体はやすやすと噛み潰せる刃と馬力を備えた破砕機だ。
そんな破砕機を取り囲む形で、五人の少年は衣服を剥ぎ取られた裸体の自由を奪われている。左右の足首をきつく括る黒革のベルトと床に打ち付けられた丸い金具を短い鎖で結ばれ、左右の手首に装着された黒革の枷から伸びた鎖を天井と一体化しているフックへと繋がれ、立ったままの姿勢から抜け出せないよう身動きを封じられてしまっている。
思い通りに使えぬ手では、自分と仲間を縛める黒革を解くことも言葉を取り上げる黒い棒状の口枷を毟り取ることも出来ない。行動を制限された足では移動も叶わず、自分達から剥ぎ取られた五色のヒーロースーツの上に置かれている五つのリモコンを操作することも不可能だ。
両手両足を拘束され逃走を禁じられた哀れな少年達はもう、ただただ耐えるしか無い。ほんの少し足を伸ばせば届く位置にあるはずの五つのリモコンを虚しく見つめながら絶え間無い振動を繰り返して幼い男根を苛烈にいたぶる根元から亀頭のすぐ下までを覆う形で巻き付けられた黒いベルトが生み出す悦楽に翻弄されつつ、抗いも虚しく絶頂する度に脱力しようとする裸体を支え続けるしか無い。
無様な状況へと追いやられた五人の少年ヒーローは涙に濡れた目で視線を交わしてお互いを励まし合いながら、床に重ねて置かれた自分達のヒーロースーツと淫具のリモコンを床下の破砕機へと導く残忍な機構が作動しないよう、甘く苦しい責めに憔悴しきった裸体に力を込めることしか出来はしないのだ。

「んっ! んむぅぅ! ふぶぅぅぅ!!」
「あぉっ、うぅぅ! んもぉぉっ!!」

塞がれた口で惨め極まりない淫らな悲鳴を上げ、放出する精液が枯れ果てても許されずに絶頂を強いられている男根を仲良く滑稽に振り乱しながら、少年ヒーロー達が痛々しく痙攣している汗塗れの裸体に力を保つ。
自分達が撒き散らした精液と汗で汚れきった五着のスーツと、男根を嬲る機械を操るリモコンを潤んだ瞳で眺めながら、少年達は根拠の無い希望を胸に淫猥な地獄を堪えている。
だが、すでに五人は限界だ。気力だけではどうにもならない程に、肉体は消耗している。脱力は厳禁だと理解しているというのに、少年ヒーロー達の裸体は無意識に放心しぐったりと全身を弛緩させる時間が増えてきている。
もはや五人は、視線を交わすという無意味な慰めを行う余裕も、閉ざされた口で意思疎通を図り希望を育て合う足掻きを試みる余力も無い。
そんな少年達に絶望の瞬間が訪れるのは、至極当然の道理だろう。イきっぱなしの状態へと追い詰められ、意識を朦朧とさせていた五人は萎える暇も認められない男根を襲う数十度目の絶頂に仲良く喘ぎ、悲痛に泣き喚きながらとうとう五人同時に脱力し、手首と繋がった天井のフックに体重を掛け、五着のヒーロースーツと五つのリモコンが置かれている部分の床を開く機構を作動させてしまった。

「んーっ!? むっ、ぐぶぅぅ!!」
「んむぅぅぅ!? むー! ぶむぁぁぁっ!!」

突如として強まった破砕機の駆動音を聞き、破砕機が無慈悲にスーツとリモコンを噛み潰す音を耳にした少年達は慌てて我に返り、音の方向に対して恐怖色の絶叫を飛ばした。
もちろん、五人が幾ら絶叫しても破砕機は停止しない。淫獄の終了を得る為に必要なリモコンと、戦いの力の源であるスーツを粉々に分解していく破砕機は打ちひしがれる五人の前で跡形も無くなるまで破壊を行い、役目を終えた破砕機へと続く床の小さな扉はただの少年へと貶められた事実を認識し絶望しながら新たな絶頂へと上り詰めさせられていく五人のヒーロー達に希望が閉ざされた現実を思い知らせるかのように、開いた時とは真逆のゆっくりとした速度で閉じきっていくのだった。






↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村

B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓





















関連記事
スポンサーサイト
[PR]

コメント

管理者のみに表示