FC2ブログ

青年は絶え間無い悦楽で淫らに口を封じられる

2021.02.07.Sun.21:00
指先から二の腕の部分までを包み込み緩み無い締め付けを加えてくる黒革製のアームバインダーを装着された青年の腕は、背中で伸ばしたままの状態を強いられた上に思い通りの動きを取れず、指を使うことすらもままならないよう自由を取り上げられてしまった。更に黒革で作られた頑丈なベルトを施され、窮屈に折り畳まされたまま伸ばしたくても伸ばせないよう足首と太ももを遊び無く一つに括られた青年は腕に続いて足の自由すらも没収され、歩いての移動はおろか這っての移動さえも満足に行えない姿へと追いやられてしまった。
手も足も出せない。そんな身体では外側から施錠された扉を開けようと試みる以前に、視界を閉ざし言葉を封じる黒革の目隠しと赤いギャグボールを毟り取ることも叶わない。ありとあらゆる形で行動を制限された青年はもはや、自分を拘束し地下室に置き去りにした存在の意に沿って為す術無く悶え苦しめられるしか無い。
自力ではひり出せないよう腰回りにあてがわれた縄で尻穴に極太のアナルバイブを固定された青年は、休み無く蠢くバイブによって腸壁を絶えず甘く殴り付けられながら、堪えきれない絶頂に何度も何度も押し上げられ続けていた。

「ん、まぉぉっ! ふぅ、んぶっ、むぁぁんっ!!」

ギャグボールに塞がれた口で甲高く鳴き喚き、飲み込めない唾液をだらしなくぼたぼたと垂れ流しながら、青年が何十度目かも分からない絶頂に達した。行動を制限された哀れな裸体が床に敷かれた薄桃色のマットの上で分泌した汗を撒き散らしつつ痛々しく痙攣する。吐き出す精液が枯渇する程に射精へと導かれた男根が縛められた足の間で虚しく脈打ちながら、透明な蜜を弱々しくとぷりと滴らせる。
悲痛な絶頂の様子を晒し、不完全な絶頂に悶絶している青年はとっくに限界を超えている。目隠しの下で青年は大粒の涙を零し、ギャグボールを噛まされた口で哀願の絶叫を発し、身体は絶頂を拒絶したい意志をどんな言葉よりも分かりやすく示している。
だが、青年を嬲る淫らな拷問は終わってくれない。尻穴を掻き回すバイブは青年の限界など意に介すこと無く駆動を繰り返し、解れきった腸壁に雌の悦楽を叩き込み、次の絶頂へと追い立ててくる。
どんなに願っても、心の底から拒んでも拘束と淫獄から抜け出せない青年は、無様に助けを望む相手もいないたった一人の地下室で終わりの見えない絶頂の波に狂わされながら、理性と正気が跡形も無く消滅するまで、自分に不都合な事実を知られた男の計画に従って淫猥な口封じが達成に至るまで、甘く、苦しく自らの全てを溶かし尽くされるしかないのだ。

「あ、ぶぅぅ! んまっ、もおぉ! ふぶぅぅぅんっ!!」

絶対に口外しない。そんな誓いを乗せた青年の叫びはただただ地下室に虚しく反響し、イき地獄という形での崩壊へと追いやられた青年の絶望を加速させ、快楽への屈服の速度を、肉欲に溺れ肛虐を常にねだる淫乱へと変貌するまでの勢いを、哀しく無慈悲に引き上げさせていた。






↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村

B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓





















関連記事
スポンサーサイト
[PR]

コメント

管理者のみに表示