FC2ブログ

盗賊少年には弱点を責め抜くお仕置きを

2014.01.04.Sat.08:00
この作品は名無しさんのリクエストを元にして書かせていただきました。リクエスト、ありがとうございました!


「あぁぁぁぁ! んっ、あぁぁ…っ!!」

甘く濡れた悲痛な叫びが、部屋に響く。
声の主である少年は、ベッドの上に寝かされ。衣服を奪われて拘束された身体を、ひっきりなしに痙攣させていた。

「たひゅっ、けっ。たしゅけへぇぇ…!」

言葉も上手く紡げなくなっている口から、唾液が溢れ出す。それを拭いたくても、今の少年には出来ない。背中に回された手首に鉄の枷を嵌められ、足首に嵌められた同じ枷と短い鎖で繋がれてしまったから。
海老反りの苦しい体勢を強制させられている憐れな少年の首には、囚われの証である首輪が巻かれ、ベッドの柵に鎖で結ばれた。このせいで少年はベッドの上から下りる事すらも許されず、右肩を下にした横倒しの状態で残酷な凌辱に耐えるしか無い。

同じベッドに座って、身悶える少年を愉しげに眺めている男の視線に、屈辱を与えられながら。

「ふふ…盗賊君はお尻の穴をお仕置きされるのが大好きみたいだね」
「ひがっ、違うぅ」

意地悪な言葉で、少年は思わずアナルに押し込まれた責め具を絞め付け、体内を強く抉られてしまう。

「何が違うの? 前立腺を苛められて、君の乳首もおチンチンも嬉しそうに大きくなってるよ?」
「いやぁぁ! 今触らないぇぇ!!」

痛い程に尖った右乳首と吐き出させられた精液でどろどろになったペニスを同時に指で弾かれ、少年は強過ぎる快楽に甘い絶叫を上げた。
少年の肉体は、もはやどこを責められても悦楽に変わる敏感な物に変えられている。そうさせたのは、アナルに挿入された一つの淫具。

自分の屋敷に侵入した盗賊少年を捕らえた商人の男は、商品の一つの淫具を、仕置きとして少年に使用した。
カーブを描く淫具の先が少年の前立腺をずっと押し続けたまま、電動で休み無く震える、性奴隷を作る時に使う淫具を、だ。

「初めはぶっ飛ばすって騒いでたのに、随分といやらしくなったね」
「あひぃっ! ひぎ、いぅ!」

強気に振る舞っていた少年に対し、淫具の効果は抜群で。罵倒を繰り返していた口も、今では喘ぎと懇願しか出せないくらいに弱められていた。

「おねっ、がいぃ! もう、もう、ゆりゅひてぇぇっ!!」

イき過ぎたペニスはじんじんと痛み、それでも萎えられずに精液に塗れて勃起している。
淫具をくわえたアナルからは洪水のように分泌液が零れ出し、頭は霞がかって何も考えられない。
必死になって外れもしない枷を動かし、淫獄から逃れようとしている姿に非情な商人は小さく微笑み、横倒しだった少年の身体を、うつ伏せに変えさせた。

途端。

「あぁぁっ!? チンコっ、こひゅれりゅぅっ!」

身悶える度に敏感になり過ぎたペニスや乳首がベッドのシーツに擦れ、堪らない快楽を生む。
ただ身を捩る事さえも激しい責めとなる姿勢を嫌がり、少年は寝返りを打とうとしたが、その動きは頭を掴まれて制されて。

「ほら、しゃぶって」
「んむ、ふむぅぅぅ!!」

荒い呼吸をしている口に、商人のペニスを含まされてしまう。

「うぐ、ふぅ、んぅぅっ!」

身悶えも、声も、抵抗も封じられ。なす術無く少年は突き入れられたペニスに奉仕する。
何もかもを支配され、嬲られているというのに全身には甘い感覚が満ちていて。拒みながらも、少年は抗いようの無さに現実から逃げ、その甘い感覚に自ら溺れ始める。

「そうそう、良い子だ。良く出来たから、お尻のを強くしてあげようね」
「んふぅぅぅぅーっ!」

更に激しさを増した前立腺への刺激。それは、少年にわずかに残っていた理性を焼き切るには十分で。
捕まった盗賊少年は嬲る男の思い通りに堕落し、二度と戻れない性奴隷としての道を、ペニスへの舌奉仕を加速させる事で歩んでいくのだった。





↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村
blogramで人気ブログを分析


↓こちらもよろしければ応援クリックお願いします↓

























関連記事
スポンサーサイト
[PR]

コメント

管理者のみに表示