FC2ブログ

男は欲望に従って捜査員を陥落に導く

2021.01.03.Sun.21:00
美しく鍛え上げられた筋肉質な肉体を有していても、生身の人間である以上頑丈な縄の拘束を引き千切ることなど出来はしない。
誇り高き正義の存在である捜査員であっても、強力な媚薬を投与され淫らな調教によって雌の快楽を教え込まされた尻穴を極太のアナルバイブで長時間に渡って掻き回され続けたら、惨めな絶頂を繰り返すしか無い。
そうして自由を奪われ逃れられない快楽に延々と嬲られた哀れな捜査員は、その身の屈強さとは真逆の淫らな悶絶に狂い矜持と尊厳を跡形も無く失って地下室へと戻ってきた私に、自分を捕らえ屈辱と恥辱に満ちた悦楽漬けの日々を味わわせた悪の私に、なりふり構わない叫びを飛ばしてきた。
それは心の底から紡がれる、甘い苦悶からの解放を願う哀願の叫びだ。

「あっ、んっ、あぁぁぁっ! も、もぅ、ゆるひへ、くらひゃいぃ……もぉ、イげない……イぎだぐないぃぃぃっ!!」

大粒の涙を零している瞳で縋るような視線を向けながら、捜査員は唾液をだらしなく垂れ流している口で一生懸命に許しを請う。
二の腕を胴体に括り背中で交差させた左右の手首をきつく縛る上半身の縄と足首と太ももを短く繋いでいる下半身の縄を軋ませ、尻穴にバイブを固定している腰回りの縄を解いてくれとねだるようにはしたなく身をくねらせながら、捜査員は言葉と全身で淫猥な地獄から救い出してくれと懇願する。
しかし、私はそれに応えない。私はただ、ベッドの上で無様に慈悲を欲する捜査員が甘く悶え苦しむ様子を観察するのみだ。腕を縛る縄を解かず、左右の足を窮屈に折り畳ませている縄を緩めず、尻穴の奥深くまでバイブが突き刺さった状況を保っている縄に触れることすらせずに、私は哀願の悲痛さを引き上げながら全身の痙攣を激しくさせ縄の音と切羽詰まった鳴き声で極上のハーモニーを奏でる捜査員の滑稽な姿を堪能し続けるだけだ。

「あぁっ、だ、じゅげでぇぇっ!! まりゃ、イぎゅぅぅぅっ!! もっ、イけにゃいのにぃ!! イぐっ、ひぎゅっ! ひぎゅぅぅぅっ!!」

耳に心地良い絶叫を地下室中に響かせ、縛められた逞しい裸体をみっともなく踊り狂わせて縄を鳴らし、絶望と恐怖に歪んだ眼差しを私に向けながらもう何十回目かも分からないであろう絶頂へと上り詰めていく捜査員。救いは無い、希望も手に入らない。その事実を改めて思い知り分かりやすく打ちひしがれながら快楽の極みへと追い立てられる愉快な捜査員は私に見下ろされながら、一際甲高い悲鳴を発して絶頂に達した。

「んひっ、んぉぉぉぉぉーっ!! あんっ、は、ひぁぁぁぁぁーっ!!」

ベッドの上で膝立ちになった裸体が、縄の音を立てつつ痛々しく跳ねる。もはや何も吐き出せない男根が虚しく脈打ち、絶頂に至っている腸内が追い打ちの首振りを行っているバイブを蠢く腸壁で熱烈に締め上げひょこひょこと上下に動かせる。苦しげに目を剥き、喉が破れんばかりの声で鳴き喚きながら、捜査員が否定しきれぬ甘い至福に表情を蕩けさせる。
その淫蕩な痴態は長く続き、捜査員は淫らな幸福に染まった顔のまま全身を小刻みに震わせ続け、やがて一分ほど経過した頃捜査員は糸が切れたように脱力しベッドにぐったりと倒れ込んだ。

「あ、ひっ……んひっ、ほ、おぉぉ……っ!」

自身の汗と体液を吸ったシーツに顔を埋め、暴れ続けているバイブと共に尻を高く掲げた体勢で捜査員は身をよじらせている。
呼吸の苦しさも考えられず、恥部を無防備にさらけ出す格好となっていることにも気が回らぬまま、放心した捜査員は尚も体内を蹂躙するバイブに為す術無く喘ぎ鳴かされている。
そんな捜査員を見下ろしながら、私は胸に欲望を湧き上がらせた。すでに限界を超えて甘く憔悴した捜査員を更に嬲り、今日ここで私への服従を決定的な物へと引き上げさせたい。二度と私に反抗を示さない従順な肉奴隷へとなるよう、このまま心と身体を淫らに崩壊させ陥落させたい。
その思いのままに、私は情けない姿で身を震わせている捜査員の隣に移動するとベッドの上であぐらをかきながら、左手で捜査員の首根っこを抑え、右手で腸液に濡れたバイブをしっかりと握りしめた。

「んぉっ、ほっ、ひぃっ!?」

突然の刺激に、大きな身悶えを禁じる頭部への抑え付けと感度が高まりきった腸壁を襲う不意打ちの甘い刺激に、捜査員がシーツ越しに悲鳴を漏らす。その悲鳴に対して私は返事を行うように言葉を放ち、捜査員にもう一段上の快楽地獄を宣言してやった。

「休んでる暇なんて無いよ、捜査員さん? 今日はまだまだ、たっぷりとよがり狂ってもらうからね。今日は理性と正気が無くなるまで苛めてあげる。快感に逆らえなくなったこの身体を、私専用の肉便器に屈服するまで嬲り続けてあげるからね」
「や、やめへ……だ、じゅげへ……ゆるひ、へ……!」

怯えに染まった制止を口にする捜査員を無視しながら、助けを願う思考を残した捜査員とのお別れにわずかな寂しさを募らせながら、私は右手に握ったバイブのスイッチを最大の駆動を始める位置へとスライドさせつつ、より残忍な首振りを開始したバイブを不規則に動かして腸壁を征服し、逞しい肉体に生き物が行う物とは到底思えない痙攣を行わせながら捜査員の全てを肛虐が生み出す甘い至福を用いて、欠片も残さず根こそぎ削り落としていくのだった。






↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村

B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓





















関連記事
スポンサーサイト
[PR]

コメント

管理者のみに表示