FC2ブログ

男は大小様々な尻穴絶頂で壊し尽くされる

2020.12.05.Sat.21:00
二の腕を胴体へと括り付ける縄と、背中で交差させられた手首を縛る縄を与えられた男の上半身は、腕の動きを大きく取り上げられてしまった。あぐらをかくような形で重ねさせられた左右の足首を縄に縛められ、その足首の縄に後から付け足された縄を自らの首へと結合された男の足は首と足を結ぶ縄よりも先には伸ばせないよう、暴れさせたくても暴れさせられないよう自由を奪い取られてしまった。
この手足では、抵抗らしい抵抗など行えない。逞しく鍛え上げられた筋肉質な裸体に力を込めてみても、頑丈な縄は軋む音を立てるのみで全く緩まず、男はどうやっても手足の拘束から抜け出せない。
逆らうことを禁じられ、自力で危機を脱することも叶わない以上、哀れな男はもはや全裸に剥いた自分に縄の拘束を施し、柔らかなクッションの上に仰向けで寝かせた憎い男の思い通りに扱われるしか無い。無防備にさらけ出された恥部に、自分ですら直接触れたことなどほとんど無い尻穴に淫らな辱めを加えられても、拒絶の手段を没収された男はされるがままに指で丹念に解された尻穴をいたぶられ腸内を蹂躙される以外に取れる選択肢などありはしなくて、男は自分を捕らえ身動きを封じた男の手で為す術無く望まぬ悦楽を覚えさせられながら、体内を掻き回される雌の快楽で絶頂に次ぐ絶頂へと無様に上り詰めさせられていた。

「あっあ、あぁ、っあぁ! もぉ、ひゃめ……やめっ、んあぁ! イぐの、やらっ、やめれぇぇぇっ!!」

自分に抗いを禁じ、好き勝手に悦楽で翻弄してくる男への怒りはまだきちんと胸に残っている。だが、今の男にその怒りを表わす気力と余裕は無い。表面に醜悪なイボを幾つも生やした極太の張型で尻穴を埋め尽くされ、その張型を容赦無く動かす男の右手によって腸壁に苛烈な快楽をもたらされ続けている男は自分を弄ぶ男を愉しませるだけと分かりきっている無意味な怒りの言葉を放つことも出来なくなり、終わりの見えない絶頂地獄の終了を欲する舌足らずな哀願を屈辱と恥辱に打ち震えつつも紡がざるを得ない限界を超えた状況へと追いやられてしまっていた。
だが、残酷な男は腸壁を嬲り倒す張型を握った右手の動きをとめてはくれない。誇りをかなぐり捨てた淫らな苦悶からの解放をねだる言葉を悔しさを募らせながら紡いでいる惨めな男を目と耳で堪能している無慈悲な男は、縄を鳴らして痙攣する男の足を左腕で抑えつつ右手の動きをとめるどころか逆に速めて尻穴を張型でめちゃくちゃに引っ掻き回し、逆らえない男に新たな絶頂を要求してくる。
無論、その強まった責めから逃れる術など男には無い。プライドを砕いてまで発した懇願を一蹴され、すでに嫌というほどに絶頂を強要された尻穴をまた絶頂に近付けさせられていく男はもう、残忍な男の意思に沿ってイくだけの存在に貶められるしか無い。手も足も出せず、みっともなく泣きじゃくりながら叫ぶ許しを請う言葉を聞き流される男は、縄を打たれクッションに寝転がされた裸体を滑稽によがり狂わせながら絶頂し続けることしか、出来ることなど残されてはいないのだ。

「あーっ! やっ、らぁぁぁっ! もぉ、イげないのぉぉっ!! しぇーえき、れない、がらぁぁっ! ゆりゅひへ、りゃめ、りゃめらめぇぇぇぇっ!!」

引き上げられた尻穴への淫獄で喉が破れんばかりに絶叫しながら慈悲をねだっても、醜悪に微笑む男は欠片も慈悲を与えてくれない。とっくの昔に吐き出す精液を失った男根が悲痛に脈打ち、虚しく先端の穴を開閉させながら不完全な絶頂に喘いでも、鬼畜な男はその愉快な空撃ちの様子を再度鑑賞するために右手を巧みに動かして張型で過敏な前立腺を狙い撃ち、男を断続的な絶頂の方向へと追い立てていく。

「あっ、はぎっ、ひぃぃぃ! イっ、イぐ、イぐぅ、イぎゅっ! やら、イぐぅ、ひぐぅぅ! イぐの、とまんにゃい、らめぇぇ! ゆりゅ、じで! やら! やら、いやらぁぁぁーっ!!」

すでに形のみの反抗すらも不可能となっていた心を途切れの無い絶頂で突き崩され、心臓の高鳴りがとまらず息苦しさが常に付きまとう淫猥な苦痛に苛まれていた肉体をより心臓が高鳴り息苦しさも加速し痙攣も抑えられない淫らな地獄へと叩き落とされた男は、自分を苦しめて愉しむ男を悦ばせる反応の数々を引きずり出されながらイかされ続け、これまで積み上げた自分を跡形も無く何十回何百回という大小様々な尻穴絶頂で壊し尽くされていくのだった。






↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村

B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓





















関連記事
スポンサーサイト
[PR]

コメント

管理者のみに表示