FC2ブログ

苦悶する男は訪れない終わりを虚しく待ち侘びる

2020.11.23.Mon.21:00
左右の手首に巻き付けられた黒革の枷の金具と、黒革の首輪の後部に位置する金具を南京錠で短く結合されてしまった男の手は頭部の後ろまで移動させられた状態から抜け出せず、動きを大きく制限されてしまっている。左右の足首と太ももに黒革のベルトを巻き付けられ、そのベルト同士の金具を手と同じように南京錠で繋がれてしまった男の足は窮屈に折り畳むことを強要され、伸ばしたくても伸ばせないよう自由を取り上げられてしまった。
だが、男に与えられた拘束はこれで終わりでは無い。男を捕らえ衣服と共に所持品を全て奪った男達は、すでに手も足も出せない無様な男の裸体に更なる拘束を施し、わずかに残されていた行動の選択肢を無慈悲に刈り取ってしまった。
箱型をした台の上に仰向けに寝かされ、その台の側面に位置する丸い金具へと手足の拘束を結び付けられた哀れな男はもはや、悪足掻き程度の効果しか持たない身悶えすらも行えない。上半身を起こすことも出来ないよう手首の枷と頭側の台の側面に取り付けられた金具を鎖と南京錠で結ばれ、左右の足を無理矢理に折り畳ませるベルトから伸ばされた鎖をそれぞれの側面にあてがわれた金具へと南京錠で繋がれ足を大きく開いたまま閉じることを禁じられた男はもう、言葉を取り上げるためにと装着された穴の開いた赤いギャグボールを毟り取ることも出来ず、無防備にさらけ出された恥部を守ることも叶わない。
言葉での反抗と肉体での反抗を不可能にされてしまった男は、自分を拉致した者達が何をしてきてもその全てに為す術無く弄ばれるしか無くて。厳重な拘束によって一切の抵抗を制された惨めな男は、嫌がる意思を無視され情けなく許しを請うくぐもった唸りを聞き流されながら、非道な男達が操る淫具が作り出す甘く苦しい悦びに翻弄され、我慢すらもままならない絶頂地獄へと追い立てられてしまっていた。

「んぅぅぅーっ! あぐっ、ぼ、おぉぉぉんっ!!」

誇りを捨てた哀願の叫びを放っても、無言で快楽を注ぐ男達は全く反応を示さない。涙に潤んだ瞳で救いを欲し、淫らな悦びを拒みたい一心で台に縫い付けられた裸体をよじらせてみても、残酷な男達は無意味な視線と愉快な悲鳴を堪能しつつ各々が手にした淫猥な機械で逃れようと悶える男の裸体を執拗に追いかけてくるのみで、状況は何も変えられない。
真っ赤に充血しきりぷっくりとはしたなく尖った左右の乳首を震わせる薄桃色のローターが、辛い。硬く勃起させられ、硬度を失う余裕すらも与えられずに断続的な射精へと至らされている男根を更なる射精へと導いてくるマッサージ器に似た形状の機械の責めが、苦しい。指で丹念に解された尻穴を奥深くまで満たしてめちゃくちゃに掻き回している男根を模した太く醜悪な淫具が繰り返す腸壁への甘い殴り付けが、尊厳と理性を突き崩す程に辛く苦しく、気持ち良い。
過敏な弱点への刺激だけでも無様に鳴き喚いてしまうくらいに強烈な快楽だというのに、男はそれに加えて脇の下や太ももの裏といった緩い弱点までもを淫具の振動で嬲られている。全身を手加減無しでいたぶられ、甘い悦びを感じさせられ続ける。そんな淫らな地獄に叩き堕とされた哀れな男は、じょじょに悦楽からの解放を諦め手足の拘束を解くことを求めるもがきを萎ませていき、とうとう淫蕩な絶叫を放ち汗と淫液に濡れた逆らえない裸体を台の上で痙攣させながら、この淫獄の終わりがやって来るのを待つだけの状態となった。

「ふっ、ふぅ、んぉ、あぉ、ほごぉぉぉんっ!」

とても生物が行う物とは思えない程に痛々しく裸体を痙攣させ、張り裂けそうなくらいに高鳴った己の心臓に走る痛みと息苦しさに喘ぎながら、男は大人しく弄ばれつつ淫具による快楽拷問が終わる時を待ち侘びている。
涙によって霞んだ視界の向こうで十数人の男達が順番に淫具を譲り合い、時に充電済みの新たな淫具を取り出しながら自分を責め立てている事実を認識出来ない程に疲弊させられた男は、自我が蕩け正気がすり潰されるまで終わりの来ない甘い地獄の終わりを、今までの自分が崩壊するまでイき狂わされつつ虚しくじっと待ち続けていた。






↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村

B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓





















関連記事
スポンサーサイト
[PR]

コメント

管理者のみに表示