FC2ブログ

青年は不自然な姿で淫らに彩られる

2020.11.09.Mon.21:00
緩み無く施された麻縄によって、青年の左右の手首は自らの太ももを抱える形で密着させられた状態から離れられないよう、動きを制限されてしまった。更に、頭部の後ろまで無理矢理に持ち上げさせられその位置で交差させられた左右の足首を十字に這わされた縄で厳重に縛り上げられ、左右のすねに巻き付けられた縄を首へと結び付けられた青年は手の自由に続いて足の自由まで奪い取られ、下手に身をもがかせれば首に容赦の無い圧迫が訪れてしまう状況を作り出されてしまった。
普通の者であれば、じっとしていても肉体が軋み続ける苦痛に満ちた体勢だろう。肉体が硬く強ばった者であれば、自由を没収された屈辱を味わう暇も無く首への圧迫に追い詰められ、絶え間無い息苦しさに苛まれる残酷な状態だろう。
だが、青年は不幸なことに苦痛も絶え間無い息苦しさも味わえない。スパイとしてしなやかに鍛え上げられた柔らかな肉体を有する青年は、他の者が苦痛と息苦しさに悶えることで精一杯となる無慈悲で不自然な縄拘束も余裕を持って耐えられてしまう。
故に、青年は自分を罠に嵌めて捕らえ取り上げた装備の代わりに縄の拘束を与えた非道な男達にその余裕を指摘されながら、すでに手も足も出せず逃走も抵抗も叶わない無様な裸体に追い打ちの拘束と辱めを加えられてしまった。青年スパイは機密情報を盗み出そうとした仕置きと称して足首を縛る縄に後から繋がれた縄を地下室の壁に打ち付けられたフックへと結び付けられ、床に付いた尻肉と壁により掛からせた背中で支える形となった裸体に無感情な機械を用いた休み無い淫らな責め苦をあてがわれ、満足に身悶えることも許されぬままどうすることも出来ずによがり狂わされる甘く残忍な地獄へと追いやられてしまったのだ。

「あぁっ、はっ、ひぃぃんっ! あひっ、はぁ、んはぁぁんっ!!」

引き結ぶことも不可能となった口から唾液を垂らし、淫猥な悲鳴を上げながらじたばたと裸体をくねらせても、青年スパイの肉体を縛める縄達は解ける気配すら見せない。太ももに括り付けられた手をめちゃくちゃに暴れさせ首への締め付けが生まれることを承知で足に力を込めて身をよじらせても、哀れな青年スパイはすぐ近くに見えている己の男根と尻穴をいたぶる機械に触れられず、振り落とせず、どうやっても快楽から逃れられない事実に心を刻まれながらまた新たな絶頂へと追い立てられてしまう。

「ふぁっ、んあぁぁぁーっ! も、やらっ……だれがっ、だじゅげで……もぉやっ、いやらぁぁぁぁぁっ!!」

大粒の涙を零しながら喉が破れんばかりに鳴き叫んでも、捕らわれた青年スパイを救い出してくれる者は一向に現れない。
敵の施設の地下に監禁され、縄の衣服と淫らな機械による絶頂地獄を加えられた青年が幾ら誇りを捨てた哀願を叫んでも助けは来ない。やって来るのは、青年スパイを捕獲し仕置きと言って残酷にイき狂わせている男達だけ。無様極まりない痴態と悶絶を目と耳で堪能しながら自身の男根を取り出して愉しみ、青年の屈辱と苦悶を加速させつつ無様さを今以上に引き上げさせる鬼畜な男達だけだ。

「あっ、うあぁっ! たしゅ、けへぇっ! もうやっ、やらぁぁぁっ!! なんれも、言うから。なんれも、しまひゅがらぁぁぁっ!! せーえき、出させないれぇっ! おにぇがい、ゆりゅじでぇぇぇっ!!」

誰の目にも明らかな屈服の態度を晒し、黒いベルト型のローター二本を巻き付けられた男根と極太のアナルバイブを手首と太ももを縛る縄で固定された尻穴を恥を捨てた腰振りを行って自己主張しながら、青年が心から許しを請う。
けれど、男達は悲痛に懇願を繰り返す青年スパイを見ても許しは決して与えない。むしろ一生懸命に救いをねだる惨めな様子に興奮を募らせながら己の張り詰めた男根を握り込んだ利き手を前後に動かし、何処にも逃げられず機械達が流し込む悦楽も拒めず舌を噛み切る力を失い死を持って地獄から抜け出すことも出来なくなった情けない青年スパイが断続的に絶頂に至る最高の光景を糧としながらの自慰に耽り、地下室の壁際に飾られた汗と唾液と淫液に塗れた哀れで滑稽な裸体を自身が放出した白濁で、より愉快な見た目となるよう淫らに彩っていくのだった。






↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村

B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓





















関連記事
スポンサーサイト
[PR]

コメント

管理者のみに表示